シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BGFITを起源に持つランニングシューズのSOMNIO (ソムニオ)を試してみました!!
あまりにいいので2月から店頭でも紹介することになりました。

創立者ショーン・サリバンは、長年にわたり屋外運動競技やサイクリングの分野で、
スペシャライズド、ノースフェイス(開発部長を務める)、パールイズミ等の企業が行う、
快適性と性能を向上させる医療に基づいた革新的な製品の開発に携わってきたそうです。

そして2006年に自身のランニングによるケガをなんとかしようと、
サリバンはランニングのバイオメカニクス(生体力学)の権威である
ボルダー・スポーツ医学センター(BCSM)のエキスパート陣に助けを求めました。
こうしてBCSMの専門家チームと作業を進める中で、アイデアがひらめき、
コンセプトをナプキンの裏にスケッチしたときに
、Somnioが生まれたのです。Somnioは、ラテン語でを意味する言葉です。

2006年の設立より約3年にわたり、研究室だけではなく路上やトレイルで研究・開発に取り組んだそうです。
Somnioのシューズは、ランナー固有の バイオメカニクス(生体力学) に合わせて
簡単にカスタマイズできるので、各ランナーのニーズにマッチした処方を作ることができます。
そして必要なら右足と左足が異なるシューズを作り出すことも可能です。
Somnioのシューズはケガを防ぐだけではなく
長く厳しいランニングの後も、これまでより気持ちよく感じることができるそうです。

http://www.somniorunning.com/←詳しくはこちらをご覧下さい!!

画像 2544  画像 2547
てnちときりちゃんが3分の1膝屈曲テストをしているところです。なんとレーザーが照射されます。
これはスぺシャライズドのBGFITで行うテストそのものです。もちろんBGFITで使えます。
画像 2551 画像 017
この器具で膝の状態をチェックします。この器具が本当に最高なんです。BGFITで使えます。
レーザー照射、カント調整が可能です。隣はBGのフットベッドです!!カント調整プレートも付属しています。
画像 2553 画像 2554  
ソムニオのフットベッドとカント調整プレート・硬さの異なるクッションです。アーチの高さも測定できます。
画像 2552画像 2556
このシューズが最高です。何と88gです。今話題のベアフットラン用です。
隣は最も安定性の高いシューズです。これは最高にはき心地がよかったです。

これは凄く画期的で面白いランニングシューズです。
トライアスロンチームも発足し参加者もどんどん増えているので楽しみですね。
→トライアスロンの掲示板は、コチラ!!

あまり嬉しかったので今回は簡単に紹介しました。 詳しくは入荷後にもう一度紹介します!!

ちなみにBCSMとは、一流選手だけではなく、一流選手以外の一般選手に対しても、
最先端のスポーツトレーニングやケガに対応するための科学や知識を提供する施設です。
BCSMのエキスパート陣は、アスリートがケガを乗り越え、
予防し、トレーニングを改善する指導者
として広く知られています。

BCSMの創立者Dr. アンディ・プルーイット(BGFITと同じです)は、
一流の持久力系アスリート達の指導で国際的に知られたトレーナーです。
プルーイットはサリバンと協力して、BCSM の最先端バイオメカニクス(生体力学)研究所で
Somnioレザー式アライメントシステム(特許取得済み)を開発しました。
BCSMの著名な運動生理学者で、理学療法士でもあり、
ランニング・ゲイト(足取り)のエキスパートでもあるティム・ヒルデンも、Somnio の設計に関わっています。
入荷が本当に楽しみです。ついにランニングシューズFITも導入ですね(笑)

BGFITTTFITも相変わらず絶好調です!!今日も最高に楽しかったです。
BGFITについて興味のある方はこちらをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-811.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート1)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-804.html  ←オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html   ←BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html   ←BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html   ←BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html ←今までのBGFITについての寄稿

初心者の方も女性の方も気軽に受BGFITを受けてみてくださいね!!
BGFITは速くはしりたい人はもちろん、
楽に怪我なく快適にはしりたい全ての人のためのフィッティングです!!

少し自転車に乗れるようになりました。今日はシクロ観戦です!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/30(土) 21:41 | | #[ 編集]
Re: 外反足になる条件、治療方法
コメントありがとうございます。
返信遅くなってすみません
店長が多忙なため
店長のケア担当の私がかわりに
返信させていただきます。

ペダリングの際
山崎店長も右側ががに股になっていました。
そこでインソールやカントの付いたシューズ
シムを挿入し現在はいわゆるがに股の状態は緩和されています。

このような状態になる方はまずは脚長差がある人や
過去に足の捻挫をした事がある方や
O脚ぎみの人・立ち方・座り方癖のある人に多いいですね。
それを見るのがBGFITです。

私は医者ではないのであえて診断はしてはいけないので
信頼できる病院を紹介しています。

しかしオーバーユースによる
腸脛靭帯炎をはじめ膝蓋腱障害・鷲足障害・腰痛
の症状を訴えているお客さんは多いですよ。

足関節がすでにそのような状態にあるなら
普段の靴やシューズ選択・インソール選択・
歩き方・たち方など動きの質も改善する必要があると思います。
自転車に乗っている時間よりはるかに日常生活動作のほうが
多いですもんね。

宜しければお住まいはどちらかわかりませんが
どこかでBGFITを受けてみてはいかがでしょうか?

早めの対処でこれ以上痛みが悪くならない事を祈っています。

2011/02/07(月) 10:09 | URL | silbest #-[ 編集]
外反足になる条件、治療方法
いつも楽しく読んでいます。

店長さんに質問があります。
過去の記事で右足が「がに股」になると書かれていましたが、外反足にはならないのですか?
外反足になる条件や治療方法をご存じでしたら、ご商売に影響しない範囲で教えて貰えると嬉しいです。

私も右足だけ「がに股」になっています。
しかも、若干外反足になっています。自己判断ですが。
理由はペダリング中の足の甲を上から見ると、右足だけ甲の外側が下がっています。
更に、ストレッチで足の裏を合わせると、右足の踵が顔の方へ出っ張ります。
問題は高トルクで走った後に「踵の内側が痛む」、「膝裏の内側の筋が痛む」症状が出る事です。
痛む原因は踏み込む力で足が内側へ傾き、結果として無理に引っ張られる為と推測しています。
悪化を防ぐ方法は対処療法しか思い付かないですが、シューズやクリートに傾きが付いたインソールやシムを入れる事を考えております。

症状が軽いうちに対処したいと思っています。よろしくお願いします。
2011/01/23(日) 22:05 | URL | macha #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/857-8eb00efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。