シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追記:7月5日にこの記事をアップして
    このトライアスロンシューズが
    7月6日一日で5足も売れてしまいました。
    このシューズの注目度はやはり高いみたいですね!!
    
    私もこれを使って1週間ほどゆっくりランニングしていますが、
    確かに軽い割にクッション性があり、グリップがしっかりとし安定性も高いですね。
    でも特質すべきはやはりラウンドソールの効果なのか
    脚が前に進み、重心移動がスムーズになり、ランの姿勢が良くなることですね!!
     


シルベストサイクル梅田店のトライアスロンコーナー
もどんどん充実してきました。
特にDHバーサドル・コンプレッションウェアが大好評です。

この人も知ってのとおり、もとはスイマーでトライアスリート!!
そして2011年は再びトライアスロンに参戦の噂もちらほら・・・・。
0711072[1]
この人物はもちろんランス・アームストロングです。
この肉体・体脂肪率はやっぱり凄い。
特にコアの部分の充実には感心させられますね。

0907262[1]
TT-BIKEのフォームも見習いたいですね。
ちなみにラクダのコブ?の正体は脊椎分離すべりがあるためです!!
みての通り骨盤の前傾角度は凄いです。 
今年のツールが楽しみですね。

画像 028
そして今回はシューズです。
あのSCOTTのトライアスロンシューズが入荷しました!!

SCOTT ROAD RACING TEAM
チーム コメルツバンクも使用する、
本格的トライアスロンシューズです。
画像 033

2006年アイアンマンのチャンピオンノーマンスタドラーはこのチームの一員です!!
日本でもトップトライアスリートの塩野絵美選手・佐藤ひろみ選手・松丸真幸選手 
その他にも多くのトライアスリートがこのシューズを履いています。

ラインナップは全部で4種類ありますが、
シルベストサイクルではトライアスロンモデル2種類を扱っています。
画像 030

その2種類はT2PROT2Cです。
現在それぞれ25cm~27cmまでの在庫があります。

T2PROはサイズは24cm~29cmまで取り寄せ可能です。
T2Cは23cm~29cmまで取り寄せ可能です。

このシューズは現在トライアスロンコーナー正面に展示してあります。
画像 025

東京では、すでに話題沸騰でランナーズや
ランニングマガジンクリールなどにも掲載されています。

しかもクリールの初級者から上級者まで150人のテスターの投票で
31種類のシューズの中で見事総合1位に選ばれています。

1位 20  T2C(スコット)
2位 18  アディゼロジャパン(アディダス)
3位 11  ウェーブスペーサー(ミズノ)
4位 10  アディゼロボストン(アディダス)
5位 10  ゲルDSトレーナー(アシックス)

名だたる有名ブランドを押しのけての1位獲得です!!

関西の自転車販売店での取り扱いは、ここシルベストサイクルのみです。
画像 670

もちろん店長も私も堀も仕事中にも使用しております。
興味のある方はぜひ気軽に声をかけてくださいね。

画像 029

そしてまずこのシューズの驚きのポイントは軽量性
踵の部分をワンタッチで開くことが出来るということです。
このヒール・オープンスタイルの
クイックエントリーシステムが素早いトランジションを可能にします。


私も仕事中にも使用していますがその脱ぎ履きのしやすさに驚かされました。
ヒール部分の開け閉めの操作もいたってシンプルですよ。
なんと後ろにある紐を引っ張リ、それをワンタッチでとめるだけですだけです。

そしてこのシューズは通気性がいいことはもちろん
ソールには水抜のための排水溝が開いているので
足が水に塗れていたとしても水抜けがとても良いです。

そして今話題のラウンドソール(見た目はフラットソールに似ています)なので
踵からつま先への抜けが大変いいのが特徴です。

雑誌のインプレでも脚が前に出る感じ
どんどん加速していく感じとあります。
あとはグリップがいいですね。

メーカーの方の話では、ラウンドソールのイメージと特徴は
ランの蹴りだしのイメージより
自転車でペダリングをする感覚のままでで脚が動いてくれる

ということです。

雑誌の総評では
「船のそこのようにラウンドしている
どこで接地しても靴底が転がって身体を前に運んでくれる
不思議な感覚で走れるシューズだ。
不思議ではあるが不自然ではない。
それが多くの票を集めた理由の一つだろう。」


そのほかにも着地から蹴りだしがスムーズにおこなえる印象など大絶賛です。

画像 669
 
投票でも初級者・中級者・上級者の方に満遍なく人気があり、
このシューズの完成度の高さを表しています。

つまり上級者は衝撃吸収はないが
軽くてグリップ力のあるシューズを好む傾向
にあり
初級者は着地安定性と衝撃吸収を求めている。

両立させることが難しい性能を
独自の設計で解決したT2Cは注目のシューズですね


私自身の使用感も
とにかく軽量でそのわりにクッション性もしっかりしており
ラウンドソールのおかげで脚が自然と前方に振り出される感じで
骨盤がしっかりと前傾し、ランニング中の姿勢もよくなる感じがしました。
安定性もあり凄くよく出来たシューズだという印象を受けました。


画像 027

ちなみに気になる重量は実測値で
T2PRO(オープンできるほう)は  27.0で225gで24.5は180gです。
T2C(ノーマルシューズ)で   27.0で245gで24.5は195g・ちなみに235gは175gです。

梅田店には両シューズとも26・5のお試しサンプルがありますよ!!


興味のある方はシルベストサイクル梅田店の
トライアスロンコーナーに起こし下さい。


h2h1gvvhh 002


BGFIT既に8月まで満員になってしまいました。
これからは9月からの予約になります。
鈴鹿・乗鞍終了でシーズンのを終わりにしている方は是非受けてみてください!!
初心者の方は悪い癖がつく前に!!

BGFITについてこちらをご覧下さい。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-648.html BG FIT担当者体験談
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-649.html BG FIT担当者自己紹介
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-755.html BGFIT 初心者の皆さんへ
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html今までのBGFITについての寄稿




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/767-552011c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。