シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6434.jpg

トライアスロン用のBGシューズ(Trivent Expert Shoe)がかなりいい感じです。
トライベントはスペシャライズドのBGテクノロジーのすべてを搭載したトライアスロン専用シューズです
少し前から、これを通勤ライドなどにも使用していますが履き心地も通気性もよくかなりいい感じです。

画像 070  画像 078
2010年モデルと2011年モデルがあります。少し違いがありますがどちらもオススメです。
画像 074 画像 077
BGテクノロジーを搭載したシューズにインソールそれに通気性を加えています。


このトライベントの特徴をまとめると

0 もちろんこのトライアスロンシューズもBGテクノロージーを搭載しています。

1 フットベッドはメッシュ使用で、アウトソールにはベンチレーションホールを設けることで
  通気性と排水性を高めています。

2 シュータンをなくし、長くて大きなベルクロストラップを装備しているので、脱着が容易にできます。
  これはトランジッションでのタイムアップに貢献してくれることでしょう。

3 アッパーの素材はきわめて頑丈で耐久性に優れていると思われます。
  レースでも練習でもガッツリと使える感じです。

4 裸足で履いても擦れる感じが少なく快適です。
  このことでスイム後のバイクでの靴擦れの心配が軽減されます。
  
5 クロムメッキを施したカーボン製のアウトソールを使用しています。
  かっちりとした剛性感はもちろんですが、断熱材としても機能するそうです。
  そのため酷暑のライディングでも路面の熱を反射してくれます。
  これは日本の暑い夏のレース中でもその成果を存分に発揮してくれるでしょう。

6 踵の部分も磨り減った場合、簡単に交換が可能です。

7 シューズの内側に赤く大きなストラップループがあるため、輪ゴムを容易に取り付けることが可能です。
  
5 そして女性の足型にピッタリとフィットするアッパーの女性用設計モデルもラインナップしています。
  お揃いのトライアスロンシューズなんてのもオシャレでいいですね。
  
6 他社製品と比較すると価格が安い。カーボンソールを使ってこの価格は・・・。


といった感じです。トライアスロンシーズン真っ只中、
トランジションの効率アップのためにこのシューズを試してみてはいかがでしょうか?

o0480036011297226086.jpg o0480036011297226274 (1) 
~メーカーのホームページより抜粋~

最高の通気性と素早いトランジションを求めたプロライダーの要求に応えて誕生したシューズ。
あらゆる機能を備え、温度制御性も優れています。

• 特許取得のBGアウトソールフットベッドデザインにより、
 トップライダーのパフォーマンスが大幅に向上することが科学的に証明済み

• 人間工学に基づくBGフットベッド全体に、通気および排水用の穴を配置

FACTカーボン/グラスファイバー補強によるアウトソールは単一方向性の硬さを備え、
 卓越したパワー伝達能力を実現。硬度指数8.5

• クロムメッキを施したFACTカーボン製アウトソールが、
 断熱材として機能。酷暑のライディングでも路面の熱を反射

• 靴べら形のヒールプルと幅広のメインストラップにより、トランジション時の迅速なシューズ交換が可能

• 足弓部分に取り付けたストラップループで、
 シューズをペダルにセットしておくことで、素早いトランジションを実現

・内側に施した肌触りのよいライナーにより、ソックスを履かなく てもフィット性と快適性を提供

• 交換可能なヒールトレッドに、内部埋め込み型のボルトを採用

• 通気構造メッシュアッパーで最高の通気性を実現

• 重量は約280g(片足/42サイズの場合)


http://www.youtube.com/watch?v=v2NwsEWeOTw&feature=related←you tubeでもこのように
トランジションの手引き動画があります!!皆さん参考にしてみてくださいね。

