シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は以前に「稼動域負荷」(可動域じゃないですよ)というお題で
「これはエエよ」の記事を書いたことがあります

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-384.htmlGFUFJH_20080129073944s_20100316095314.jpg

上体を屈めてわざと苦しい姿勢から出力を搾り出すことをオフの練習の時に意識的にしておいて

前年までの前傾姿勢を今年はより楽に克服・・・したり
(ペダル回転弧の直径に規制されてしまう自転車の特殊性から)
固定的に使用してしまいがちな自転車競技の筋肉稼動域を
そのちょっと外側を使うことによって・・・
稼動域内のパフォーマンスをもより伸ばす効果を狙ったりしています

そのために
私のバイクには、着脱しやすい形で
アタッチメントエアロバーを取り付けることが多いのです

それで、内作でこんなものを作って使っていました
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-415.html20080326232138_20100316101647.jpg
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-4.html

結構たくさん作ってお客さんにも喜んでいただいていたのですが
昨今はバーがOS化され太くなって、使用できなくなってきました
(勿論OS用もいくつか作ったのですが、内作のため面倒で遅滞していたのです)


勿論
市販の物を使う手はあるのですが・・・
カーボンバー全盛の今は、従来からあるタイプのアタッチメントバーは
ハンドルバーをつかみつぶしてしまう危険性が高くって
なかなか使う気になれませんでした

いや、
探せばこういうバーを直接つかまないものもあるにはあったのですが
20090222185641.jpg
ステムの種類や入手性に問題があったり、アタッチメントバーの形状の制限から、触手が動くに至りませんでした


そんな中で

今回のお奨めはこれ↓「オーバル」です

画像 129
画像 131
写真で分かるように
ステムの前キャップから脚というか、アタッチメントバーをつかむホルダーが突き出ています
これなら、
ステムキャップ部の交換だけでアタッチメントバーユニット全体の着脱が簡単にできて
しかも、
ドロップバーを直接つかむわけではないので、バーを傷めません

アタッチメントバーに相当の荷重をかけてもステム本体に荷重がかかるので
かなり安心して体重をアタッチメントバーに乗せられます

ステム本体の長さ、角度、色など供給製も豊富なのでこの点でも安心です

この「オーバル」
良いのは分かっていたのですが
とにかく高価で(コンプリートエアロバーは一時52万円もしていた)
欲しくても買えなかったのですが
この春
国内代理店の変更に伴い破格値で入荷しているんです(主に梅田店…ただし少量です)


私も早速カーボン素材のグレードの物を買って使用しています
・・・が
私はこれらエアロアタッチメントバーには30年に渡るこだわりといいますか
ちょっとうるさいので(笑)少し工夫を加えました
h2h1gvvhh 038
お察しの通りアタッチメントバーをハンドルバーの上ではなく下を通したのです
これはステムキャップを上下さかさまに付けるだけでできました
より窮屈な「稼動域負荷」をかけるための変更です

ヒジ受けの角度にもこだわっているのです 実は
エアロポジションを取っていて、とっさのブレーキング時に
ヒジ受けから腕を外し易いほうを優先した角度にしています

ヒジ受けはハンドルバーの上にナイロン帯でじかに縛り付けているのですが
そのままではグラグラします
そこで登場させたのがこれです
h2h1gvvhh 033
これは「おゆまる」(←クリック)と言って、お湯で軟化して自由に成型できる消しゴムほどの硬度の樹脂なのです
ヒジ受けとハンドルバーの間に軟化させた「おゆまる」を挟み込んで型を整え固め
ナイロン帯でしっかり固定します
h2h1gvvhh 034

こんな感じで美しくまとまったと思っています
h2h1gvvhh 036

エアロポジションの効果は実にテキメンで
(この姿勢を維持するには相当強靭な体幹部筋肉が必須ですが)
ここを握ったとたんにメーター上のアベレージワット数が3~40wすぐに上昇してくれます

(一番鍛えておきたい)大臀筋を鍛える効果も高いようです
筋肉痛が実に心地いいですねぇ(笑)



オーバルのアタッチメントバーの種類は色々あり
少しややこしいです
詳しくはシルベストサイクルののむらやかなもり&私にお尋ねください
ここで新着情報として紹介しています
http://clubsilbest.blog61.fc2.com/blog-entry-4410.html20100225130450cb7s.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/721-2a219792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。