シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BG FIT 担当者の溝端です。今回はBGFITについてではなく、商品の紹介です。
そろそろシーズンインですね。皆さん体調管理は万全でしょうか?

BGFITについてはこちらをご覧ください。過去の記事を見る事ができます。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


レースシーズンの必需品の一つにスポーツバルムがあります。
本国のホームページです。より詳しくスポーツバルムを紹介しています。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_lr3_g.php

2008年には ラボバンク ミルラム スキルシマノ CSC や アスタナ などもサポートしていますね。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/news.php
TIME チネリ スポーツバルムなどで有名なダイナソアのホームページです。
http://www.dinosaur-gr.com/index.php

チームの中にはこのアロマを嗅ぐとテンションが上がるという方がいるくらいです。
レース志向のかたにはスタートオイルとしてかなり浸透してきたのではないでしょうか?
スポーツバルムはオランダで研究・開発されているスポーツのためのケア用オイルです。

この冬は前回のメーカー主体の講習会のおかげで
シルベストサイクルではプロラインのレッドシリーズはもちろんベーシックグリーンが大活躍しました。
このジェルは運動後の筋肉のアイシングを促すジェルです。

私も出先で筋肉の炎症を感じたときやトレーニング後のケアに頻繁にお世話になりました。
実際このバルムは最も人気のあるバルムのようです。

画像 087

■クーリング・マッスル・リラクサント
■疲れたときのアフターケアに。

【容量】125ml
【含有成分】水、イソプロパノール、カンフル、プロピレングリコール
セイヨウハッカ油、ローズマリー油、アルニカエキス、グリセリン
水酸化ナトリウム、エデト酸、青1、黄4

ローズマリー油は、患者を鎮静させすぎずに痛みを緩和してくれる薬剤で、痛風邪、リウマチ痛みを和らげ、
オーバーワークして疲労した筋肉を楽にする力があります
そしてこの香りは脳細胞を活気づけ、頭脳を明断にして記憶力を増進させます。
つまり精神的な過労、頭脳の不活発全般、無気力に効果があります

アルニカエキスは、抗炎症、刺激緩和、保湿、血行促進があります。

カンフルは血行促進作用や鎮痛作用、消炎作用とがあります。
アロマに興味のある女性の方はアロマについては詳しい方も多いようですね。


このグリーンシリーズは店長がよくいうところの回復系と言えるのではないでしょうか(笑)
選手のなかにも回復系としてグリーンを使用している方がいるようですね。
http://rie-katayama.aspota.jp/2009/10/post_164.html
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_g.php

比較的中高年の比率の高い(笑)自転車競技においてやはり
     回復 と ケア
2ワードはこれからキーワードになっていくと思っています。

簡単にスポーツバルムのラインナップについて説明すると
イエローとレッドは基本的に温度によって使い分けるスタートオイルです。
大まかにはイエローが暖かい時期(春から夏にかけての運動前に)
レッドが寒い時期(冬や低温時、雨天などに)といえるのではないでしょうか。

ブルーは肌と衣類の摩擦を防ぐためのオイルですね。(シャモア)

グリーンはスポーツ後に使うマッサージオイルとして利用し回復に役立ちます。
(運動後のボディーケアに最適です)
また、外気に当たった皮膚の手入れも大切です。皮膚をクールに保ち、
マッサージの時のすべりを助けるオイルがグリーンシリーズです。


クーリングローションは日焼け止め・皮膚をクールにしウォッシュローションはバルムの除去に使用します。



スポーツバルムの基本的な使い方がより詳しく分かりやすく紹介されているのでこちらをご覧ください。
http://www.dinosaur-gr.com/sportsbalm/180-181sportsbalm/index.html

大まかにこのスポーツバルムの特徴をまとめるとこういった感じです。

スポーツバルムは、気温やタイミングに合わせ筋肉のコンディションを整える最新の
 コンディショニングオイルです!!

