シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムの新作ペダル、『アイクリック』 の インプレ を書きます。
画像 667
梅田店スタッフ、堀 記理子です。
私は、こちらの「アイクリック・カーボン」タイプを使用、
使い始めて、そろそろ2ヶ月ばかり経ちました。
画像 066
アイクリックは、世界で初めての クリート部分が開いているペダルで、
世界で初めての カーボンプレートを使ったペダルです。


瞬間装着の理由…。
 それは、シューズをひねって、クリートを外した時から始まっています。

クリートを外した後、トリガー(引き金)部分が解放されて、
自動的に、クリートキャッチ部分が、開いている状態!!になります。

なので、次にクリートをはめる時に、ただ、カチッとクリートを差し出すと、
 クリートが自動的にトリガー(引き金)を押し、
  ペダルの後部のパーツがクリートをキャッチし、瞬間的にクリートが保持されます。

なので、アイクリックは、余計なことをしなくても、
瞬間的に・簡単に・自動的に、ステップインすることができる、ペダルです。


まるで、「足底を、スイッチ部分に置くだけで、ビィンディングがはまる!!」
そんな、ワンタッチ感覚です。
 (スイッチに当たる部分は、写真で言うと、四角の赤色の部分です。)


なお、従来の「膝に優しい」タイムのペダルの性能は、そのまま。

足首や、膝、股関節を過去に痛めておられる方等、
関節が自然に動くタイムのペダルは、足の動く幅の、自由度が大きいペダルなので、
痛みの改善・予防につながる、ペダルかもしれませんね。


-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
☆インプレ・スタート☆

私は、手先や足先が、あまり器用なタイプではなく、

・集団走行中の、ビィンディングの付け外し。
・緊張しているレース・スタート時の、ビィンディングを付ける動作。


これらがすんなりうまく行くか、いつもドキドキしているタイプでした。
余程なことがないと、失敗しないのですが、
いつも「もしかしたら…」と、思ってしまいます。

私が、「アイクリック・カーボン」に、変えた時の、
 第一印象は…。
「ペダルの上に、足を置くだけで、すぐに、ペダルがはまる!!」

思わず、足が本当にペダルにひっついているか、下を向いて、足を見てしまいました。
ペダルのフィッティングが、そんな素早く、軽く装着が行われました!!

これなら、今まで「集団走行は、スタートが出遅れてはいけない!!」という、
私の、毎スタート時に起こるドキドキが、一つ、改善されそうです。

激坂中でも、簡単に、はまります(笑)!!


あまりに簡単に装着できるので、
「取れやすいのでは、ないか?!」と、今度はそちらも心配になり、

思いっきり足をひっぱってみたり、
フルもがきをしてみましたが、そんなことでは、ピクとも外れません(笑)
 ↑男性も、同じ意見でしたので、ご安心を…。

私の、タイムのペダルの好きな点。
 ペダルが上視点に来た時の、膝の開放感。
 なぜか、「膝が気持ちいい!!」と、毎回感じます。

アイクリック。今までのタイムのペダルの、利点はそのままで、
前回より、踏み面が広くなった感覚が、踏み応えを感じ、ペダリングも、しやすいです!!

大変お気に入り・ペダルです。
-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-
画像 064
アイクリックカフェクリート。 歩いてカフェにも入れるコンセプトです。
こちらには、3点のノンスリップ部分があり、
それらは、実際のペダルクリップの機能には、関係ありません。

この部分は、耐久性の高い部分で作られており、
万が一すり減ってしまっても、クリート保持能力には関係がないので、

クリートの寿命も長く、クリートカバーもいりません。

クリートカバーがいらないコンセプトのクリイト。
こちらもとっても、便利ですね!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/706-7f0b470e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。