シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末紹介した親指センサーについて、BGFIT中や店頭でかなり話題になっています。
ここまで話題になってこちらが驚いています。

前回までの記事は、自転車のペダリングについてがメインだったのですが、
この意識はランでもとても重要だと思っています。
先日トライアスロンチームを作ったので、今回はランについて少し紹介します。
546002_1296056927[1]
http://silbesttriathlon.bbs.fc2.com/←つい先ほどまで、てnち山崎デザインのオリジナルトライアスロンウェア
半袖ジャージを募集中でした。上の写真がそうです。今ならまだ間に合うかも・・(笑)
トライアスロンチームやトライアスロンジャージに興味のある方は掲示板をみてくださいね。

ランニングについては自転車よりもたくさんの書籍が販売されていますね!!
画像 238 画像 239 画像 232
走行前に拇指を意識したカーフレイズ(踵上げ)で踵から拇指へ重心移動する感覚をつかみます!!
実際は 片足立ちが,より自分の重心の状態を把握することが出来る気がします!!
この他にもたくさんの事前刺激法があります。(肩甲骨・骨盤・スクワット動作etc)
自転車雑誌でも以前シマノの選手が事前刺激法を紹介していました。
歩行時の足角は通常進行方向に対して約10°です。走行中は歩行時に比べて足角・足幅とも0°に近づきます。
この図や説明はかなり役立ちます。興味のある方は店頭でお尋ねください。
画像 234 画像 235 画像 236
そして蹴りだしの時、通常は骨盤が前傾します。片脚支持中に骨盤の前傾がおこるのが普通です。
(しかし私をはじめほとんどの人が実際には出来ていないように感じます。これができれば・・・)
頚骨のアライメント・O脚X脚脚長差などが障害に繋がる大きな要因と紹介されています。
画像 237 画像 241 画像 240
これらのエクササイズで肩甲骨骨盤の動きを意識します。
乗車姿勢をとったペダリング動作のためのリハビリの紹介も見つけました。
感覚を意識することでいろんなことが少しづつ理解出来てきた気がします。
基本はあるのですが、やはり自分にとって無理のないフォームを見つけ出すことが重要だと思っています。
これはその人に応じたフィッティングをするというBGFITの考え方と同じです。

ランの基本かな??

1 20mmほど前方を見る。(足元ばかりみない。)
2 肩甲骨を寄せる。(胸を張る感じ)(これが最も重要と思います・肩甲骨を寄せると自然に骨盤が前傾します)
  (このときに肩をすくめない、肘を斜め後方にひく感じといわれています。)
3 骨盤を前傾させる。(腰を高く・腰を落とさない・おへそから足をだす などとも表現している方もいます。)
4 小指ではなく拇指球付近を意識して(前足部全体)で蹴りだす(もしくは地面を掴む感じと表現されます。)
5 中心を意識する。(乳頭から内踝にかけて一直線に落ちるライン)(体幹・内転筋群etc)
6 一本の線上を走る(実際は白線の中心でなく、白線の端・端いわゆる2軸?1軸半という感じ?)

これらの知識ははランをする人なら当然の知っていることなのですが、
知識があることと、実際に出来ていることは全く違います。
私も親指センサーを教えてもらう前までは、 「自分は出来ている」 と思っていたのですが、
実際は全く出来ていないことに気づきました。満身や思い込みはとは怖いものです。

でも今は骨盤が後傾したり、肩甲骨が開いてくるとはっきりと意識する事が出来ます。
これは親指センサーで全身の意識を高める事が出来たからと思っています。

そのおかげで、やっと少しづつ自転車に乗れ、ウォーキングができるようになったので嬉しいです。
今までに数人の整形のドクターから 「スポーツをやめなさい」といわれましたが、必ず治ると信じています。
そして現在は、まず30分継続して走る事が目標です。

親指センサーについては詳しくはコチラをご覧ください!!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-839.html←親指センサー(part1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-840.html←親指センサー(part2)(寄稿/by 溝端・追記/てnち山崎)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-842.html←親指センサー進捗状況!!

今回は簡単に紹介しましたが
この記事については後ほど詳しく紹介します!!
同じように痛みのある人が意識を高めることで、少しでも緩和されられば嬉しいです。

画像 243 画像 242 画像 244

ちなみにこれがシマノの選手が紹介した事前刺激法です!!
「拇指球を意識するつま先立ち」  「肩と肩甲骨広げるストッレッチ」 「ハムストリングを意識するストレッチ」
自転車の事前刺激法もランの場合とまったく同じでしょ!!(笑)
皆さんも試してみて下さいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
同じようなお客様がたくさん
お店に来てくれています。
昨日も腸脛靭帯炎を克服されたお客様が
遊びに来てくれました。
そして素敵な情報をくれました。
これについてもまた紹介しますね!!

諦め・否定・批判などは簡単なことですが
諦めずに頑張ってみます。

BGFITや店頭・ブログを通して
喜んでくれているお客さんも多く、
何よりも私自身が、持久系スポーツが好きなので
好きなことは何があっても諦めたくないです。

尊敬するカンペイちゃんや三浦さんみたいに・・
よかったらまたお店に遊びに来てくださいね。
お待ちしています。
2011/02/08(火) 09:38 | URL | silbest #-[ 編集]
いつも楽しみにみております。
非常にためになるいい記事ですね。
真摯な姿勢で問題に取り組む
姿に感銘を受けます。

求め続けることで
道は必ずひらけます。
これからも諦めずに頑張ってください。
応援しております。
2011/02/07(月) 23:07 | URL | shin #PxH./MFc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/859-035b9342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2011/08/24(水) 07:42:44 |

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。