シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これはエエよぉ」なのですが
この商品に限っては、
必要な人には抜群にありがたくて
必要でない(「私は毎日まめに注油するよ」と言うような)人もいるかもしれない・・・的な商品です

jhjhj 036
こんな商品で
jhjhj 063
ここに書いているような効果があります
案外安いと思います
20071118141804_20080129185231.jpg
ここで実演しているように、油にも溶けず、水にも乳化しない性質を持った
不思議なグリスです

使い方はやや面倒で
jhjhj 001
↑のように、
オイル(もちろんタクリーノロードチェーンオイルが推奨品ですヨ)塗布後に
毛先の細いブラシでていねいに塗りこんでやる必要があります、

もちろん自転車にチェーンが付いた状態でもできますが
ちゃんと4面に塗りこむことが求められます
この作業のあと
ウエスでかなり丹念にふき取り作業をします

テスト結果なのですが・・・
12月半ばに新品のデュラエースチェーンに塗布して
現在までに20日間実走で使用、1800kmくらいの走行なのですが
年末、正月にかなり雨天でも走行しているのに
確かに、チェーンの滑らかさは想像以上、
新品時とほぼ変わりません
効果は十分に感じられますねぇ

うれしいのは
チェーンが汚れないことです
いつも真っ黒になるチェーンが素手で触っても
手がわずかに黒くなるくらいにきれいさが維持できています
(山店長の自転車じゃないみたーい・・・・って言われてしまいました)

このままあと3ヶ月は放置して置けるナァと思っています(喜)

問題なのは
再注油時の面倒さのような気がします
内部のオイルはかなり完全に保護されているということですが
車のエンジンオイルと同じように劣化時には交換が必要なのですが

容易には落ちてくれません
塗ったときと同じ手順でクリーナー+ブラシ
もしくはクリーナー+高圧エアーによる剥離が必要で、
剥離後注油、再塗布の手順が要るようです

確かに面倒ですが、
通常使用では数ヶ月は不要だろう・・・ということですし

昨今のシマノの10sチェーンの短寿命を考えると
この作業はチェーンの寿命の間に1回だけでいいようにすら思えます

それよりも
雨天などの悪条件での耐久レースなど
長時間の連続使用には
実に力強い味方だと思います

また、
チェーンの寿命を長くしてくれる働きも大いに期待できそうですネ

この「これはエエよ」で再三紹介している
東京サンエスのディズナJフィットハンドルのカーボン版が
サイクリングタイムで詳しく紹介されています
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=7181
見てください

私の理想を形にしてくれています
これは「絶対」エエよぉ


ついで・・・・で申し訳ないのですが・・・
同じサイクリングタイムの記事でこれも興味深かったですね
http://dx.cyclingtime.com/series/bikeshow2008/01/
トップの選手達が
今年発売された18台の自転車に
好みで点数をつけている
(あくまで「好み度」です)

減点が少く、満点獲得が多かったのが
タイム、オルカ、プリンスの順
マドンはもっと伸びると思うのですがネ・・・
私としては、
TTが得意でスプリント力もある飯島誠選手推奨のバイクになんとなく惹かれます
(文責/てnち)
20070317135542.jpg
「EC90 SLXは、地球上で最も軽く、強く、固いロードバーです」とみずからのカタログで謳っています。
最も軽いとはさすがに言えないですが、
カーボンナノチューブ=CNTテクノロジーによる
はじめてのロードバーで非常に高い剛性を持っています
20070317135602.jpg
シマノ、カンパニョーロそれぞれのブレーキレバーに合わせたベンド設計のモデルが用意されています
同社の従来品にに比べてかなりショートリーチになっていますが
ま、適度なショートリーチといったところでしょうか
20070317135631.jpg
CNTテクノロジーは下のホームページをご覧ください
「40CMP」はカンパニョロ対応の40サイズの表記です
20070317135613.jpg
ハンドルの肩の部分をカットしたデザインでダンシング時に腕がハンドルに当たりにくくなっています

実売価格は価格は2万円台とこの手のハンドルとしてはお求め易くなっています
http://www.eastwood.co.jp/

(てnち山崎)
「もう一度見たい」というリクエストがありましたので、モデルを追加して、再掲載します
20060517140413.jpg
典型的な従来品 「ITMスーパー330」 リーチ大きいでしょ。レバーも届きにくいでしょ。比較用に掲載しました


20060517140548.jpg
「日東STI186」 STI用の中では最新型。ショートリーチだが、下部はレバーに指が届きにくい(届きやすくしたモデルもある)

20060517140617.jpg
「Deda-スーパーナチュラル」 いわばDedaのSTIハンドル。

JffHhhGlk.jpg

「3Tのビオモルフェ」 リーチ最短、指も届きやすい、ドロップの形状は私好みで、現在のスプリントはこれのおかげ!?

20060517140424.jpg
「FSAのウイングプロ」 ビオモルフェをアルミで造るとこうなるというほど酷似、380幅もある。注目のハンドル。ダンシングしやすそう。林が近々レポートします。

20060517140522.jpg
「3Tのエヴァ」 指は届きやすいし、リーチもかなり近い。幅も狭いのから揃っている。女性に好適

20060517142935.jpg
「新商品モドロのビーナス」 レバークリアランスは最短、リーチほ一番短いとは言いがたい、狭い幅もある。女性に好適、喜ばれていますよ。

SN253085.jpg
日本ブランドの 「ディズナ J-FIT」 これも360mmからある。
ショートリーチ&クリアランス、軽量、安価だ。
形状的にはまさに日本人に理想的といえますね
20060717135004.jpg

[スペック]
リーチ:78mm
ドロップ:125mm
クランプ径:31.8mm
幅:380mm・400mm・420mm(C-C)
重量:約250g
[インプレッション]
このハンドルを使おうと思ったきっかけはハンドル幅に380mmがあったからです。
昨今のカクカクしたアナトミックバーとは違い全体的に滑らかな形状で握り易く出来てます。
下ハンは奥のほうも持ちやすく
ブレーキレバーは写真のようにシマノもカンパニョーロも指が届きやすい設計になっています。
ダンシングしてもハンドルの肩が腕に当たりにくいのが特にいいですね。
20060717134648.jpg


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。