■スポーツの前後にスポーツバルムを皮ふに擦り込むだけで、筋肉に浸透して能力をフルに
 発揮させ、同時に故障を防ぎます。
■ウォームアップには筋肉の運動に適した温度38~39度Cに近づけるレッドまたはイエロー、
 クールダウンにはグリーン等、幅広いラインナップです。
■トップレベルのアスリートから、一般的なスポーツ愛好者まで、筋肉を酷使する人々を守る
 力強いパートナーです。
■スポーツバルムは、オイルベースなので素早く筋肉に浸透します。
スポーツバルムに使用されているエッセンシャルオイル類は、植物の葉、花、樹皮、根、
 その他の部分から抽出された自然の成分を使用しています。


今までもスポーツバルムについてはブログで紹介していますし
講習会なども開催しております。以前実施された講習会の案内を紹介しておきます。
機会があればスポーツバルムとセルフマッサージの方法を交えながらの講習会も出来ればと思っています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-660.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-16.html


スタッフ堀と店長山による現在までのスポーツバルムの紹介ブログも間単に紹介しておきます。

スタッフ堀の投稿
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-666.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-665.html

店長の投稿
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-88.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-145.html
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-62.html




私が現在担当させていただいている、BGFITの本来の目的の一つは
より快適に怪我なくロードバイクに乗ることだと思っています。
つまり正しいポジションと無理のないフォームで自転車にのることは
効率よくライディング出来るようになることはもちろん,怪我の予防にも繋がっているということです。

アンディープルーイット氏もサイクリストのためのメディカルガイドを出版しているように
サイクリストの怪我の予防とケアのスペシャリストです。
http://www.amazon.co.jp/Pruitts-Complete-Medical-Guide-Cyclists/dp/1931382808
彼の書籍の中でもアイシングと補強運動・ストレッチとセルフマッサージ
怪我の予防と緩和・再発防止に重要な要素として取り上げられています。
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html


そしてこのスポーツバルムはレース前のウォームアップ
レース後のクールダウンの役割はもちろんマッサージとの併用により
疲労軽減や
スポーツ障害の予防や怪我の緩和に役立つ
回復のためのコンディショニングオイルとしても役立つのです。


皆さんにロードバイクライフをより長く痛みなく楽しんでもらうために
身体のケアは最も重要な要素の一つです。
だからこそ皆さんにしっかりとしたオイルを使ってほしい。

このことがスポーツバルムの開発者の意図しているところだと思います。

やはり怪我をしていては、せっかくの自転車も楽しさは半減してしまいますもんね(苦笑)

練習後のケアといえば入浴とストレッチという方も多いのではないでしょうか?
しかしツールドフランスやヨーロッパなどではオイルマッサージやアロマセラピー等は
運動後のケアとして積極的に取り入れられているようです。

私たちもスタートオイルとしてのスポーツバルムだけでなく
運動後のケアとしてもこのスポーツバルム
セルフマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。


私は現在、手術を要するような重度の腸脛靭帯炎を患っていますが
手術ではなく、リハビリで何とかしようと奮闘しています。

そのためストレッチ・アイシング・膝関節以外の下肢の補強・体幹トレーニングに加え
今回スポーツバルムセルフマッサージも試してみることにしました。


腸脛靭帯炎はランナーとサイクリストが最も患いやすいスポーツ障害です。
皆さんも膝の外側のスジに痛みを感じたら、帰宅してからすぐにアイシングをして
腸脛靭帯のストレッチを行ってくださいね。

早期に手を打ってしっかりとケアして慢性化させない。
このことは病気でも怪我でも全く同じことです。

早期発見・早期治療が大切です。そしてその前に自分の身体と相談し無理をせず予防することが最も大切です。
アイシングの効能と注意点を載せておきます。急性炎症の際はアイシングが役に立ちます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_(%E5%86%B7%E5%8D%B4)

私は現在スポーツバルムを自分の状況にあった使用法で試みていますが
これからも実際に、この方法を継続して試していくつもりです。
この状況もまた定期的にこのコラムで紹介していきたいと思っています。

まだスポーツバルムを身体のケアとして本格的に使い始めてそんなに時間はたっていないのですが
現在、立位と歩行時の痛みが少しづつ緩和されてきた気がしています。
薬品ではないので即効性はありませんが、
焦らずに長期間じっくり使用することで少しづつ前に進んでいければと思っています。



