シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずはファイントラック  フラッドラッシュスキンメッシュ、今回はこのインナー着用してみました。
もちろん補給食にソフトジェルフラスク、メイタンのサプリと足攣り防止にエンライテンももっていきました。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-816.htmlエナジージェルについてです。
20100820165141580s[1]
コレは以前、山店長がサイクルスポーツの「山崎敏正のこれ超エエよォ」で紹介している、オススメの機能インナーです。
コレを読めば説明は十分でしょう。↓詳しくはこちらをご覧下さい!!
http://www.finetrack.com/news/press/100820cyclesports.htm

私が今回、実際につけてみた第一印象は生地がかなり薄く・
伸縮性も十分で肌触りもよく着心地がすごくいいということです。
自分にとって肌触りや着心地の悪いものはやはり嫌なものです。
そして「濡れない」「水を吸わない」「撥水する」という特許生地を使用したインナーのおかげで
レースの発汗後の汗冷えを、ほとんど感じることなくレースを終える事ができました。

これはまさにメーカーの紹介文どおりでした!!
汗が通過しやすく肌面に戻りにくい撥水素材フラッドラッシュスキンメッシュを新開発。
既に発売中のフラッドラッシュスキンの編み地をメッシュにすることで、
さらに汗抜けがよくフィット感のあるソフトな着心地を実現しました。
素肌に直接着用し、その上に吸汗ウエアを着用すれば、肌は常にドライに保たれ、
汗の不快感や冷えを防ぐことが可能となります。
 メーカホームページより抜粋

個人的にどのインナーを着ても結局汗冷えがする上に、肌触りも気に入らないものが多かったのですが
これからは当分の間このインナーにお世話になりそうです!!
FUM0401[1]  FUM0406[1]
ロングスリーブ・ノースリーブ・半袖がありサイズはS~XS・カラーはホワイト・ブラックがあります。
http://clubsilbest.blog61.fc2.com/blog-entry-4953.html←以前の新着情報の記事です
http://www.finetrack.com/product/floodrush_skinmesh.html←水漏れ防止実験の画像は、コチラ!
もともと自転車ウェアは状況に応じて重ね着する事が当たり前なのですが、
素肌に触れる部分はファイントラックというスタイルが定番になりそうですね。

サンティーニ 018 RIMG0479s[1]
そして今回はこのファイントラック  フラッドラッシュスキンメッシュの上に
アルフェラッツジャージを着て梅田店のスタッフ樋口と一緒にレースに参加しました。

店長が名づけたアルフェラッツとは青い星でアンドロメダ座のことです。
花言葉のように星言葉というものもあって、そのアルフェラッツの星言葉が「実を結ぶ美しき夢」
アルフェラッツは自転車を通じて、「実を結ぶ美しき夢」を叶えていけたらいいなという活動
(講習会や走行会、イベントなど)ムーブ・メントの総称です。11月28日にも走行会をしますよ(笑)
このジャージもシルベストジャージ同様に大切なシルベストのジャージです!!
箕面でもこのジャージをきた人がどんどん多くなってきました。来年が更に楽しみですね。

そして沖縄でもBGFITを受けた方がたくさん参加していて、沖縄で再会する事ができました。
わざわざ声をかけていただいた皆さん本当にありがとうございます。
皆さんの嬉しそうで悔しそうな顔が印象的でした。
ayano2010TDO-45.img_assist_custom-700x467[1]
今回、私は怪我の為シニア50にエントリー、参加人数はツールド沖縄で最も多い516人!!
練習は通勤もままならない状態だったので2ヶ月で300キロにもみたず・・
無理して走ったハーフマラソンで調子にのって飛ばしすぎ膝の状態は最悪。
「エントリーしたからでる。でも絶対に無理をしない!!楽しもう!」数日前から自分に言い聞かせていました。
しかしコレが今回のうっかりミスによる敗因に繋がった一番の理由だと思っています。
tdo_c_t-3[1]
そしてシニア50がスタート!!こうみると凄い人数ですね。
2・3キロほどパレード走行をしてレースが始まる。集団は超スローペース、蛇行している選手も多い。
何度かアタックはあったものの決定的なものはなく、自滅や落車により多くが脱落していく。
そして基本的に32キロ付近まではかなりスローペース、集団もまだまだ団子状態で40人以上・・・

2回目のスプリントポイントまでに何度かアップダウンがあり、そのたびに他の選手の顔色を確認。
やはり鈴木さんと中川の方が圧倒的な力があり率先して先頭を牽いている。

スプリントポイントの数キロ前、鈴木さん・中川の方とその他2人が登りでもしっかりとした足取り。
しかしこの4人もアップダウンでなんとなく疲労しているのが見て取れた。
他のメンバーはつくのに必死、ほとんどローテに加わらず、実際にレースをしているのは4人位。
「この4人が強いなあ」とかなり客観的にレースをみる。
そして「体型からみて二人は多分スプリンターかな?」「集団スプリントゴールになるなあ・・」

しかし実際に登りでは、軽く踏んでも前に出てしまう感じだったので悪い考えが頭をもたげてくる。
「でもココで怪我を悪化させたらあかん、無理したらあかん・・・また同じこと繰りかえすんか?」
「このまま集団内で楽をしてついていってスプリント勝負をすんの?」
「ちがうやろ・・出たからには痛くても今の自分の全力をださな意味ないやん・・」
「できればこのアルフェラッツジャージに初勝利をもたらしたいなあ・・・」
こんな葛藤を繰り返しながらもレースは進んでいく。
そうこうしてる間に2回目のスプリントポイントを通過・・・。

