シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真だけ、私がアップします!! 寄稿By.堀 きりこ20101130164605cf2_20110115214007.jpg

050.jpg
15名づつ2班に分けさせてもらいました、皆さん真剣に聞いてくださいました
c0188525_2192273.jpg
体験もしていただきました
山崎も実践するうち暑くなってきて半袖に(笑)
c0188525_2183781.jpg
みぞさんが、補足説明や、バリエーションを紹介

ここからてnちicon_tenchokai_1.jpgが書きます
ご参加いただいた皆さんご清聴有難うございました
喜んでいただけたようでほっとしています

アスリート歴が長い皆さんには
おそらく私たちの「プチ筋トレ講習」はずいぶん変わっていて驚かれたことだと思います


昨今、ネットや教習本で多く目にすることができる「筋トレの常識」とは大きく違っていたのではないでしょうか

以下の点に気を配って組み立てお話させていただきました

●「これなら続けられる」と思えることを最重要に考えて組み立てました

●本などで見たら3.40種類もあるトレーニングメニューを重要度と効果の高い7種に絞り込みました

●体をマッチョにする筋トレからは完全に決別したメニューです

●自転車に良い、特にロードバイクにいい筋トレに絞り込みました

●自転車用として、体の前面と後面の筋肉に集中しています(体のサイドやひねりの筋肉ではなく)

●体重増加につながらないためにも、上半身は行っていません。体幹筋から下半身に絞り込みました

●伸び側ではなく、忘れられがちな縮み側の筋肉により注目しました

●自宅でできるように工夫しています

●最大筋力をアップさせるのではなく、筋肉の持久力を高めるメニューです

●競技力向上に見合って負荷と回数の増減がしやすいように考慮しました

●故障が起こりにくい注意と配慮を加えたつもりです

●この7種だけで、一回1時間以内で確実に成果が上がるように組み立てました

●今実際取り組んでいる私たちの生の姿をできるだけご覧頂けるようにしました


以上、工夫を重ねてきた内容なのですが、

今風のスマートでかっこいい筋トレの紹介では無かったですね

勉強して改良は重ねているとはいえ

なにぶん30年以上前に始めているものがベースなんで(笑)


私自身の30数年前・・・

オリンピック代表がかかった年だったのですが
たったひと冬、数ヶ月の筋トレと回転力強化のトレーニングで、
ほぼ、これらを加えただけで

秋まで地方のクラブチーム出の無名選手だった私が
翌春のオリンピック代表選考の日本選手権で画期的な日本記録を出すことができ
代表権を獲得できたんです

それまで、
1年にコンマ数秒づつ短縮されるのがやっとだった記録を8秒も縮める記録だったんですヨ。
自分の持ちタイムで比べると5分程度の競技種目で30秒も縮める、
自分でも信じがたい急成長に導いてくれたのが「筋肉トレーニング」だった
ということが下敷きとしてあり、だから今まで続けてきた・・・

そんなことなので、あまりスマートじゃない点はおお目に見てくださいね


今回参加できなかった方からの要望が多いので
追加の講習会も近々呼びかけたいと思っています
その節はまたよろしくお願いいたします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/852-f3fe9b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。