シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私も心待ちにしていた竹谷さんの講習会もあっという間に満員御礼!
BGFITを受けた皆さんきちんと申し込みはできたでしょうか?

BGFITで簡単に説明した内容を竹谷さんがより詳しく説明してくれます。
3月21日を楽しみにしておいて下さい!

Pho001_takeya_sp02.jpg


私も聞きたいことがたくさんあるので質問しまくりますよ(笑)
いつもBGFITを通してお客様にいろいろ教えていただいてます。
このような機会を与えてくれたことに感謝しております。

我以外皆師也!尊敬する人がよく口にしていた言葉です。


今回申し込めなかった皆さん次の機会を楽しみにお待ちください。
既に個人的に予約できなかったという声をお客様数名から聞いております。
竹谷さんもう一度講習会お願いします。


「頑張ることを楽しもう」
一緒に“頑張る”ことを楽しもう!
これらも大切にしたい言葉ですね!
これは店長の名言「楽苦しい!」とまったく同じことですね!
私も全く同じ気持ちです。そしてクラブシルベストも間違いなくそういうチームです。

皆さんこれからも「楽苦しく」練習していきましょう!

竹谷さんのブログです!
http://kiama.blog32.fc2.com/blog-entry-714.html

画像もとても綺麗で素敵なホームページですね!



11月の新装開店オープンからシルベストサイクルでBGFITを開始して4ヶ月以上が過ぎました。
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

BGFITについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
これまでのBGFITの記事を見ることができます。

http://kiama.blog32.fc2.com/blog-category-32.html

喋りまくりの4ヶ月ですっかりハスキーな声になってしまいました(笑)

現在までに既に150人以上のポジションをチェックしてきました。
BGFITを通しいろんな人と出会えたことに感謝しております。

予約は4月もあと2日を残し満員になりました。
ご予約ご希望の方はお早めにお願いします。
BGFITを受けていただいたほとんどがレース志向の方です。

しかしBGFITはレース志向の人達のためだけでなく、
より快適に自転車に乗りたい全ての人に適したフィッティングです。

自転車に乗り始めて2年未満ぐらいの方もご気軽に予約して下さいね。

個人的にはむしろ1年未満の方により積極的に受けていただきたいと思っています。
実際BGFITを受けたお客さんももっと早く受けておきたかったといてくださいます。
初心者の皆さんBGFITについて聞きたいことがあれば店頭で気兼ねなく私にお声かけください。
もちろんBGFIT以外のこともがんがん質問して下さい(笑)

そして4月11日の伊吹山ヒルクライムまで約1ヶ月です。
http://www.ibukihc.jp/

BGFITを受けて人のほとんどがこの大会にエントリーしているので楽しみです。

関西のヒルクライムに強い方々がもたくさんBGFITを受けてくれているので、
伊吹山の入賞者の多くがBGFIT修了者となることでしょう(笑)


ヒルクライムが好きな方は研究熱心でストイックな方が多いみたいですね。
その熱意と研究熱心な姿勢に私もいつも沢山の刺激をもらっています。


残り1ヶ月、皆さん頑張って下さい!

BGFITを通して多くの人のポジションやフォーム・ペダリングをチェックしていて
最近改めて気づいたことがあります。

BGFITを受ける多くの人が、雑誌や周りの人の影響で
無理やり不自然なフォームを自分自身で作り込んでいるということです。

ロードバイクにもベースになるポジションとフォームはあると思うのですが
基本的にその人一人一人の骨格や柔軟性は様々なので

固定されたフォームを強制するのではなく
その人にあったポジションとフォームをお客様と
BGFITを通して一緒に探していくことこそが重要だということです。


その人にとってニュートラルなポジションを導き出せるように
これからも勉強していくつもりです。

つまりフォームは絶対にこうするべきだと、
決まった一つの型に決め付けないことが大切だと改めて実感しています。


まだまだ勉強不足ですが竹谷さんの講習会や
その他のメーカーの方の意見やお客様の声
様々な書籍から意見を取り入れて更に成長していきたいと思っています。



画像 128


今回はお薦め書籍の案内です。

あの高橋尚子さん初のランニングの HOW TO 本です。
なんとDVDつきで1600円です。
私も購入してから連日DVDをみています。

このDVDの中で高橋さんも腰を高く保つことや
腕振りをしっかりとすることなどベースはあるが
一つの絶対的なフォームは存在しないと語っています。

その一方彼女は基本となるフォームやドリルを徹底的に行ってきたそうです。
これはロードバイクにも共通する大切なことだと感じました。

具体的には ベースとなる 片足ペダリング や 高回転トレーニングなどのスキルトレーニング
                  ベース作りのための 筋トレ や 3本ローラー などです。


ポジション・フォーム・ペダリング・バランス感覚・基礎体力・身体の使い方(コーディネーション)など
ベースとなるものを大切にしていくことが長い目で見て競技力向上の近道なのではないでしょうか?

