シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピードプレイをオススメしたくて色々書いていたら、
新着情報には到底のせきれない長さになったのでこっちに書きます。
画像 030
画像 029
まず、わたしが普段使っているペダルですが、旧ルック(DELTAクリート)とスピードプレイをおもに使っています。
これらはまったく違う性質のペダルなので、意識的に使い分けています。
上の写真のルックは「可動クリート(赤)使用時でも固定モードに出来るダイヤル」がペダル後部に付いていて、
このダイヤルを固定モードにしつつ 固定クリート(黒)で使うと、最高の固定感が得られるので気に入っています。

たいしてスピードプレイですが、最初に買った時の理由は「軽いから」です。
実測重量4kg台のバイクを1台持っていますが、スピードプレイ以外のペダルでは5kgを割るのが難しかったからです。
軽ければなんでもいい、と思って買ったスピードプレイですが、ペダルとしての性能も特異ながら突出したものがあったので、
その点でも気に入りました。以下、その特異な点についてご紹介します。

画像 005
現在スピードプレイには可動域を調整できるゼロシリーズと、調整できないライトアクションシリーズがあります。
スピードプレイの創業時のモデル、エックスシリーズ(廃版)は調整機構がありませんでしたが、
調整機構付きのゼロシリーズが出たことで一気に有名になりました。
プロが使っているのはゼロシリーズなので、今日はゼロシリーズをご紹介します。

画像 006
黄色いボディのクリートがゼロシリーズのクリートです。イモネジが付いていますが、
これで可動域の幅を変更する事が出来ます。

画像 007
クリートだけではなく、ペダル側の クリートとの接する部分の形状も異なるので互換性はありません。

可動域について
画像 010
実際にはめてみました。
イモネジが当りきっているので この状態は固定モードになります。
イモネジがまったく接触しないところまで ゆるめると15°まで可動します。
ヒールイン側、ヒールアウト側を個別に調整できます。
上の写真の状態ではイモネジを均等に当てきっているのでまっすぐの状態で固定ですが、
当て方を不均等にすればヒールインまたはヒールアウト状態で固定にも出来ます。

画像 011
ちょっとゆるめてみました。これでもかなり動きます。
前後均等にイモネジを当てきってから、同じ数だけ ねじをゆるめるようにすると左右の可動域をそろえるのが簡単です。

画像 012
ヒールイン側で突き当たりました。これ以上かかとを内側には出来ません。

画像 013
ヒールアウト側で突き当たりました。これ以上かかとを外側にすると外れます。

作動感について
画像 014
多くのビンディングペダルは、クリートとペダルが接触しています。ルックのクリートはゴムが突き出していますが、
私の固定モード&固定クリートでも写真のようにゴムが減り、

画像 015
ペダル側にも痕跡が残ります。
シマノSPD-SLの初期モデルで体カバー(たいかばーです。たいりょくばーではありません)が
すぐにすり減るので困った方も多いと思います。
タイムのTBTクリートのスペード形ディスクもすり減りますね。

画像 016
ところがスピードプレイでは、原則 接触点はペダル前後の爪とクリートのCリング部分だけで、
クリートとペダルは広く接触していません。
(やっぱり踏み込むとかすかに接触するので、全く接触しないわけではありません。
 上の写真でもクリート側に跡が残っています。)
この、ペダルボディ上の接触感がほぼないというのが非常に重要です。

他のペダルからスピードプレイに換えると強く感じますが、左右の動きが軽すぎて チャカチャカよく動きます。
ペダリングするとクランクにシューズが擦ったり擦らなかったりします。
立ちこぎすると足がグラグラ動くのでペダリングが安定しない気がしてきます。
実はこのかかとの動き(足の振れ)はクリートとペダル上面が強く接触している場合には
気にならなかった、ペダリングの乱れそのものです。
本来振れているはずの足の動きを、クリートとペダルの接触が制限しているのだとしたら
ねじれたままのペダリングを蓄積して膝の故障にあらわれるかもしれません。
実際使っていると、膝への負担が少ないのは実感できます。

肝心の「チャカチャカ感」ですが、慣れてくるとクランクに擦らないペダリングが出来るようになります。
もっと足の振れる(クランクに擦りやすい)条件下である 立ちこぎ、3本ローラー、高ケイデンスなどでも
徐々にかかとの振れないペダリングが身についてきます
そこで(私の場合は)ルックに戻すと、スピードプレイで得たペダリングを他社モデルでも応用できるようになります。
そういう矯正目的で時々スピードプレイにしてみるのも いい刺激になりますし、
冬場なので膝にやさしい作動感がほしくてスピードプレイにするのもオススメです。

もちろんメインペダルとして通年使うのも全然OKです!プロが実際そうしているように。

セッティングについて
画像 003
実はあまり知られていないようなのですが、
クリートには「ペダルにはめたらここの真下がシャフト中心」マークが付いています。
上の写真で指し示したラインがそうです。クリートを交換するときにも使いますが、
他社製のペダルに換える時には 特に重要です
上の写真でシューズ側に赤と黒でマーキングしているのもそのためです。

画像 009
実際はめると この通りです。

画像 017
タイムのアイクリック クリートの場合はこの部分です。
RXクリートとインパクトクリートの場合は少し切り欠きになっていて
分かりやすかったのですが、アイクリックには切り欠きがない代わりに

画像 018
「色の境目」になっているので分かりやすいです。

画像 019
シマノSPD-SLの場合は少し分かりにくくて、指し示した部分のかすかなラインです。
しかもクリート交換時には削れてしまっていることも よくあるので、要注意です。

