シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シマノ鈴鹿ロードレース」に、行ってきました。 寄稿 By.梅田店スタッフ、堀 きりこきりちゃんmini

私が、初めてシマノ鈴鹿ロードレースに出場したのが、
2007年の8月。
実に、3年ぶりの「シマノ鈴鹿」です。


私が、人生初めてのレースに出場したのが、このレースです。

 シマノ鈴鹿は、「老若男女」全ての方が楽しめる、
更に、ビギナーから、最速を目指すロード-レーサーまで、
幅広い方々が楽しめる、
まるで、お祭りのような楽しいイベントだと思います。
1_large.jpg
(ほぼ写真は、エキップリオン、上田氏・寄贈)

まずは、3年前の視点&(いずれ私も味わえる♪かな?)ファミリー視点から…。

私は、これまで、レース会場に見に行っても、
とても自分がレースを走るなんて、想像もつかず、
「人と競うなんて…」と思っていました。

しかし、鈴鹿に行って、
かなりたくさんの事に感動して、

こんな魅力的な・不思議な場所があるんだ…、と、
ジワジワとレース等にも興味を持ち始めました!!


初心者の方向けの、安全講習会をはじめ、
子供のためのウィラースクール。

たくさんのお子さんで盛り上がっていた・
大きなぬいぐるみと遊べたり、

クレープをはじめ、かき氷、松坂牛の牛すじカレー。
たくさんの楽しいお店が勢揃い。

たくさんのサイクルメーカーさんも出展されているので、
色んな質問をしたり、お買い物をしたり…。

小さいお子さんも、サイクリストの大人の方も、
皆で楽しめるお店が、いっぱいです♪

42_large.jpg
小さいお子さんも、レースにチャレンジ!!
小学生の男性・女性が、
F1コースと同じコースの、
ホームストレートで本気スプリントしている姿を見た時は、
物凄く感動しました。

お子さんにとっても、こんな経験、大冒険ですよね…。


まだ、レースに参戦したことのない方は、まずは、

1時間サイクルマラソンで、完走してみる。
             集団走行を、体験してみる。

2時間エンデューロで、チームで組んで、連帯感を味わってみる。
             同じく、集団走行を味わってみる。

完走が第一目的の種目ですから、
自分のペースで、おもいっきり楽しめるのが魅力!!

更に、少し自転車経験も増している方なら、
実際に、自分も、レースに出走してみる…。

~今の自分の段階にあったレースを選べるから、イイですよネ~。


私は、3年前、女子チームTTに出ました。
4人の力を合わせて、ゴールを目指します。
Pho002_070826_suzuka_okamoto_7089.jpg
シケインという坂道で、4人の足を合わせるのに苦労したり、
下り坂で、足を合わせるのに苦労したり(笑)、

笑いあり、励ましあり、の、大盛り上がりでした。

少しでも早く、しかもメンバー全員でゴールしたいから、
速すぎてもダメ、遅すぎたら、他のチームに負ける。

皆で協力して作り上げるのが、こんなにも楽しいなんて、知らない世界でした。

リオン女子
↑写真は、今年のチームTT女子。
 (エキップリオンの女子メンバー!!)
凄くカッコイイでしょ!!

そして、初めて出たオープン女子レース。
キツイと感じる場所があったり、「あれ?平気だ!」と思う場所があったり、

先輩女性ライダーが、果敢に先頭を引いているのを見て、
「私も引かなきゃ!!」と背伸びして先頭を引いたり。

背伸びしたものの、「割といけるやん!」と嬉しくなったり、
人によって、喜びシロは、様々だと思いますが、

チャレンジするという事が、
本当に色んな感動をたくさん与えてくれるので、
大好きになりました。




そして、3年後の、今の視点。

鈴鹿でレースと言う新しい世界に興味を持ち、
更に実業団女子に登録し、全日本選手権を目指すようになり、
ついに、海外レースに連れて行ってもらいました。

海外レースで感じたこと‥。
もっと男子のようなスピードで、
大人数の集団レースで経験を積みたい!!
新しい場所へ、行きたい。

それを叶えてくれるのが、ちょうど、鈴鹿の5ステージでした。

ikoma.jpg
(いこまさんアターック)

5ステージとは、2日間の鈴鹿のレースのうち、
1日目、3回レース。
2日目、2回レース。 合計5回のレース。

2日間で、5回もレースに出れる、とても面白い種目です。
6人1チームで、皆で総合タイムも、競います。

名だたる男性、名選手が集まる、250人のレース。
 「5ステージ」に、いざ、チャレンジです☆

私は、チームメイトの、
男性先輩選手達のチームに、混ぜてもらいました。

1回目、29.1kmのロードレース。
2回目、2.2kmの個人タイムトライアル。
3回目、23.3km、6人1セットのチームタイムトライアル。
4回目、11.2kmの、ショートロードレース。
5回目、40.8kmの、ロードレース。

ロードレースも、短いレースと長いレース、両方味わえますし、
なんと私の好きな、個人タイムトライアルもある!!
3年前、私が凄く楽しんだ、チームタイムトライアル(TT)もある!!

