シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てnちこと山崎店長ときりちゃん(全日本TT3位のスタッフ堀)が、
先週から本格的にOFFシーズンの筋トレを始めました。
皆さんは筋トレをしていますか? 自転車競技に筋トレは必要がないという方も多いと思いますが、
個人的には自転車競技でも筋トレ・補強運動・ストレッチングなどは不可欠だと思っています。

竹谷さんのブログでも筋トレの重要性についての説明がされています。
http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html#/list/20101224話題の本・バイク・動作とウエイトトレーニング
そして、この記事もとても興味深く読ましていただきました。
http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html#/list/20101223バイクの動作・重心・胴体
ブログのなかでウエイトトレーニングを行う意義についてこのように説明してくれています!!

1 足りない筋肉・筋力を補う効果
2 メインの筋肉・筋力発揮(神経系)の更なる強化
3 そして、レースで必要とされるハイパワー系の代謝能力の維持向上

アルフェラッツhttp://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-774.htmlでも1月に筋トレ講座を行います!!
参加されるみなさんは楽しみにしておいてくださいね。http://alpheratz.bbs.fc2.com/←アルフェラッツ掲示板です。

アルフェラッツの皆さんは講習会前にこれを読んで予習してくださいね!!(笑)
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-683.html←プチ筋トレしてみませんか?
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-689.html←筋トレの続き
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-690.html←筋トレの続き2
画像 2586 c0188525_19544035.jpg
そして今回はペダリングスキルはもちろん全てのスポーツの動きづくり効率的な筋トレにも関連する、
感覚(センサー)を磨くのはもちろん、姿勢を整え、怪我を予防するためのツールのひとつを紹介します。

それが、てnちが考案してくれた親指センサーです。
これは店長の指導の下、私や全日本TTで3位のきりちゃん(スタッフ堀)
そして数名のチーム員が少し前からこの親指センサーを試していました。
そして試した人達の反響があまりに大きく、私自身も確実に手ごたえを感じています。
(もともとは膝が痛かったロード選手のために考案したようです)

皆さんはプロのロード選手やオリンピック選手が、このような説明をするのを聞いた事がないですか?
私は職業柄一流の選手と話をする機会をもつことが多いのですが、彼らから下記のような話をよく聞きます。

「この感覚で漕いでると自転車が進む」「今日はライディングの際、全身の連動を感じることができた。」
気持ちのいい感覚で漕いでください。そしたら自然に前に進みます」
「この部分で真下にポンと着地するとスッと身体が前に進む感覚があるでしょ?」
「肩甲骨の動きを意識すると骨盤の動きを意識しやすく骨盤で漕ぐ事ができる」
「昨日のトレーニングでこの筋肉のこの部分がやたらと固まっています、
今日はこの部位を意識しながらストレッチをしています」 
「今日は昨日の間違った筋トレのせいで、重心のバランスがやたらと崩れている」 などの会話です。

トップアスリートと呼ばれる人はこのように全身の感覚(センサー)が研ぎ澄まされていると思っています。

少しだけ難しく説明すれば、身体には感覚器や受容器とよばれる各種のセンサーがあり、
実際に身体がどのように動いたかという結果が脳へ知らされます。
身体の動きの修正や技術の向上のためには、このようなフィードバック情報が不可欠なのです。


一般的に才能があるセンスがある とはこのような能力のことをいうのだと思います。
DGDHGFJHs_20101229093244.jpg GFJHJKHGKs[1]
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-593.html←53歳にもなってペダリングの意識を変えてみた
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-401.html←上死点を克服しよう
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-576.html←3段ロケットスプリント
てnちの記事をもう読むと、このような感覚に裏打ちされた文書が魅力の一つだということが分かります。

しかし実際、私のような一般の人間(思い込みや、意地・知識により動物が本来持っている感覚が薄れている)
にはこのような本来誰もが持っているであろう、原始的な感覚が失われているために、
効率的なペダリングや・動き・走り方をトレーニング中に正確に意識することは勿論
スポーツ障害になる前に身体の声(感覚)(信号)を聞く事さえ、できずにこのような結果に至ったわけです。

そして今回こんな私を見かねててnちが教えてくれた親指センサー
一般の人、または感覚の鈍い人が自分の感覚を少しでも鋭くするために役立つツールの一つだと思っています


この親指のセンサー母指周辺の意識)を装着し意識することで

1 ペダリング動作の向上(ランニングやウォーキング動作でも同様です)
2 ペダリング効率の向上(少しの意識で効率が変わるはずです)
3 下肢の筋肉のアンバランスの改善(とくにO脚の方やがに股・内反足の方に効果的です)
4 膝の外側の違和感および痛みの軽減(これを初めから意識できていれば状況はかわっていましたね。)                  
などが期待できそうです。

個人的にはこの親指センサーをしり、母指と拇指球を明確に意識し始めてから、劇的な変化が起こっています。
そのため現在、立位時も歩行時もこの親指センサーをつけ、常に親指と母指球を意識しています!!

特にO脚気味で膝に不安を抱えている人や、がに股の人・足首が内反(内側に倒れこんでいる方)はもちろん
下肢の外側の筋肉ばかり発達している人や・違和感や痛みのある人・靴の外側がすり減る人
ペダリングの際、なぜか母指側に力がかかりにくいと感じている方
は、
一度この親指センサーをを試してみてくださいね。(まずは普段から親指と母指球を意識してみてください!!)


詳しくはpart2で紹介します!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
正月までになんとかしたかったのですが
まずはシルベスト恒例の初詣ランがありますので
その告知を先にさせてもらいました。

少しの意識で動きは変化するのですね。
もっとはやく意識できていればと自分自身が一番感じています。
親指センサー楽しみにしておいてくださいね。
2010/12/30(木) 10:02 | URL | silbest #-[ 編集]
パート2がとても楽しみです。正月までに何とか...。
2010/12/29(水) 14:16 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/839-4ff9cacd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。