シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
index_11osaka2.jpg  047_20110711102520.jpg
大阪国際トライアスロン舞洲大会にチーム員たちとい一緒に参加してきました。
なんとシルトラは総勢22名が出場。応援も含めると30名以上が会場に集結!!
レース中もシルトラジャージと常にすれ違い、「頑張れ!!」と声をかけあい幸せな時間を過ごせました。
c0188525_10284428.jpg 画像 3183
去年、怪我のリハビリのために2月頃から本格的にスイムの練習をはじめ、舞洲大会でデビューしました。
その頃は2人で参加、知り合いも2人・・・。なにもわからず不安だらけの初レースでした。
そしてその後、赤穂のトライアスロンに参戦、そこから半年間はスイムのこともすっかり忘れていました。(笑)
29f1.jpg
しかし去年2つのレースに参加したことで、トライアスロンは素晴らしいスポーツだと実感し、
バイクに強い、トライアスロンチームをシルベストでつくるという思いを強くしていました。
そこでトライアスロンについて調べ、トライアスロンショップを訪問し、多くのトライアスリートに話を聞き
トライアスロン博覧会などにも出席し、藤原さんや宮塚さんにアドバイスを貰い、彦井さんの話に感動し
西内プロや長田さんなどとも相談をして、今年の1月シルベストのトライアスロンのチームをつくりました。
結成わずか5カ月で、お店には連日トライアスリートで溢れるようになりました。
チーム員も続々と集まり、地元大阪で行われる舞洲国際への参加、ほんとうの意味でのシルトラデビュー戦です。
c0188525_1092010_20110711101117.jpg c0188525_1451739.jpg
スタート前の皆の嬉しいそうな顔や、緊張した顔をみてると嬉しくてたまりませんでした。
スタート前、いろいろなアクシデントもありましたが、笑ってクリアすることができました。
画像 3227 画像 3225
今回はシルベストでブースも出展しました。てnちときりちゃん、ダイナソアのスタッフもサポートしてくれ、
こちらも大盛況でした、特にスタート前とスタート後のスポーツバルムは大好評でした。
チーム員だけでなく、ほかのチーム員で練習会に参加してくれた人たちもバルムを初体験していました。
特に清涼感のあるイエロー4番やべーシックグリーン、擦れ防止ブルーシリーズが大好評でした。
c0188525_14103037.jpg c0188525_14323853.jpg
皆で楽しく受付を済まし、トランジションにバイクを置き、話をしている間にあっという間にスタートです。
今回はエイジとスプリントをあわせると400名以上が参加していました。
c0188525_1053552.jpg 画像 3260
スイムはフローティングスタートです。去年よりも波も穏やかで、なぜか水がきれいでした。
しかし突然の梅雨明けで気温はもちろん30℃越えでした。
2d6b.jpg 4dc1618ba5217cfd312e7eb8336f831f[1]
もちろんスタート直前までチーム員たちと談笑。お店のお客さんとも話がはずみます。
そしてふと気づけば、突然のスタート!!あっという間にバトルに・・・。これもなぜか前回より滑らかでした。
それにしても今回のスタートは突然でした(笑)早速、苦手のスイムに突入しました。
c0188525_1521275.jpg c0188525_1531794.jpg
今回は膝のことがあるために、キックはほとんどせずにマイペースを守る。
そのためタイムは悪かったですが、最後まで十分余力を残すことができました。スイム後初めて足攣りなし。
しかも今回のスイムはほぼ一人旅、あまり疲れずに笑顔でトランジションへ!「シルトラ続々と来てるよ!!」
「みぞさん頑張れ!!」など、皆の応援があまりに嬉しくて思わず笑顔がこみ上げてきます。
実際にシルトラはHQ林さんを筆頭にどんどんスイムアップしてきました。
23.jpg 画像 3255
スプリントに出場したチームメイトも無事スイムを終了。笑顔でトランジションエリアに向かいます。
画像 3264 c0188525_14202947.jpg
エリートのトランジションエリアとエイジのトランジションエリアです!!エリートのトランジションエリアは綺麗です。
c0188525_14541828.jpg 4475.jpg
トランジションエリアでマルイさんを発見、トライアスロンシューズのおかげでトランジションがはやい!!。
ぶっつけ本番の飛び乗りもなぜからくらくとクリア!!自分で驚く。そしてバイクパートに突入。
トランジションエリアでは自分のバイクを探すのに必死になりますね、特に方向音痴には厳しい(笑)
88413099_v1310376942.jpg 88412839_v1310376942.jpg
バイクパートではシルトラメンバーとどんどんすれ違う、沿道や橋の下では皆が大声で応援してくれる。
そしてその度に大声で挨拶、どんどん声がかれていく(笑)それでもとにかく嬉しい、そして楽しい。
そしてみんなのバイクのフォームが綺麗!!そのことも最高に嬉しい!!
