シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
img_759527_10701353_0[1]
カンチェラーラのTTバイクのフォームです。 このように乗れれば理想的ですね!!

20091121_952060[1] 
アスタナのチームTTの画像です。
揃った様に皆が同じようなフォームですね!!

骨盤を立てる・骨盤を起こす・背中を丸める・背筋をそらすなど色々いわれていますが
私自身フォームは、その人によって違うと思っています。
無理に自分のフォームを雑誌にかいてある通りに、こうだと決め付け矯正しないほうがいいと思います。
ヘルニアを持っている人などはその通りにすると
明らかにヘルニアが悪化してしまうフォームもありますので注意です。

背骨の柔軟性・骨盤の前傾角度・股関節の柔軟性・体幹保持力
競技年数による身体の代償作用の有無・背骨骨折・先天性の問題など過去の既往歴

シルベストサイクルのBGFITでは怪我の有無も含めて、
このあたりについても詳しくアドバイスしていきますよ。

BGFITは既に8月まで満員になってしまいました。
9月の土日も埋まりってしまいました。

9月の平日は現在まだ空いている日があります。
鈴鹿・乗鞍終了でシーズンを終わりにしている方はこれを機に是非受けてみてください。

初心者の方は悪い癖がつく前に是非!!
やっと少しづつ初心者の方が増えてきたのでとても嬉しく思っています。
初心者の方も気軽に店頭で相談してくださいね。

BGFITについてこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html      BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html      BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html      BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html   今までのBGFITについての寄稿



画像 675

トライアスロンコーナーもどんどん充実してきましたよ。

7月25日の舞州も気づけばあっという間ですね。
舞州に参加予定の皆さんもたくさんお店にきていただいています。

私も両膝は手術を勧められてるだけにやはりなかなか治ってくれませんが、

どのくらいの心拍を超えたランをすれば痛みがでるか
どのシューズでなら痛みがすくないか
これくらいの回転数を維持できれば痛みは少ないライドができるか
ウェットを着ると手だけで問題なく泳げるなど

今までのリハビリによりどのようにすれば
膝の状態をあまり悪化させないで参加できるかを把握したつもりです。
全力では無理ですが、とりあえずランは歩いてでも参加はできそうです。

皆さん頑張ってください!!
会場でお会いできれば声をかけてくださいね。

main_img_new[1]  
killa_perform380[1] 
今回はコンプレッションウェアについてです。

皆さん現在コンプレションウェアがたくさんありすぎて
どれを選んでいいのかわからない状態ではないでしょうか?
今回はそんな皆さんにオススメコンプレッションウェアの紹介です。

まずは最新入荷のオルカからです。

オルカのコンプレッションウェアはまだ取り扱っているお店が少ないので
人と違ったウェアが着たい人にはお薦めといえるでしょう。
しかし高品質で他社のものと差別化がはかれる商品
なのですぐに人気が出るでしょうね!!

先日アルフェラッツミーティング(初心者練習会)でも私自身この上下を着ていきました。
炎天下の中、そのコンプレション効果とUV効果・姿勢を適切に保つ効果
は素晴らしく次の日の疲労感がいつもよりはるかに少なく
膝の痛みも久しぶりの長時間ライドにもかかわらずいつもよりマシに感じました。
この素晴らしさについては後ほどこの記事の中で紹介していきますね。

しかし残念ながら店頭ではアルフェラッツミーティングの日に、
このウェアは上下とも一気に完売してしまいました(笑)
しかし現在すぐにフォローをして現在、店頭在庫もありますよ。

画像 677
写真のタイツはKilla Kompression Core Full Tightです。

トライアスロンコーナーにオルカのトライアスロンウェアとともに展示しています。
見た目もスマートで個人的に気にっています。


どのメーカーのコンプションウェアも素晴らしいのですが、
コンプレションウェアはあまりに多くの種類あるので
コンプレッションウェアは用途によって使い分ければ良いのではないでしょうか。

そしてその商品がどれだけ他社と明確に差別化がされているかが選択の基準になると思います。

もちろんUPF50+などUV機能の有無も大切ですね。
紫外線照射による皮膚への影響や熱による長時間の疲労の継続を軽減させるために
私はインナーは絶対にロングタイプのものを選択しています。
これならアームカバーやレッグカバーのようにずれ落ちてくる心配もないからです。