店頭には2010年と2011年モデルがあります。
2010年と2011年モデルでは、アッパーの形状や縫製の違いからか、履き心地がかなり違います。
しかし基本的には同じラストとのことです。
Pho003_110626_uchinada_eeyo_98e.jpg Pho003_110626_uchinada_Nmae_33large.jpg
先日、内灘もこのシューズを履いてチームTTに参戦。最高に楽しかったですよ。
僕達の服装はまるで泳ぎに行ったようでしたが・・・(笑)次はみんなで大阪国際トライアスロン舞州です。
http://www.mspo.jp/pdf_files/2011/wm11youkou.pdf←トライアスロン舞州の案内です。
14_large.jpg 16_large_20110704123436.jpg
舞州大会ではシルベストブースも出しますよ!!皆さんお楽しみに。

トライアスロンに興味のある方はぜひ気軽にブースまたは応援に来てくださいね!!
そしてこのジャージを見かけたら気軽に声をかけてください。
みんなで楽しくトライアスロンに挑戦しましょう!!

banner_alpheratz_20110322211926.gif     banner_silbestriathlon.gif
→シルベスト トライアスロンの掲示板は、コチラ!!
アルフェラッツ(初心者のための掲示板)に興味のある方はこちらをご覧ください。
→講習会や練習会 アルフェラッツ掲示板は、コチラ!!

20110627_2055748.jpg ts129 (1)
舞州はこの橋を14回登ります。しかし日程がはやまったので、去年よりははるかに涼しそうですね。


追記!(寄稿 のむ豊中)

画像 203画像 202
トライアスロンのシューズは、トランジション時間の短縮のために
シューズのメインバックルを幅の広いベルクロバンドにしているモデルがほとんどです。

このバンドですが、足の内側に向かって締めるようになっているものが主流でした。
理由は上のDMTを見れば分かりますが 外側締めバンドの場合、
バンドを締めていない状態ではバンドがクランクに干渉するからです。

シューズを足に通したままの状態で(トランジット時にしばらくの間)走行するための工夫です。

画像 204画像 205
↑シマノのシューズも同様に内側方向に締めるベルクロバンドですね。

画像 206画像 207
↑で、本題のスペシャライズドですが、外側締めでありながらバンドを金具でかえしているので、
ベルクロを締めていなくてもクランクと干渉しません。よく出来てます。

画像 208
↑ちょっと斜めから撮ってみました。
これでベルクロを全開にしています。

画像 209
まだまだ新しい工夫があります。

画像 210
↑この「輪ゴムかけ」です。

トランジションに自転車をセットする際、バイクに飛び乗って速やかにシューズに足を通すために
シューズに輪ゴムをくくりつけて シューズの位置を水平付近に固定する、という方法があります。
(そのままひと漕ぎすれば、輪ゴムは外れるか切れます。バイクに悪さを働くようなことはありません)

シューズのかかとのストラップが付いていればそこに輪ゴムをかける事が多いようですが、
スペシャライズドのシューズの場合は内側に輪ゴムかけが設定されています。

※トライヴェント シューズの2010年モデルと2011年モデル、最大の違いは
かかとストラップの有無です。付いているのが2011年モデルです。
詳しくは本文の冒頭の写真をご覧下さい。

ということで使い方
画像 211
↑輪ゴムを通しますが、手だけではなかなか通りません。
ドライバーかペンチがあれば便利です。

画像 212
↑通しました。
クランクアームの位相を地面と水平付近になるようにセットしますが、
その際「右が前派」の方と「左が前派」の方に分かれます。
とりあえず「右が前」でセットしてみます。

画像 214
↑右はフロントメカに引っ掛けます。

画像 215
↑左はリヤクイックの頭に引っ掛けます。

画像 213
↑引っ掛け前
画像 216
↑引っ掛け後

左を前にする場合、右はリヤクイックの頭、左はシートチューブのボトルケージにかけるといいのですが、
シートチューブのボトルケージにボトルをさした場合 すんなり輪ゴムが抜けない形状のものが多いこと、
そもそもシートチューブにボトルケージ穴が付かない場合(エアロロードやTTフレームではよくあること)は
無理なこと、など問題があることが多いので 「右が前」をオススメします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/926-01cab31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2011/10/05(水) 07:09:50 |

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。