シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はまず「レッグカールもどき」(笑)です
主にハムストリングスを鍛えるために考えてみました

この部分の運動もこの筋トレシリーズの最初に述べたように
「縮める側の運動」です
脚を折りたたむトルクを上げるのが目的で
あまり他のスポーツや普段の生活で登場しないので
ポピュラーではありません

ここを鍛えるには「レッグカールマシーン」という少し大掛かりな器具が必須で
なかなか「自宅で手軽に」というわけにはいきませんでした

それを、前出の「ウエイト袋」を使うことによって何とかできるようにしたのです

h2h1gvvhh 046
解説
かかとにウエイト袋(写真では15㎏)を載せ
ゆっくりとできるだけ高く上げてゆっくりとおろします

実例
私には、このウエイトは少し軽くなりすぎたようで
当初40回くらいだったものが150回も出来るようになってきました
この運動は特徴的で、
全然平気な感じが続いて、ある回数から急にいっぱいいっぱいになります
こうなってからが効果が上がる「お得なゾーン」(笑)なので
10秒ほどの休憩をはさみながら
オールアウトの乳酸の波状攻撃を楽しんでみましょう(汗)

この部位は実は慎重さも必要です
膝の裏の靭帯に違和感が出そうだったらしばらく中止してもいいでしょう




次のこれ↓は「伸ばす側」の運動
「かかと上げ」です(本当はかっこいい名前で「カーフレイズ」というのですが、この方が分かりやすいでしょう)
h2h1gvvhh 047
ふくらはぎのヒラメ筋などの運動です
この運動も、全然平気な感じが続いて、ある回数から急にいっぱいいっぱいになります
80回くらいまでは平気なのに、急に限界がきて、ぴくとも動かなくなるまで20回も持ちません

この運動も「、ゆっくり」と「高く」がコツです
この部分はよく攣る部位なのですが、攣りにくくなる効果も望めます




「背筋運動」↓もやっていますが、この運動は私の場合は必要十分な筋肉量だと思っていますので
あまり重要視していません
h2h1gvvhh 048
他にもっといい方法がありそうで研究中です・・・・が・・・
15kgの袋をあごの下に抱えて、5.60回、
その後無負荷で30回くらいでオールアウトできてしまいます

(この「背筋」と「腹筋」そして後で紹介する「レッグハイ」は、一緒にトレーニングしている
梅田店女性スタッフの堀選手の方が私の1.5倍ほども強く驚いています)



最後が「レッグハイ」↓です
この脚の構えで、腕は脚と反対側を上げる「オポジット」が有名ですが
私たちは自転車のための最も重要で最大の働きをする「大臀筋」を集中的に鍛えたいという想いから
腕は上げていません
腕立てでも肘立てでもかまいません
h2h1gvvhh 051
かかと部分に15kgのウエイト袋を載せ
つま先が床につきそうな高さから、ゆっくりとできるだけの高さまでかかとを上げてやります

これも私の場合だったら50回ほど続け、
最初のオールアウトを迎えたら
すぐさま10kgの袋に載せ替えて、更に30回ほど先のオールアウトまで続けます
このあと6kgにしてさらに限界まで楽しみます(笑)

この「レッグハイ」
効果も大きく、今の私には重要だと思っていますので、
「ランジ」と共に
1日の筋トレメニューの中に2回入れています
比較的最初に1回して最後の方にもう一度取組むようにしています



運動直後は
BCAAやプロテインの摂取
回復系のマッサージクリームの併用による
筋肉ケアーは極めて重要です

「強くなっているのは実は休んで回復している時」なのです



PS、
ウエイト袋のお得で手軽な作り方です
XZCDSA.jpg
ホームセンターで売っている玉砂利は、この状態で15kgもあり 4~500円ほどです
これを(枕カバーのような)布の袋に入れるだけです
安くて簡単です

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/692-c76a29b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。