シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060722183356.jpg

20060722183420.jpg


THULE591のインプレです。
このタイプは前輪をはずさなくていいのが楽です。

フレーム固定はクルマの屋根の高さのところにある直径7,8センチくらいのつまみで遠隔操作できます。
従来品は固定部分にまで手を伸ばさなくてはいけなかったので、大きな違いです。
また、解除はワンプッシュで済みます。
前後輪とも、付属のプラスチック製ストラップで固定します。

アルミバーについて
ルーフキャリアの台座となるものには2種類のバーがあります。
スクエアバー(断面の四角いやつ)は、サイクルアタッチメントなどをバーに巻きつけるタイプですが、
クルマとバーをつなぐ台座部分の上にはサイクルアタッチメントを取り付けることが出来ませんでした。
しかし
アルミバーは、バー上部の溝にサイクルアタッチメントをねじ止めするため、台座真上でも取り付けも可能となりました。
自転車4台でもラクラク積載することが出来ます。


(以下文責/てnち山崎)
こばやしさんこれ本当にいいですね、
(下のワーゲンに絶妙にフィットしていますね)
あの曲線もたまりません。
バーがエアロシェイプなのもそそられますね。
ちなみにシルベストでは取り寄せ対応になります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
掴むところはかなり広い幅で掴んでいたようですし、見た感じそう問題は無いかと思いますが・・・。

このモデルのフォークダウンについては、すいませんまだ資料も無いのでわからないのですが、一般論からいいますと、固定の確実さは正立タイプより良いと言われています。
ただ、前輪を着脱するのでレースなど秒を争うときには向きませんね。
2006/07/28(金) 09:45 | URL | てnち #JalddpaA[ 編集]
おじゃまします。
質問があります。

591のデザイン最高にカッコイイのですが、昨今のアルミやカーボンフレームの薄いダウンチューブ部分で挟んで固定するというのは、高速道路を100キロで走ったり、山道を上り下りした際にいかほどの負担がかかるのでしょうか?

また、591のフォークダウンタイプも発売される(もうされた?)ようですが、フォークダウンタイプの場合のヘッドパーツやフレームへの負担はどうなのでしょう。

どこで聞いても様々な逸話や回答があるので決めかねてしまいます・・・。
2006/07/25(火) 21:17 | URL | HARIBoo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/84-b0c06a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。