具体的にどのような方法でスポーツバルムを使用しているのかといいますと、
まず下肢全体を入念にストレッチしたあと、
リカバーオイル足首から膝周り、股関節付近まで薄く塗ります。
ポイントは膝はもちろん足首や股関節周辺までしっかりと塗ることです。
下肢全体を軽くマッサージをすることで下肢の筋肉全体をほぐす役割があります。


次にウルトラ・バルムを膝周り上下2cmあたりに薄く塗ります。
ウルトラバルムは店長もお勧めの筋疲労の回復と痛めた部分に効果的なバルムです。
(私の場合、これをアキレス腱周辺や股関節に塗るのも効果的なようです!)


そして約15分後にレッドの3番をしっかり塗ります。
しかし3番の塗りすぎは禁物です。
特に就寝前にあまりに過剰に塗りすぎると熱感が強いので気をつけて下さい。
レッドの3番は筋肉痛、スポーツ障害の予防に役立ちます。

特に冬場は寒風で皮膚や体温は下がり、活動している筋肉や血管が収縮します。
同時に筋肉への血流が低下します。筋肉を暖めることによって血液を送り込む手助けをし、
体温を逃がさず、筋肉を運動に適した温度に維持させることができるのです。
そのため基本的にレッドの3番は冬場(氷点下から15℃位まで)に適したバルムです。


私はこの一連の流れを実行することで慢性的に炎症を起こしている靭帯にたいして
スポーツバルムによる消炎鎮痛効果と温熱効果を期待しているのです。


その後、脚全体簡単にセルフマッサージをして就寝です。
セルフマッサージの方法にについてもこのコラムで紹介するつもりです。

現在、慢性的に炎症をおこしている靭帯が原因で、脚全体の筋肉も通常よりも遥かに緊張しています。
実際に下肢の筋肉は業務終了後、パンパンに張っています。
特にふくらはぎや大腿の外側にきつい張りがあります。
立ち仕事のため実際は一日中立っているのはかなり辛い状態です。

そのためまずは筋肉全体を柔軟に保つために常に筋肉をほぐしておく必要があります
そこで腸脛靭帯のストレッチだけでなく下肢のストレッチも入浴後に入念に行っています。
もちろん隙間時間を見つけてはできる箇所をストレッチするようにしています。
もちろんこの他にも下肢の補強や体幹のエクササイズも時間をみつけ行っています。

スポーツバルムを使用することでこれらのリハビリを
よりいっそう円滑に実施することが出来るようになれば嬉しいですね。
スポーツバルムはトレーニング後の回復系サプリメント的な役割を果たすことが出来ると思っています。

これからもスポーツバルムについての知識を吸収し
その人に応じたアドバイスを適切に指導できるスタッフになりたいと思っています。



私が現在使用しているスポーツバルム説明も載せておきます。
今後、他のスポーツバルムについても紹介していくつもりです。
実際ヨーロッパでのバルムの使用方法はメーカーカタログより遥かに奥が深いようです

画像 084


《特 長》
■リカバーオイル
■お風呂上りや就寝前の使用が効果的です。
グリーンシリーズは、試合の合間や運動終了後、さらに
入浴後や就寝前に疲れた部分に擦り込むように塗ってください。

【容量】150ml
【含有成分】ダイズ油、ティーツリーエキス、アルニカエキス、
ローズマリー油、ユーカリ油、セイヨウネズエキス、ハマメリスエキス、
イタリアイトスギ球果エキス、ハッカ水、マヨナラ花油

ティーツリーエキスには、殺菌・消毒力や免疫を高める効能があります。
ローズマリー油は、患者を鎮静させすぎずに痛みを緩和してくれる薬剤で、痛風邪、リウマチ痛みを和らげ、
オーバーワークして疲労した筋肉を楽にする力があります
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_g_oil.php

画像 083

《特 長》
■ウルトラ・バルム
■スポーツ後や普段の生活時に使用します。
グリーンシリーズは、試合の合間や運動終了後、さらに
入浴後や就寝前に疲れた部分に擦り込むように塗ってください。

