シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
透湿防風素材ってご存知ですよね
風はほぼ完全に通さないで、湿気だけは外に逃す素材です
サイクルジャージにも最近は多く使われています

かなり高価な場合がほとんどです
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-521.html 20081126074051_20101105175813.jpg
これ↑は、昨年に「デマルキ」の透湿防風素材ジャージを紹介したときの「これはエエよ」の記事です
このときは、その伸縮性のよさが画期的だったことに感心しての内容だったのですが・・・

今回は、
その透湿防風素材でジャージをオーダーして、
更にいろいろな工夫をしてみた・・・というお話です

透湿防風素材のジャージはやっぱり高価なだけあって相当快適です
はっきり言って、かなり暖かです

透湿防風素材のジャージには大きく分けて2タイプあり
①背中まで透湿防風素材のジャージ
②前面だけ透湿防風素材のジャージ
・・・の2種類です②の場合は背中は風の通る起毛素材になっています

関西の都市部の住んでいる場合は②の前面だけ透湿防風素材のジャージで
ほとんど、ひと冬中困ることはないと思います

「どうしてもそれでも寒い」という日や早朝だけ、
ウインドブレーカーを重ねたらいいでしょう

そんな透湿防風素材でのオーダーはこれまではあまり例がなかったのですが

今回は写真↓の「アルフェラッツ・ジャージ」で挑戦しました
P2010_1105_152744_20101105175932.jpg
更に
大阪の真冬にジャストフィットするような工夫を加えてみました
それは、
上の写真↑で黄色い線で示したのですが

共に透湿防風素材の前面パネルと、サイドパネルの境目に
ジッパーで開閉できる、空気取り入れ口をつけてみたのです
(ジッパーを開けてもメッシュがあるので必要以上には開きません)

大阪では
真冬でも登坂時などは、かなり暑くなり、汗をかいてしまうことも少なくありません
汗をかいてしまうと、汗冷えで
下りが予想以上に辛くなってしまいます

そこで、
このエアーインテークが大活躍するのです
胸元は大きく開けると喉やお腹を冷やしたり、バタバタとばたついたりと不快ですが
このサイドのエアーインテークなら効果的に発汗を抑えることが出来ます
P2010_1105_152801.jpg
背中面は通風性のある起毛素材ですから、
サイドのインテークからの風は程よく背中に回りながら外に出て行ってくれます
P2010_1105_152842.jpg
ソデ裏にもこれくらいの幅で通風性のある起毛素材を配してもらって
腕の快適性も確保したいと思っています

サンプルで試着してみたんですが、
登りで、汗ばんできたタイミングでジッパーをあけると
あたかもウインドブレーカーを脱いだかのように
空冷が出来ます

これなら、
走行の途中にいちいち立ち止まってウエアーの脱ぎ着をする煩わしさも不要で
かなり「エエ感じ」ですよ~


このジャージは 
アルフェラッツの掲示板↓で予約受付しています
http://alpheratz.bbs.fc2.com/

受付期間は 11/8 の 24時 までですので
よろしくお願いしますネ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/814-2d432b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。