画像 004
スピードプレイの場合はシューズにまずクリートプレートを取り付けますが、
指し示した部分の横一線のラインがそうです。

基本はペダルシャフト中心マークの前後位置をそのまま移す感じでセッティングします。

画像 001
ルックはじめ多くのビンディングペダルは、ペダルシャフトより前の部分を軸として
かかとが扇形に振る動きをします。
(写真の、スポークで示した可動域はイメージです。実際の可動位置・可動域を正確に表現していません)

画像 002
ところが、スピードプレイはシャフトの真上を軸として左右に振る動きをします。
スピードプレイに換えたとき、クリートのマークどおりに移しても違和感を感じる理由の一つです。
まずは基本どおりにしてみて、それからいろいろ試してみてください。

シューズとの距離について
画像 008
スピードプレイは、シューズとの距離が非常に近くなるペダルということでも有名です。
(上の写真、さっきのルックと比べるとすごいです)
これもペダル乗り換え時の違和感の理由の一つです。
近いほうがダイレクト感があっていい、という意見が多いようなので まずは慣れるよう練習です。
シューズとペダルの距離が変わると当然サドル高も変わるので、
モデルごとのクリートを含めた厚みを知っておいたほうが便利です。

シューズソールからペダルシャフト中心までの距離
シマノSPD-SL(デュラエース以外) 14.5mm
シマノSPD-SL(7750・7800・7801) 13.7mm
シマノSPD-SL(7900) 12.6mm(私の計測値なので0.1mmくらい違うかも)

旧ルックDELTA 21.6mm
ルックKeO(ブレード・2MAX・HM・カーボン) 15.7mm
ルックKeO(スプリント・クラシック・イージー) 16.5mm

タイムアイクリック 13mm

スピードプレイ 11.5mm
スピードプレイ(クリートプレートの必要ない4穴シューズ使用時) 8.5mm

差し引きすることで、ペダル乗り換え時のサドル高をどれくらい換えればいいかの目安になります。

Qファクター(クリート側)について
画像 020
幅広いクリート横位置調整は、スピードプレイの特徴のひとつです。
上の写真では、シューズにSPD-SLのクリートをシューズが
最もクランク寄りになるように取り付けています。
3穴のうち 後ろ2穴の部分の四角いワッシャーがクリート本体にぴったり接していますが・・・

画像 021
こちらのシューズではクリートを寄せきったところ、同時にワッシャーが接していません(指し示している部分)。
これはクリートの3穴とシューズの3穴の位置が微妙に異なっているためです。
先ほどのシューズでも左右位置はあっていますが、前後位置はいっぱいまで寄せきれていません。

画像 023
スピードプレイの場合、クリートプレートをまずシューズに取り付けるので、
クリートの横位置調整が寄せきれない、ということはありません。
クランクに近い側、

画像 024
遠い側、ともにいっぱいまで調整可能です。

Qファクター(ペダル側)について
画像 025
上の写真では各社のペダルを並べていますが、板と板の境目でペダルシャフトのねじ山を揃えています。
下の板がクランクアームということです。
その状態でペダルの中心を見ると、各社ともそれほど違わないように見えます(実際は微妙に違いますが)。
ペダル本体よりもクリートの調整幅のほうがQファクターを決める要素としては大きい、ということですが
スピードプレイにはとんでもない隠し玉があります。

画像 026
これもよく知られていないことですが、チタンシャフトモデルはシャフトが短いんです!

画像 028
こうみるとよく分かります。その差 実に片側で3mm!です。この差はすごく大きいです。

画像 038
どうりでチタンは箱から出しやすいと思っていました(笑)。


同じセッティング(最もクランク寄り)・同じシューズで
ペダルシャフト長の違うモデルでクランクとのすき間を撮ってみました。
クランクはカンパニョーロとフルクラムですが、同じものと見ていいです。
条件を同じにしたかったので、左クランクで撮っています。
画像 036
(注:ケイデンスマグネットのタイラップが付いていてこのすき間です)
画像 037
↑ステンレスシャフト
画像 034
画像 035
↑チタンシャフト

シューズの革がソールからどれだけ張り出しているか、一番つま先側のベルクロをどれくらい締めるかにも
よりますが、薄手のシューズカバーすら厳しい近さです。
クランクアームがオフセットしていますが、アームがまっすぐなクランクだとくるぶし側もギリギリです。
(シューズによっては常に擦ることもあります。)
ギリギリに近いQファクターを試すなら、スピードプレイがオススメです。

最後に
画像 031
スピードプレイは、クリートが非常に高価です。
構造で言うと「シューズの裏にペダル、ペダルシャフトの上にクリート」な感じなので、
安いペダルを買うくらいの価格になります。

歩行時用のクリートカバーが別売りであるので、ぜひご利用下さい。

長文失礼致しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/06(木) 15:43 | | #[ 編集]
いままで目にしたどんな記事よりこのペダルを試してみたい気になりました。兎に角Qファクターを狭くしたいのでチタン軸でいってみようと思います。
2011/02/03(木) 13:54 | URL | ロード乗り #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 毎度読ませていただき参考にさせていただいてます。
> ところでスピードプレイでヒールイン側でステップアウトってできましたか?かなり力入れてもできないし、クリート金具の形状見てもできないような設定に見えますが。

ご指摘ありがとうございます!
ヒールイン側でステップアウトは無理です。訂正させていただきました。
いつも読んでくださってありがとうございます!
2011/01/22(土) 15:47 | URL | silbest #-[ 編集]
毎度読ませていただき参考にさせていただいてます。
ところでスピードプレイでヒールイン側でステップアウトってできましたか?かなり力入れてもできないし、クリート金具の形状見てもできないような設定に見えますが。
2011/01/21(金) 22:27 | URL | Roppongi_Express #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/853-276d1463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。