私は膝のことがあるのでとにかくケイデンスを上げ、超前乗りで股関節メインのペダリング。
29a3.jpg c697.jpg
舞州はアップダウンが多いコース、バイクはタイムが出ない、そのうえ今年も暑い。さすがにチームの皆も苦戦している。
4周目に機材トラブルが発生、DHバーをまともにつかめなくなる(笑)
しかし皆が真剣に走っている。その姿に感動する。「頑張れ!!」何事もないようにひたすら声をかける。
沿道からたくさんの声援が聞こえてくる。感動&感謝!!何度も奇声を発し、手を振る。テンションが上がる。
db4e.jpg 9a64.jpg
お決まりの道間違えをしてしまい思わず笑ってしまう(笑)そしてあっという間にバイクが終了。
バイクパートでは40人ほど抜いて総合18位になっていたようだ。(スイムが遅すぎるため・・・)
しかしバイクを降りた途端一気に不安でいっぱいになる。いよいよ問題のランに突入・・・
c0181887_12422418.jpg d788.jpg
バイクはなんとか1時間くらいなら、痛みが少ないペダリングの方法を編み出しているのだが
ランは難しい、天草から数回練習でランをするが、やはり5kmくらいから痛みが激しくなる。
病院と整骨院で調整・指導してもらうがなかなかよくならない・・・。そんなままレース当日に・・・。
=_EUC-JP_B_NmEwYy5qcGc=_=.jpg 88417710_v1310375308.jpg
天草で1km4分で走り、かなりレース後に膝の状態が悪化したので、今回は1km5分程度で走る事に決めていた。
ランはとにかく丁寧にはしる、ここでも多くのチームメイトと挨拶をする。無理をしてはいけない。
とにかくまっすぐに腕を振ることと着地することを心がけているために余裕がない・・・笑顔もひきつる。
edea.jpg e873.jpg
「最後まで走れますように」「みんなと笑ってゴールできますように」「美味しいお酒が飲めますように」
そんなことを思い、軽く目を閉じひたすら丁寧に走り続ける。でも声をかけられると反応してしまう(笑)
2周目残り3km位でHQ林さんが軽快に走っていく「ついてこい!!」といわれるが・・・当然無理。
「無理です、頑張って下さい!!」と答える、ベテラン選手のカッコイイ後姿に惚れ惚れとする。
ab57.jpg 88414095_v1310373537.jpg
沿道ではアルフェラッツメンバーの姿が何度も目に入る。嬉しい。「膝が痛いよー」と思わず弱気な発言(泣)
お店に来てくれているお客さん。他の自転車チームの方も応援してくれている。
2周目の海沿いでは完走を確信できず不安でいっぱいでしたが、スタート地点の噴水が公園から見えた時点で
やっと完走を確信、そこからペースをあげる事が出来た。 みんなも最高にいい顔しています!!
88416147_v1310374543.jpg f3ea_20110711231911.jpg
そして感動のゴールシーン!!!私もゴール前だけ全力で走る(笑)そして両手を挙げて全力で笑う(笑)
とにかく完走できた事が何より嬉しかった。あとはチームメートの完走を祈るのみ。
画像 3194 画像 3199
皆をゴール直前で応援、チームメイトが続々とゴールしてくる。その姿は感動的。ラストファイト!!
チームメートでなくてもゴールシーンはやたらと嬉しく、思わず「ナイスラン」と声をかけてしまう。
88415868_v1310374398.jpg 88415936_v1310374431.jpg
シルトラでは痛みや・怪我・病気を抱えてたり・克服したりして、レースに出ているチームメイトが多かったです
私は店頭で話をきいたり相談をうけてそのことを知っていたのでなおさら嬉しくて感動しました。
私も3年以上、スポーツ障害と闘っているので他人ごととは思えません。BGを始めた理由もここにあります。
おもうように練習も出来ない悔しさや歯がゆさは痛いほど理解することができます。
「納得のいく練習をしてスタートラインに立ちたい」「なぜいつも自分だけがこんなことに・・」
怪我や病気を抱えている人で普通の人みんなが思うであろう心境ですね。
そんな中でも失ったものを嘆かずに、諦めずに今現在の状態でできることをしっかりとしてスタートラインに立つ
そのことこそが大切だと思うことができました。「道険笑歩」
画像 3191 画像 3201
だからこそ皆のゴールシーンでとにかく目頭が熱くなっってしまいました。そしてこんな言葉達が頭をよぎりました。
「スタートラインに立つまでの過程こそ大切!!」「完走したもの全てが勝者!!」
「いや完走しなくてもスタートラインに立てればその人は勝者だ!!」・・・
ゴールシーンではそれぞれのドラマが目に浮かぶようでした。
88415610_v1310374263.jpg
そしてみんなのゴール後の笑顔をみてると「トライアスロンていいな」「チームっていいな」と心から思えました。
この少年のような笑顔が全てを物語っている気がします。最高に素敵な笑顔です。間違いなく舞洲のベストショット!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/930-538613ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。