もちろんロードバイクでのトレーニング方法や筋力トレーニング・
ストレッチング(ストレッチングが必要がないという意見もありますが、
怪我の予防や再発防止には絶対に必要だと個人的には感じています)
もちろん食事やトレーニング計画
の重要性は言うまでもありません。

それらのことについてもこの書籍のなかで紹介しています。

でも一番はやっぱり高橋さん自身の姿が美しいということですね(笑)
ピンクのウェアや笑顔・身体の使い方も魅力的なのですが、
全身から滲み出るオーラがやはり素晴らしいですね。
さすが国民栄誉賞を受賞した国民的ヒーローですね。




それではこの書籍の内容を簡単にですが紹介しておきます。



画像 127



ウォーミングアップとストレッチングの方法・補強運動
   (腹筋・背筋・レッグサークル・レッグスイング etc)

アップや補強運動は自転車でも使えるものばかりです。



画像 126



ウォーキングとランニングのためのドリル
基礎トレーニング(腿上げ走・ツイスト走・蹴り上げ走 etc)


フォーム (呼吸とリズム・目線・腰の使い方・脚の動き・全体のバランス 
      理想的なフォームを作る練習 etc)

上半身と下半身の連動がテーマとなっています。
自転車で上半身と下半身の連動は重要なのではないでしょうか。



画像 125


トレーニング方法 インターバル などのランニングプログラム
(ジョギング・ペース走・インターバル・TT・ビルドアップ走 etc)

これは自転車でも全く同じですね。
LSD インターバル TT ビルドアップ走 ペース走などは皆さんなじみがあるのではないでしょうか。


画像 124



コーディネーショントレーニング(マリオネット・クロスタッチ etc)

自転車ではいがいとおこなっていない人も多いのですが
どのスポーツでもコーディネーショントレーニングは一般的になっています。

サッカーで言うところのブラジル体操などは
ダイナミックストレッチやリズム感・コーディネーションを兼ね備えた素晴らしい体操だと思います。

自転車に乗っている人のなかでも筋力や柔軟性は十分なのに
なかなか早く走れない人がいます、
そのような人はコーディーネーションとレーニングや
アジリティートレーニングを試してみてはいかがでしょうか。


画像 123



栄養とボディケア(栄養摂取の基礎知識・食事メニュー・毎日のボディケア etc)

栄養とボディーケアの重要性はいうまでもありません。
私もボディーケアと自分の身体の声を聞くことをおろそかにしたばっかりに
手術を要するような大きなスポーツ障害にまで至ってしまいました。
ボディーケアの重要性を改めて感じている次第です。



この他にもインタビューやフォーム作りに役立つトレーニング
レベルに応じたトレーニングメニュー
などの紹介しています。


しかし高橋さん本人がモデルをし説明してくれるこのDVDはそれだけで買いですね(笑)



両膝の腸脛靭帯炎なのですが、手術は実質不可能なので
新たなチャレジを試みるつもりです!

ボディーケアの一つでツールの選手
やヨーロッパの選手などは当たり前のようにおこなっているのですが
日本ではなかなか習慣になっていないボディーケアです。
いやなってるのでしょうが,私がいままであえて遠ざけていたのかもしれません。


腸脛靭帯炎はランニングはもちろん自転車競技で最もよくおこるスポーツ障害なので
自分の身体を実験台にしてこれからもいいアドバイスをお客様に還元できればと思っています。
自身の怪我までがネタにできるなんて素晴らしいことだと思っています(笑)

ポジション・フォーム・インソール・ストレッチ・アイシング・補強運動
に加えもう一つ重要なものを加えてみます。


もうお気づきですね!(笑)


また詳しくはコチラのコーナーで紹介しようと思います。
楽しみにお待ちください!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/717-a31576f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。