わかりやすいところでは以前紹介した4DMのように
膝周辺ののサポート機能がシッカリしており、サポートする筋群も明確化されているうえに
必要に応じて細かくパネルが分けてあり、膝裏がメッシュになっているのなど
他社との違いを明確に出来ていることが選択の条件ですね。

その他にも4DMは独自のセミオーダーシステム
や超軽量素材の使用をしています。
その点からも4DMはお勧めですね。
4DMも大人気ですよ。
トライアスロンコーナーに展示してありますよ。

4DMのセミオーダーシシステムについてはまたの機会に紹介させていただきます。

h2h1gvvhh 037 h2h1gvvhh 040
店長の記事はこちらです!!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-759.html

そして一枚パネルのものよりは数枚のパネルを使い分けてある物がお勧めです。

あとはコンプレションの圧の強さですが、これは個人の好みにもよりますが
あまりにも強過ぎるもの、あまりにも履きにくいものは少し考える必要があります。
履くのも辛い商品はやはりあまり履かない可能性があるからです。
しかし本当に筋肉の疲労感の強い人が短時間履くのにははお薦めですね。

そして疲労回復のために寝る前に着用するのも注意が必要です。
コンプレッションウェアの中には睡眠時に着用してはいけないものもあるからです。
私のような布団に入ると反射的に眠ってしまうような人はスキンズのように
寝てる間も課着用できるものが良いでしょう。

そして縫製も重要ですね。法制部分はシームレス・もしくはフラットシームのものが良いですね。
それとタグです・タグの部分がプリントであることも意外と重要です。
擦れや蒸れはかなり不快感につながるからです。

あとは当然ですがサイズの選択ですね。より適切なサイズ設定がされてるかが重要ですね。
スキンズの400シリーズなどは凄いですね!!
a400_lt[1]
コンプレションウェアでここまで詳細に設定されていると理想的ですね。

それとデザインです。
ウェアそのもののデザインがいいのはもちろんなのですが、
インナーなので正面のロゴがジャージをあけたときに見えるとこにあるのは大きなポイントです(笑)
これらのことは普通のウェア選びでも重要ですね。
私は最低これらのことを基準にウェアを選びます。

このイメージはかなり好きです。
471e51500f469c0da928c1316ed39964[1]

そして上半身の私の一番のお気に入りはこのウェアです。
Killa Kompression TOPです。
正面のロゴもジャージをあけたときに見えるとこにありますね(笑)
つまらないことですが意外と重要視されてる人も多いのではないでしょうか?
画像 678

下の写真が背面の写真です。背面パネルもなかなかかっこいいですよ。
実はこの背面の部分にこのウェアの最も特徴的な効果の秘密が隠されています。
私はそれが最も気に入っています。

それは着るだけで胸が開き自然に綺麗な姿勢がとれるというところです。
ワコールやアシックスから類似品は出ていますが
自転車メーカー関連のコンプレションウェアでは他にはないのではないでしょうか?
ランの時には骨盤をしっかりと前傾させ綺麗な姿勢をとる事が重要となってきます。
その意識付けのためにこのウェアはすごく効果的です。

もちろんライクラを使用しておりUPF50+で、
70デニール・サーキュラーニットです
 適度なコンプレッション圧でとても着やすいです。

ライクラとは、デュポンの開発したポリウレタン繊維のことです。
従来のポリウレタンに比べ型くずれやしわになりにくく、
今までにない快適な着用感を実現。自由に身体を動かせます。

デニールとは化合繊やシルク(絹)の糸の太さの単位で、9,000m当りのグラム数のことです。
D(Denier)で通常あらわします。
75D(デニール)”の糸は9,000m当り75gある糸と言う意味です。

つまりデニール数が大きいほど分厚くなります。
ちなみに女性用の70デニールの弾性ストッキングは
脚の疲れ、むくみに悩まされている方に欠かせないと言われています。

私はランとバイクの時に着ています。
ランでは姿勢が綺麗になり骨盤をしっかり前傾させた姿勢を意識できます。
バイクでもこれは同じです私は骨盤を前傾気味でのるタイプなのでこれは役に立ちます。
その他スイムで肩甲骨や肩周りが疲れているとき
練習後に筋肉疲労の軽減のためにも着用しています。


~メーカより抜粋~

長袖トップは多目的に使用ができ、それだけで着る時や、
または他のウェアの下に着ることが出来る多目的に使用できる
理想的なコンプレッションウェアです。
70 デニール、サーキュラーニット Killaskn Kompress 素材でUPF50+です。
筋肉をサポートする体の起伏にあった3Dパネルカット。 運動前、中、後に使用可能。


