シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オフシーズンに BGFITを !! (パート2) 
前回はBGFITの流れを画像を用いて紹介しました。

今回はBGFITを初心者の方にもオススメする理由についてです。
自転車に乗る頻度によっても違いますが
一応ロードバイクに乗り始めて2~3年未満くらいの人を初心者とします。

長年ロードバイクに乗っている人にも自分自身の再確認の上で受けてほしいのですが
(しかし今までの経験上、長年ロードバイクに乗っている人も
BGFITを受けて冷静な目で自分を客観的にみると驚かれる方が多いですね。)
やはり3年未満のまだ初心者から中級者に入る人や女性の方にぜひ受けてほしいのです。

スキーやスノーボード・ゴルフなど他の機材を使用するスポーツでは、
初心者のうちに個人レッスンや団体レッスンを受けることの有用性は当然なのに
何故より機材と密着性の強いロードバイクでは誰もキチンとフィッティングをしないのでしょうか?

BGFITを受けることで、
より楽に快適にロードバイクに乗れることはもちろん
初心者特有の疑問をかなり解消することができますし
肩こりや腰痛・ヘルニアなど怪我の悪化や、
間違ったフォームやオーバーユースからくる
スポーツ障害の防止にもつながると私自身強く信じているからです。


ある意味怪我をしないポジションが最もいいポジションで
そして強くなりたい人にとっても、怪我をしないことが一番強くなれるともいえますよね。

「まだまだ自分にはBGFITを受けrのは早すぎる」
「もっと身体をつくってから受けよう」と思っている皆さん
一人で四苦八苦するよりも、まずはBGFITを受けておくと
、時間の短縮になります、より早くBGFITを受けてみてください!!


新城幸也さんとカンチェラーラさんのフォームです!!
フォームは人によってそれぞれ違いますが共通している部分はあります。
oth1007141057004-p2[1]a0087832_1973269[1]

現在シルベストサイクルでは静止画だけでなく動画も用いてBGFITの様子を再チェックしています。
Video 88.wmv _000061357Video 88.wmv _000061565
動画を静止画にした画像です!!綺麗に撮れていますね。
計測を行うだけではなく、静止画や動画も用いて
関節角度を何度も確認し、ポジション・ペダリング・フォームを何度もチェックします!!
アンクリング角度や、負荷をかけたときの身体の状態・変化をより正確に把握できます。

この動画の投入でシルベストサイクルのBGFITの精度がより増しました。
皆さんにも自分自身で動画・静止画で自分自身を客観的視点でにチェックしてもらうことが出来ます。
客観的な視点で自分自分自身をみることが大切だと思っています。

先日紹介させていただいた初心者の方のフォーム・ポジションです。
Picture 1246 Picture 1256

ブリジストンアンカーの狩野さんのフォーム・ポジションです。
かなり身体が柔らかいことが推測できます。
骨盤が割と倒れ気味なので大臀筋をシッカリ使うことができそうです。
画像 207 画像 208

コンタドールとアスタナのチームメイトのフォームです。
やはり日本人と比べると手足の長さが際立っていますね。
tc4.search.naver[1] d27b61d4[1]

シルベストサイクルのBGFITコーナーです!!
近々、更にBGFITコーナーをレベルアップさせていくつもりです。
皆さん楽しみにしておいてください!!

画像 201 画像 202

そして今回のブログテーマ初心者にBGFITがオススメの理由 です!!


1  BGFITをなるべく早い段階で受けることで悪い癖がつく前に
   自分のベースとなるポジションをセッティングすることができる。
   (体重・筋肉の付き方・柔軟性や体幹の強さなどによってポジションは変化しますが
    今現在の自分にあったポジションを出すことができます。)

2  フォームのつくりかた基本を知ることができる。
   明らかに駄目なフォーム・無理のあるフォームについての説明もしています。
   (店長の丹田まげや竹谷さんのフォームのつくり方・
    また解剖学的にみてどのようなフォームが負担が少ないかを説明します)

3  基本的なペダリングのメカニズム・ペダリングのトレーニング方法を知ることができる。
   (BGFITはもちろん竹谷さんのペダリング講習の内容や店長の理論を交えて)

4  セルフフィッティングの基準をつくることができる。
   BGFIT中にその基準について詳しく説明していきます。
   (最終的に自分の感覚が最も重要な要素になってきます。
    シューズのフィッティングと同じです!


5  自分の身体の状態についてより深く知ることができる。
   (ヘルニアの人はどうすれば悪化させないか?
   腸脛靭帯炎の人はどのように対処すればいいかなど・・)

6  シューズ・サドルの選択の基準ができる。
   (今までBGFITを受けた人はシューズサイズの大きい人が極端に多いです。   
   大きすぎるとクリーと位置もキチンと出ない場合もあります。
   サドル高1mmを気にする人が多いのに・・・何故なのでしょうか?)

