シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/16の「プチ筋トレ講習会」も大盛況に終わりました。

これについては↓下の1/17日付けの記事にレポートが(ほぼ同じ時間に上がってしまいましたが)ありますので
あわせてご覧ください



以前に紹介したスポーツ解剖学シリーズのロードバイクバージョンが手に入りました。
ランニングと水泳の日本語版は発売されているので,ロードバイクの日本語版もすぐに発売されるはずです。

この書籍では、プチ筋トレの内容を、詳しく説明してくれています。
画像 2540 SH 004
興味のある方はコチラをご覧ください。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-837.htmlスポーツ解剖学シリーズについて

先日の筋トレ講習会では下記のトレーニングについてのトレーニング方法を紹介しました。
①ウオーミングアップのランジ(サイドランジも)→お尻と太もも前側の筋肉
②きつい傾斜台の腹筋(シットアップ)→お腹の筋肉
③レッグカールの代用版→太ももの後ろの筋肉
④カーフレーズ→ふくらはぎの筋肉
⑤背筋→背中の筋肉
⑥脚上げ→お尻の筋肉
⑦膝上げorニツーチェスト→お腹(腸腰筋)と太もも前側の筋肉
⑧ウエイトを持ったランジ→お尻と太もも前側の筋肉

そしてこの本には、筋トレの際の注意点はもちろん
「なぜこれらのトレーニングがロードバイクに必要か」が詳しく説明されています!!
ランニング同様、スポーツ障害の防止方法についても詳しく説明してくれています。
この書籍は英語が得意でなくても必見です。
図が多くてとても見やすいですよ。 それでは簡単に内容を紹介します。
SH 005 SH 006
⑧ウエイトを持ったランジ と ⑦膝上げorニツーチェストについて紹介しています。
SH 007 SH 010
⑥脚上げ と ⑤背筋のトレーニングについて紹介しています!!
SH 009 20091218160729012s_20091221132822_20110114145548.jpg
おなじみのプローンブリッジについてです。体幹を効率的に鍛えるのに有効です。
皆さんもこの姿勢を、テレビを見ながらとってみてくださいね!!
3分間くらい出来れば合格です(笑)

この書籍の日本語版がすぐに販売されることを祈っています!!
皆さん楽しみにしておいてくださいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/851-5d90687f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。