いざ、5ステージのレポートを書きます。


出走前は、チーム戦という名の下に、
各個人戦だと、覚悟を決めていたのですが、

なんとまぁ、チームメイトの皆の優しいこと!!!
レース前も、レース中も、レース後も、まさしく、
チーム戦です。助け合いです。
特に、レース中に、何度か私を、
集団の中で、走りやすい場所へ運んでくれた時は、
とても感動しました。


皆で、いい成績に望めるように‥。

333_large_20100831160632.jpg
私は、「チンクワンタSB」というチームで出陣です。
162_large.jpg
一日に3レースも走るので、アップもクールダウンも真剣です。
22_large.jpg

やはり、250人も走るレースですから、
せまい登り坂の後半や、コーナーがキツイ場所では、
集団が詰まります。

そんな場所では、知らないメンバー同士でも、
大きな声で、声を掛け合って、
「ライン・キープ!!」や、「ブレーキかかるよ」と、
注意を促しあうので、とても分かりやすかったです。

私達のエース軍団が集う、「クラブシルベスト」
彼らはまさしく、
チーム戦の繊細な作戦を組んで、
心からレースを楽しんで、挑戦していました!!
笑いの絶えない、楽しい雰囲気でした♪

そして、横で、作戦などを聞いていると、とても勉強になりました。

私の場合、作戦などという前に、
まずは、男子の速い選手達に千切れてしまっては、
お話になりません。

上手に集団を行き来できるようになってから、
初めて、自分のレースが出来るようになりますもんね。

最初、様子見で望み、
躊躇していると、どんどん後方に下がってしまい、
後方に下がると、一気にインターバルが強くなり、千切れてしまいます。

分かってはいるものの、雰囲気に圧倒されて、つい、控えめな姿勢で
挑んでしまいます。

私の今回の第一目標☆
「山崎てnちのレース戦法を後ろから学んで、レース感を養う!!」
でした。

しかし、なかなか、山崎てnちの後ろを死守するのも、大変でした(笑)
そんな中、学んだこと‥。
・安全な場所の見極め、行くタイミング
・脚の休ませどころ・使いどころ
・落車があった時は、大きくよけて、W落車を防ぐ

自分の事だけを決して考えるのではなく、
常に、かなりの事を考慮した背中に、私はまたまた感動しました。


山崎てnちも含め、たくさんの方に、勇気をもらった私。
沿道からの応援は、「ありがとう!!」ってすぐ側に行きたくなる位、
感激ものでした‥。

そんな私も5レース目になると、
「これで終わってしまうなら、攻撃的な姿勢で行かなきゃ!!」と、
やっと迷いが吹っ切れて、

集団の流れがある方を素早く察知して、流れの方に、乗る!!
インターバルがかかる場所の手前では、集中力。
遠慮したら、すぐに後ろになるから、ラインを固めて、存在感をアピールする。

そう思ったら、うまく集団の後方に行くことなく、
今までいた場所より、かなり呼吸がラクで、インターバルも少なめでした。

集団に位置する場所で、こんなに違うんだと、身をもって感じました。

この話を、男性選手に話すと、
すぐに、
「そうだね!そうだね!!」と、分かって下さいます。

いつも、こんな雰囲気で、レースを展開されているんですね。
女子のレースとは、また全然違った世界です。

皆さんのおかげで、ラスト5戦目では、先頭集団でゴールできて、なんと43位でした。

私は、私より、はるかに速いチームメンバーに混ぜてもらったので、
チームタイムトライアルは、私を待たなければ、
もっともっと、速いタイムでゴールできたはずです。

そんな中、「6人でゴールしよう」という作戦を取って下さったので、
私は千切れず、ペナルティタイムがつかず、
こんな好成績をもらう事ができました。
私にとっては、サバイバルタイムトライアル(笑)!!皆速かったから、必死でした(笑)
こんな素敵な経験をさせて下さって、
本当にありがとうございました!!

そのチームTTの効果が大きく、
5レースの総合成績でも、250人中、99位と、
ぎりぎり2桁の順位でフィニッシュを迎えました。嬉しいです♪


ぜひ、来年は、ますますたくさんの皆様で、
鈴鹿に行きたいですね。

ますます頑張って、練習したいと思っていますので、
(チームTT、もっと頑張りますので!!)
来年もまたどなたか、私と一緒に、5ステージ、組んで下さい(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/793-d0f08581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。