画像 679


次はKilla Kompression Perform Full Tightです。
これも現在、試していますがかなり気に入っています。
履き心地の圧の感覚でいえはリガード以下2XU以上といった感じです。
これは2XUと同じ70デニールなのですがパネルを場所によって使い分けているからだと思います。
画像 680

このウェアはまさに運動中のパフォーマンスを向上させることに
特化したコンプレッションウェア
です。
膝や足首・腰周りなど重要な部分のパネル(生地の伸縮性)や圧を変化させることで
筋肉のブレを防ぎ、筋肉を適切な圧をくわえることにより運動中のパフフォーマンスを向上させます。
パフォーマンスの向上を望む方は一度試してみてはいかがでしょうか。


メーカーの推奨方法とは違うのですが
私は実際これを着てバイクとランをしています。
もちろん膝の怪我があるので、
長時間ではなく短時間なのですが・・・。
筋肉を適切にサポートしてくれるので
結果的に膝にかかる負担が少ないと思います。

実際にこれを履いて30分ローラーをした後は
膝の痛みがいつもより少しましな気がします。


もちろんトレーニング後すぐに回復を促すためにスポーツバルムを数種類塗ってから
このウェアを3時間ほどはいています。
中年を過ぎたスポーツ好きにとってトレーニングで大切なのはやはり回復ですもんね。

~メーカーより抜粋~足首付近から段階コンプレッションを与え、
体内の循環をよくし、血液を心臓付近へ押し戻します。
段階コンプレッションゾーンはダブルの厚さのコンプレッション素材からできており、
UPF50+で更なる効果を生む主要な筋肉群に沿った形となっています。
バックのウェスト辺りに特別コンプレッション素材のパネル。
バックへサポートを提供します。
血液循環、筋肉サポート、回復を助力するために運動前、後の使用に最適です。

回復を望む人に特にオススメです。


私は本当はコチラが良いみたいです。
Killa Kompression Core Full Tight
画像 677

~メーカーより抜粋~
オルカのKillaskn Kompress 素材を使用し、UPF50+です。
足首付近から段階コンプレッションを与え、体内の循環をよくし、
血液を心臓付近へ押し戻します。
血液循環、筋肉サポート、回復を助力するために運動前、中、後の使用に最適です。

着圧が少し弱く、運動中にも使えるので最もオススメのウェアといえるのではないでしょうか?
また私も購入し実際にはいて履き比べてみるつもりです。


ちなみにカーフ専用スリーブコンプレションソックスもありますよ。
Killa Kompression SocksKilla Kompression Calf Sleeveです
画像 682


~メーカより抜粋~

Killa Kompression Calf Sleeve
新しいOrca Compression Calf Sleeveは、Killaskin Kompressionを使用し、
calf muscle(ふくらはぎ)をサポートします。
体の起伏に沿ったパネルとコンプレッション素材が、
血行を高め、筋肉のパフォーマンスや回復を助けます。

Killa Kompression Socks
Orcaの新しいKilla Kompressionソックスは、
段階コンプレッションとアナトミック形状のパネルを使用しています。
そして運動の前、中、後でも優れたパフォーマンスを提供するテクノロジーを安定化させます。
素材は、自然抗菌、耐悪臭性の竹繊維からできており、
快適さと安定性のために左、右用が特定化されています。 つま先とかかとにパット付き。
ミッドソールは高い通気性があります。

これらはユニセックスです。
スタッフのきりちゃんは靴下のタイプが気に入っているそうですよ。


個人的にはやはりロングスリーブロングタイツタイプなのですが。
コンプレッションウェア初心者の方は
まずはこちらか試してみるのもいいですね。
デザインもシンプルでとてもいいですね。

471e51500f469c0da928c1316ed39964[1]


詳しくはこちらをご覧ください!!
ダイナソア・オルカのコンプレションウェアのホームページです。
http://www.dinosaur-gr.com/killa/products.html
ホームページはまだ準備中のところが多いのですがこれからが楽しみです。


次回はスキンズ400シリーズと
リガードのソックスを紹介しますね!!

特にスキンズの400シリーズは他社の商品の一歩先をいったかなという印象を受けます。


皆さんコンプレッションウェアをそれぞれの用途によって使い分けてくださいね

70726f647563742f736b696e732d30303132372e6a70670033303000[1]


画像 687
画像 684
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/08/05(木) 23:01 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/773-64d05c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。