シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レースの遠征や雑誌広告の出稿等々々が重なって更新をサボっていました
すいません
お詫びに一番のお気に入りを披露します
20060719144348.jpg
3Tの「ビオモルフェ」です
このブログを始めようと思ったきっかけは「この凄いハンドルは紹介しないといけない!」と思ったから・・・といっても過言ではありません

そんなにいいのです。自分にはビシッとはまっています。
5万円近くもするハンドルなのに、ロードは2台ともこれです
私は、得意種目の関係もあって、ハンドルはドロップの部分を握る場面がよくあります。
だから特別ありがたみが強いのかもわかりませんが、
ドロップの部分を握ってのシックリ感、アール、角度全てが申し分なし
握った瞬間にアドレナリン&ドーパミンが滲み出てくる感じです(笑)
20060728143043.jpg
写真のようにブレーキが引けるくらいに深く握っても手首の上の部分がハンドルの肩に接触しません

アタックなどがあった際にダンシングにすぐに移れるし、ダンシング中に危険回避のブレーキングにもすばやく対応できます
指がブレーキレバーに届きやすい点もナンバーワン
リーチの短さもいまだにナンバーワンです
20060728143110.jpg
そのハンドルの肩の部分ですが、写真のように大きく横に張り出して、少し膨らんでいます
ここがもう一箇所プラスのグリップポイントになります
ブレーキを握っていてちょっと休憩というときや手のひらの痺れを緩和したいとき、ヒルクライムのリズム変化付けなどに好適なポジションで重宝しています
気になる価格ですがフレームが40万円・・・と言う金銭感覚ならこのハンドルは安いと思っています
剛性を気にされる大柄なスプリンターにはオーバーサイズも出ました。でも私は、衝撃吸収性が抜群で疲れ方が全然違う今のレギュラー径のほうがきにいってる、かな?
YU.jpg
この年になって言うのも変なのですが、昨年あたりから、自転車をなんとなくうまく操れるようになって来ました。これは、フレーム(オルベアのオパール)のせいもあると思いますがなんといってもこのハンドルおかげが一番でしょうね
(文責/てnち山)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/16(土) 05:49 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/29(月) 10:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/80-986393a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。