【容量】150ml
【含有成分】ワセリン、ミネラルオイル、アルニカエキス、
セイヨウネズエキス、トウキンセンカエキス、ハマメリスエキス、
サリチル酸メチル、ティーツリーエキス

ワセリンは皮膚呼吸を妨げずに皮膚表面を覆い風雨などによる筋温の低下を防ぎ パフォーマンスを維持します。
トウキンセンカエキスは肌の炎症を抑え、肌の余計な脂を取り除いてくれるキク科のハーブです。
ハマメリスエキスには炎症を静める効果傷を治癒する効果があります。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_g_balm.php

画像 086

《特 長》
■ホット・バルム
■気温0度以下~5度
■体感温度の低いときも、スポーツに適した筋肉の温度を
保つことをサポートします。
■ウォーミングアップに。
レッド2よりさらに強力なウォームアップ効果。
レッドシリーズは運動開始の15分前にスポーツでよく使う
筋肉に擦り込むように塗ってください。

※洗浄にはグリーン4の使用をお勧めします。

【容量】150ml
【含有成分】ミネラルオイル、ワセリン、サリチル酸メチル、
ティーツリーエキス、パプリカ色素、トウガラシエキス、チョウジ油

トウガラシエキスには強力な血行促進効果があり、育毛剤、皮膚刺激剤、毛根刺激剤、止痒剤として使われます
チョウジ油には、胃腸の消化機能を促進したり、体を温める作用があります。
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_all_r_hot.php

画像 087

《特 長》
■クーリング・マッスル・リラクサント
■疲れたときのアフターケアに。

【容量】125ml
【含有成分】水、イソプロパノール、カンフル、プロピレングリコール

セイヨウハッカ油、ローズマリー油、アルニカエキス、グリセリン
水酸化ナトリウム、エデト酸、青1、黄4
http://www.sportsbalm.com/prod_eng/prod_lr3_g.php



さあ来週からついに本格的にレースシーズンが始まります。まずは広島ですね。
皆さんしっかりと身体のケアをして、怪我なく今シーズンを乗り切りましょう!
そして現在、私と同じように怪我や病気で自転車に乗れない方
諦めずにリハビリトレーニングに励みましょう。

腸脛靭帯やその他の身体や怪我のケアについて有益な情報がある方は連絡ください。
少しでも多くの有益な情報があれば多くの同じようなサイクリストのアドバイスになるからです。
そして店舗でもBGFITでもこのコラムでもそれらの情報を皆様に還元していくつもりです。
今回はまず最も身近で更なる可能性のある、スポーツバルムの紹介をさせていただきました。

もちろん怪我をされている方だけでなく一般のユーザーさん向けにも、
スタートオイルとしてのバルムや回復のためのマッサージオイルとしてのバルムについても紹介していきます。

特にこれからのシーズンに必須のイエロー
グリーンのリカバリーオイルとウルトラバルムは自分でも使用してインプレするつもりです。


これからもBGFITとコンディショニングとトレーニングについて
より有益な情報を皆様に提供できればと思っています。
皆さんよろしくお願いします。リハビリトレーニングもめげずにしっかりと続けていきます。
今はやっぱりスイムしかないですね。



本日のリハビリトレーニング

ストレッチ                5分

スイム

アップ ヘッドアップクロール    10分
インターバル 40秒10秒レスト   12本 10分
ダウン ヘッドアップクロール     5分

アークマシン              30分

サーキットトレーニング(前面メイン)30分

プッシュアップ(ナロウ ノーマル ワイド)
リバースプッシュアップ  ショルダープレス サイドレイズ
フロントレイズ シュラッグ シットアップ(5種類)
アームレッグウイズ エルボートゥ etc      


レスト間にランのフォーム改善エクササイズを実施


  
ストレッチ                 10分

     

               合計  約1時間40分



やっとスイムでしっかり心拍をあげれるようになってきました。
しかし課題は「脱力」です。やはりまだかなり力んでしまいますね。
次は力みを抜くための運動も試していく必要がありそうです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/720-c34bf58a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。