シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第22回赤穂トライアスロン大会レポートの続きです!!
そして今回はこれからトライアスロンを始める方のためにトラアスロンの流れを説明していきます。
IMG_8177_org3.jpg
前回紹介したトランジションエリア(着替え場)です。ここでスイム・バイク・ランの準備をします。
会場に早めに入って、キチンと準備するといいでしょう。そして受付をすましてアップをします。
97182325_org.jpg 97182708_org.jpg 97182584_org11.jpg
次にウェットに着替え、シャワーを浴び,入水しスタートを待ちます。
赤穂はカキが繁殖しているため足の裏を切らないように注意して下さい。
IMG_8187_org.jpg IMG_8198_org.jpg
赤穂では入水直前に入水チェックをしスイムキャップを貰いました。
こんな感じで皆で浮かんでいます。今回は前述の通り、台風のために遅刻寸前あたふたしながらの入水です。
アップすらなしで5分前に入水し本当に焦りました・・・(笑)そしてスタートのブザーが鳴らされます!!
IMG_8217_org.jpg IMG_8260_org.jpg
こんな感じでいっせいに団子状態でスタートします。みんな浮かびながらお互いのタイムを聞いています。
そしてだいたいどの辺のスタートがいいのかを探ります。上位狙いはもちろん前に陣取ります。
速い組みと遅い組みは、この並ぶ順番でもなんとなく決まってしまいます。遅い人は基本的に後方からスタートです。
スタート時の位置取りも重要な戦略といえるでしょう。
スイムが遅いのにあまり前に行ってしまうと、速い人に殴られたり、上にのられたりします。これがバトルです。

今回はスタートの際、1500メートルをプールで18分台で泳ぐと話している選手がいました。
その為、この選手は放置・アップもなしについていったら完全にアウトです。マイペースが重要です。
そのため私は第2集団でスタート。今回はアップもなしなのでひたすらドラフティング(笑)
そうなんです、スイムはエイジ(年齢別)でもドラフティングが認められているのです。
IMG_8279_org.jpg IMG_8271_org.jpg
ロードレースばりにドラフティングを繰り返し(笑)今回はいつもより疲れることなくスイムを終了。足攣りもなし。
そして、スイムアップをします。そして急いでトランジションエリアに向かいます。
IMG_8318_org.jpg IMG_8327_org.jpg
ここでこのようにウェットを脱いで、ヘルメットサングラスを着用し、レースナンバーベルトつけて、
バイクをラックからおろし、バイクのスタート地点まで、バイクを押していきます
IMG_8328_org.jpg IMG_8333_org.jpg
そしてスタート地点をこえてからバイクに飛び乗ります!!
ここでのテクニックは第4のレースとも呼ばれています。ここが素早いとタイムを稼ぐ事が出来ます。
今回はトランジションが上手くいきました!!トランジションで5人ほど抜くことが出来ました。

エイジの場合バイクのドラフティングは禁止です。
エリートのレースやインカレはドラフティングが認められています。この有無で競技の質は全く変わってしまいます。
IMG_8432_org.jpg IMG_8409_org (1)
そしてバイクパートがスタート!!すれ違うたびチームの皆のフォームが綺麗で嬉しかったです。
私は初心者レベルのスイムでヘロヘロ→バイクで回復→ラン膝を守りながら丁寧にゴールを目指します。
3種目あるのでそれぞれ得意分野がありそれを活かすレースづくりをする必要があります。
全てが得意だといいのですが・・・。シルトラはバイクパートが得意な選手が多いですね。

そしてバイクパートでは補給を効率的に行うチャンスです。私も乗ってすぐに水分補給エナジージェルを補給します。
そしてゴール手前でもしっかりとジェルを摂ります。ボトルの中には1つは・1つはCCDを入れています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-880.html←グリコのサプリメントについてです。
IMG_8339_org.jpg
チームのみんなが僕よりもはるかにカッコイイ・・・(笑)私はバイクとランは完全に膝痛との戦い・・。
今回も2周目で膝痛が出現・・・とにかく膝がトップチューブに入らないように意識。綺麗なペダリングを心がけます。
バイクのは常に頭が冷静。スイムで1500mmが18分といっていた
20代の少年を目標にひたすら冷静にペダルを漕いでいきます。このコースは半周回ってUターンするコースです。

そのため目標を決めやすいです。そして1周目の四分の1のところで反対側に
青いトライスーツを着た少年を見つけました。かなり距離が開いています。彼は間違いなく上位です。
IMG_8397_org.jpg IMG_8417_org.jpg
バイクでチームメイトにすれ違うたびに声をかけます。皆いい顔をしています。
他のチームの人と比べると空気抵抗の少ない頭一つ低いポジョションをとれているのですぐに分かります。
IMG_8369_org.jpg
このコースを8周します。そして7周目の途中でこの少年をロックオン。『頑張れ!!』と声をかけこの少年をパス。
周回コースなので順位は全く分かりません・・・。だからとにかく前へ!!
IMG_8412_org.jpg IMG_8443_org.jpg
そして8周目をフィニッシュ・・・。トランジションエリアに向かいランの準備をします。
靴下をきちんと履く人と、裸足で走る人がいます。私は前回から完全に裸足。トランジションが素早く出来るからです。
もちろんシューレースはゴム今回は2XUです。さっとランニングシューズに履き替えランの準備をします。

レースナンバーベルトですがバイクが後ろ・ランの時は前につけることが多いです。
今回はトランジションエリアに誰もいません。「あれバイクで全員ぬいた?」
とにかく後ろと前をみます?私は極度の方向音痴です。
誰もいないので道がわからずかなり不安でしたが、コースの看板を頼りに走ります。

ツールド沖縄でも道に迷い優勝を逃す前例があります。
そのためかなり不安になりましたがとにかくランがスタート!!膝が痛いため少しでも前にいきたいところです。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-820.html←ツールド沖縄の記事です。
IMG_8523_org.jpg IMG_8449_org.jpg IMG_8437_org.jpg
こんな感じでどんどん選手達はランパートに突入していきます。
公園を一周するとやっと後ろの2人が見えてきました。バイクで3分~5分は放したみたいです。

トライアスロンは普段のランとは違いバイクパートで腸腰筋を使っているので凄く走りにくいです。
そのためトライアスロンのランでは重心移動をより丁寧に行う必要があります。
まるで飛脚アメンボのような擦り足に近い走法です。ちなみに私は怪我のため3軸を意識しています。
とにかくランは足が攣らないように10kmを走り抜けるだけですけどね(笑)


トランジション準備→スイム→トランジション→バイク→トランジション→スイム→トランジション→バイク
そしてゴール!!一連の流れはこんな感じです!!

~ランパート&ゴールは後日~


トライアスロンに興味のある方はHPだけでなく掲示板も見て下さいね!!
banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
そしてシルベストサイクルではイベント・講習会も盛りだくさんです。
アルフェラッツ(イベントや講習会)に興味のある方はこちらをご覧ください。
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/947-61a32600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。