その瞬間、何故か「せこいのはやっぱり嫌やつまらん、このまま終わったら後悔する、間違いなく後悔する
こんなのは意味がない、前にいかな・・前に出て一人でゴールまで逃げよう!」直感的にそう思ってしまった。
そう決めたら答えは一つ、迷うことなくスプリントポイントが終わってすぐの下りでアッタック開始。

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=
ja&geocode=&q=%E4%BB%8A%E5%B8%B0%E4%BB%81+%E5%A4%A9%E5%BA%95&sll=
26.647766,127.936134&sspn=0.123969,0.182991&gl=jp&brcurrent=
3,0x34e4fbe4e679d7b5:0x12417ebd9ced927d,1&ie=UTF8&hq=&hnear=
%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E5%9B%BD%E9%A0%AD%E9%83%A1%E4%BB%8A%E5%B8%B0%E4%BB%81%E6%9D%
91%E5%A4%A9%E5%BA%95&ll=26.642856,127.943687&spn=0.123975,0.182991&z=12

シニア50キロは、実際は53キロあり 39キロ位のこの地点からひたすら逃げる。
40キロを絶対にきらないようにメーターを見ながら後ろは振りむかずひたすらペダルを漕ぎ続ける。

残り3キロで一緒に言ったnasuのマリーさんに手を振る。応援の声が最高に嬉しかった。
残り2キロ地点でも振り向かずひたすら漕ぎ続ける。ペダリングに意識を集中。
そして残り1.5kmでバイクが「集団まで残り30秒です」と合図をくれる。「十分いける!!」そう思った。
しかし残り600メートル付近で・・・。まさかの大どんでん返し。
先導車とバイクが左折、それについていくと大通りの手前でおばさんが「道が違うよ・・」(笑)
あわててコースに戻ると集団が後方に見える・・そしレースは終わった.
tdo_smin1-6s[1] tdo_c_t-22.img_assist_custom-700x467[1]

http://csdaddy.blog11.fc2.com/blog-entry-587.html優勝者の鈴木店長のブログです。an>
http://www.cyclowired.jp/?q=node/47324シクロワイアードの記事
そして最高のゴールシーン!!役者が違いすぎます。素直にカッコイイですね。
そしてレース後にたまたま優勝者のチームDaddyの店長と話せたのですが、
試走をキチンとし、マンホールの位置まで確認しているとの事・・・
勝つべき人が勝ったわけです。ほんとうに勉強になりました。ありがとうございます。
先日、鈴木店長のブログも読ましていただきましたが、
大怪我を克服して、チームのために頑張り続ける、まさに私がこれから見習うべき人だと感じました。
これからも諦めずにリハビリを頑張っていきます。

結局スプリントには参加はせずに結果は32/516 でした。
とにかく今回はアルフェラッツジャージを勝たす事ができかったことが、本当に悔しく残念でした。
ただそれだけです。自分的には今の全力を尽くした結果なので後悔はしていません。
サンティーニ 020 サンティーニ 060
今回は樋口も参戦、久しぶりのレースにもかかわらず270人中29位でした!!久しぶりのレース参戦なのに凄い!! 
さすが元競輪選手!!彼もレースも沖縄もツアーも最高に楽しんでいたようです。もし少し練習をすれば・・・・
鶴見さんは本当にかっこよかったです。真剣にトレーニングをしているのは見ただけで分かりました。
真っ黒に日焼けした肌・レース後の笑顔がとても爽やかでした。心から自転車が好きなんでしょうね。
521_20101119170012.jpg 520.jpg
表彰式です、子供をつれたDaddyの店長は更に素敵な笑顔でした!!ゆうくんももちろん表彰台です、おめでとう!!
そして皆でたくさんご馳走を食べ・ビールを飲み・生ライブを聴きエイサーをみて一緒に踊りました。
461_20101119164219.jpg 466_20101119164303.jpg
レース後にはマッサージコーナーもありました。私も樋口も満喫しました。最高に癒された幸せな時間でした。
マッサージをしてくれた人の手です。この手でマッサージされるとそりゃ気持ちがいいですよ(笑)
NASU FAN CLUBのまりーさんは思っていた以上に素敵でキュートな女性でした。
503.jpg 541_20101119164444.jpg
一緒に沖縄にいったNASU FAN CLUBの面々です。とても気さくで優しく最高のクラブです。
皆さんほんとうにありがとうございました。最高に楽しくハッピーな時間をすごせました。
全員が無事完走できました。Jさんは100キロで見事に5位入賞!!まだまだ強くなりそうです。
リブロングの皆さん・シマノドリンキングの高橋さんにも感謝です。来年もよろしくお願いします!
http://www.nasufanclub.com/link_member.htmlnasufanclubのホームページです。

もちろんファイントラックもオススメなのですが、ツールド沖縄に参加することが一番のオススメです。
過去に210にも2度参加しましたが、このツールド沖縄は最高に楽しい・そして美しくあたたかい!!
来年は怪我を少しでもましにしてもう少し距離のあるレースに出たいですね。

そして沖縄から大阪へ、そのまま夜行バスで一気に横浜へBGFITの研修へ(笑)
次はマスターズBGFITについて寄稿いたします!!
もちろんあの方とも久しぶりに再会することが出来ました。これも最高でした。
先週はほんとうにハッピーなことばかりでした。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/820-250938be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。