シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(巻末に おいしい追記 を載せました 7/15 15:30)

bnhgtr 028
てnち山崎です

7/12から2泊の日程で 
長野県の富士見高原で

スペシャライズドの2012年モデルの試乗会がありました

1日に7時間も乗り続ける、各モデルごとに1.5時間のツーリングがある(驚き)という
徹底した乗り込みができる 販売店向けの試乗会です

そんな濃い試乗会であまり大勢が同時に走れないので
全国のスペシャライズド販売店の中から選んでいただいての今回の参加となりました

(ちなみに、シルベストサイクル梅田店は、お客様、皆様のおかげで、全国で一位の店として
夜のミーティングの席で表彰してもらうことができました。MTB等を扱わないロードだけの店が1位になれました)
無題

bnhgtr 018
会場には、MTB(29インチのみ―驚)とロード
いずれもハイエンドモデルだけを4.50台もそろえてありました。圧巻です

ロードバイクの試乗車では

すでに紹介されている
「ヴェンジ・S―ワークス」に加えて
「ヴェンジ・プロ」
そして
これは継続の「ルーベ・S-ワークス」

そして

今回世界同時解禁となった SL-4

「ターマック・S-ワークス・SL-4
と、女性用の 「アミラ・S-ワークス・SL-4」 







早速インプレを書いておきますね

まずは
「ターマック・S-ワークス・ SL-4

bnhgtr 027
私は、
今、世の中にある世界中の知る限りのブランドのロードバイクの中で
最もきびきびとよく進み、ハンドリングも、乗り心地も含めた総合得点で

他をかなり引き離して1番に君臨しているのは
「ターマック・S-ワークス・SL-」だと思っているのですが

もうこれ以上無いだろうと思っていたその上を行くSL-4が出ましたねぇ

カーボン素材のグレードはSL―3と同じです
(ヘッドの下ベアリングは1サイズ小さいものになっている)

走行性能そのものは
確かに軽快感などのバランスが向上していていたものの
SL―3が良すぎただけに大きな違いは感じれなかったのですが...

大きな違いもあります
電動(アルテグラDI2ケーブルサイズです)に対応する内臓処理ができているのです
bnhgtr 014


シートピラーも改良され確実に微調整ができて、カーボンレールも掴めるものに変更になっていました
(人気のローミンサドルにカーボンベースが出るようですね)
bnhgtr 015

こんな、ピンクカラーもラインナップされていました
bnhgtr 019


続いてのインプレは 「ヴェンジ」
S―ワークスとプロを乗り比べることができました
S―ワークスのほうは以前に少し乗っていたのですが
改めて「速さ」が実感できるバイクですね
bnhgtr 031 bnhgtr 012

ここ↓に他社とのBB部の横剛性比較や 走行時の必要ワット数をSL-3と比較したグラフがあるのですが
(今回の試乗会にはお勉強の時間もあり、そのときの映写媒体を撮りました)
bnhgtr 003 bnhgtr 006
その通り、エアロ形状バイクなのに、軽量で坂も軽々と登ってくれ、下りの加速感も別物でした
bnhgtr 004 bnhgtr 005
横風のときに特に効果が現れる形状だとの事でした

意外に良かったのが「プロ」の方
「S―ワークス」よりカーボンのグレードは1ランク落ちるのですが
それでもかつてのSL―2と同じグレードで、
軽くてキビキビ感もほとんど上位に遜色ありません。
乗り心地となるとむしろこちらに好感を待たれる方が多いのではないでしょうか
白いカラーリングも綺麗でした
坂は、もう少し軽いホイールででも試したいですね
bnhgtr 008
それを言うなら、↑さらに下の「コンプ」グレードも同じフレームなので期待したいですね
色も良かったですよ


bnhgtr 023
女性モデルはサイズのせいでしっかりは乗れなかったのですが
カラーリングも美しくなっています

写真を撮り忘れたのですが、
「ルーべ」(一番手前のバイクです)の衝撃吸収性には改めて感激しました
bnhgtr 030
やっぱり、明らかに他社のコンフォーとも出るとは一線を画していますね
3時間程度以上に練習時間が長くなるときには絶対これですね
(ハンドルがあまり下げれないので私には選べないのですが―涙)


(おいしい追記)
本文中にも書いたように現行のターマックSL―3は、
2012のSL―4が出てもなを、依然世界最高のフレームだと確信しているのですが

やはり、新しいものが出たらそちらが・・・
・・・と言うお客様のお気持ちもよく理解できますので

店内在庫のSL―3に限り、かなり、いや、すばらしく思い切った ご奉仕価格を出します

「とにかく高性能で速いフレームが欲しい」という方には、
またとないチャンスだと思います

価格、色、サイズなどは
各店のスタッフにお尋ね下さい





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/932-7be5dd7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。