7  クリートやインソールについての知識を学ぶことができる。
   (クリートはどこにつけたらいいでしょうか?   
   インソールの役割は・既成のインソールはどう選べばいいのか?
   インソールはどこで、誰につくってもらえばいいのでしょうか?)    

8  自分自身を客観視することができる。(第3者からの意見を遠慮や御世辞なしに聞くことができる)
   (皆さん自分のことを分かっているようで意外とわかっていないですね
    私自身もそうなのでよくわかります。)
   このことで自分自身を分析する事を学んでもらえます。
   (静止画・動画を用いて自分を自分でチェックしてもらいます
   (チーム員などにほんとうのことでもなかなか言うことができないこともありますよね)

9  自分のこれからの課題を見つけることができる。
   (自分のハンドル位置が高いのは何故か?どうすればかっこよくのれるのか?   
   BGFITを受けると、これらの疑問に正確に答えることができるので
   自分の課題が明確になり、練習のモチベーションを維持できます。)

10 3か月~4ヶ月後にも一度フィッティングを行うので、
   それまでの課題をつくり、目標設定ができる。
   (フィッティング2回で1回の料金です、課題を地道にクリアし
    4ヶ月後に驚くほどの変化を遂げた人もいます)

11 自転車にのるのに必要な筋肉の名称やトレーニング方法の基本がわかる。
   (これからのトレーニングや自転車生活の中で、自分の動作について知ることは
    皆さんにとって間違いなくプラスになるでしょう。意識性の原則

12 身体のケアの重要性について知ることができます。
   (アイシング・ストレッチ・リハビリについて各々に応じて紹介します。)

少なくともこれくらいのメリットがあります。
自分で試行錯誤するのも楽しいですがまずはBGFITをうけた上で
ポジション・フォームペダリングを自分自身でより深く研究し試行錯誤してみるといいでしょう。


sign.jpg Tour+de+France+2009+Stage+Two+ZO2AS5aUOWvl[1]

次はBGFITを受けるにあたってよくある質問です。

Q1 シルベストで買った自転車じゃないと駄目ですか?
A1 全く関係ありません、どこで買った自転車でもOKです。

Q2 どこのメーカーの自転車でも大丈夫ですか?
A2 もちろんですどこのメーカーの自転車でもかまいません。

Q3 BGFITはどれくらい時間がかかりますか?
A3 1回目は3時間~4時間です。
   2回目は1時間半から3時間です。
   人によって時間は変わります。
   サドルやハンドルをかえたり
   解剖学的に問題のある方はやはり時間がかかってしまいます。

Q4 BGFITは2回で1回と聞いたのですが・・?
A4 シルベストサイクルのBGFITは1回目を行い
   3~4ヶ月後にもう一度受けていただきます。
   身体は1カ月くらいで慣れるのですが3カ月くらいには
   完全に慣れていると思われるのでその時に2回目を受けていただきます。
   つまり2回で完全にフィッティングが終了すると思ってください。
   1回目にまとめて支払いで2回目は料金はいりません。

Q5 BGFIT後すぐにレースに出てもいいのですか?   
A5 出るのは構いませんが1ヶ月くらいは新しいポジションに慣れるのに時間がかかりますし
   筋肉もまだ慣れていません、1ヶ月くらいは少し注意してのったほうがいいですね。
   初めてロードバイクにのった時のことを思い出してください。

Q6 SPDでは駄目ですか?
A6 SPDでも可能ですが、できればSPDーSLかロード用ペダルがいいですね。
   そのほうが調整幅が大きいので融通かききます。

Q7 フィッティング料金以外にいくら位かかりますか?
A7 基本的にフィッティング料金とステムの交換料金くらいです。
   必要とあらばインソールやサドルの交換をお勧めしますが特に強制ではありません。
   むしろ家に余ってるステムやサドルがあれば気兼ねなくお持ちください。

Q8 どのようなかっこでいけばいいですか?
A8 いつも自転車に乗るかっこで来てください。
   出来れば身体のラインがはっきりとわかるレーシングジャージやパンツが好ましいです。
   しかしそのようなウェアがなくてもOKです。 
   ウェアの相談にも喜んでのりますよ。


これでBGFITを初心者の方が受けたほうがいい理由とQ&Aを終わりにします。
初心者の方も女性の方も気軽にBGFITを受けてみてくださいね!!

現在までに女性の方もたくさんBGFITを受けていただいています。
サドルの悩みのある方がほんとうに多いですね。
それはごく普通のことです。心配する必要はありません。
BGFITについて何か疑問や質問があればありましたら店頭で気軽に声をかけて下さいね。



BGFITについて興味のある方はこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html      BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html      BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html      BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html    今までのBGFITについての寄稿


1月の予約も私の出勤日はほぼ埋まってしまいました。
皆さんありがとうございます。
2月からの予約は土日祝を除きまだ空いております。
11月1日には3月の予定を出すつもりです。
待っていただく期間が長いことをお詫びいたします。
それではよろしくお願いします。
私自身BGFITTERとしてより成長していけることを楽しみにしております。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/804-fbbd9498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。