シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

    ☆   皆さん明けましておめでとうございます    ☆
   
    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 いきなり私事でなんですが
   今年は、なんだかパワーモリモリなんです
      この分だと今年は速くなりますよ~
        内灘個人TTも記録更新?、ひょっとしてピストにも復活するかも?
          「おっさんエエ加減にし~や!」という声が聞こえてきてますが・・・・(笑)

11月の終わりごろにはじめた練習プログラムが
          かつて無いくらいに上手く廻っているんです


   (その一端はちゃんとファンライド1月号でもお披露目しています)
   (近いうちにここで紹介している「プチ筋トレ」の手順や勘所はこのブログで詳しく解説もしますね)
    20091218160729012s_20091221132822.jpg


今日は その筋トレ関係じゃなく
   同じ時期から使い始めているパワーメーター

         「I-BIKE」のおすすめです
                                  yappa_1001_1.jpg

よく尋ねられるんです
  「これ、どこでひずみセンサーしているんですか?」って
  「風圧だけでなんでパワーが分かるんですか?」って

私もこれが初めて世に紹介された2年前くらいに同じことを思っていました
      雑誌などにも取り上げられたのですが「結構エエよ」というだけで
                計測の原理の解説がなかったのでやっぱり ?????でした

この「I-BIKE」  パワーをひずみなどから検出するのではなく 演算で出しているのです

演算の基になるデータは
     ①ライダー+自転車他の総重量
     ②傾斜
     ③空気抵抗
     ④速度(加速減速も)
     ⑤自転車自体の内部抵抗など・・・・で
 本体に0.1%単位の精巧な傾斜計、風力センサー、が備わっています
                 勿論、速度とけいでんすのセンサーも

したがって
 「てnち山崎」&バイク&ボトル、バッグなどで81kgの総重量の物体が
   この6.7%の傾斜のところを、この向かい風の中で、
     この単位時間の中で、31.2km/hから31.4km/hに速度変化した・・・
       そのためには これくらいのパワーが必要なはずだ
・・・・という数値を計算で出しているのです

なかなかかしこい機械です
   (でないと改良されながらもこんなに長く世の中に居続けられないですもんね)

その精度なのですが
  お客さんに この「I-BIKE」と「パワータップ」の両方を所有されている方がおられるのですが
    両方を同時に使ってみて、傾斜ゾーンにもよるのですが、「ほぼ同じ数字が表記される」とのことでした

実にたくさんの機能が満載です
   たくさんすぎて、(英語にもうといので)
     だまだ全然使い切れていないのどころか、基本の操作もままならないのが現状です(涙)

面倒なのが、各種の設定です
 総重量や、標高などの設定は最初だけなのですが
   傾斜計のリセットは毎回行うのが原則ですし
     自転車自体の様々な抵抗値を測って取り込む作業もしなくてはなりません
たとえば
  32km/hから惰性で16km/hに減速するテストや、
  1.6kmの平坦路を往復するテストなんかもあります
  (これは第3世代の現行モデルになって毎回はしなくてもよくなったのですが)





これを付けるようになって皆さん同じことをよく言われるのですが
  速度計をあまり見なくなりました
   (私などは、速度の表記場所を普段は傾斜表記だけになるようにしているくらいです)

心拍やケイデンスが見られるのは勿論、
  気温、標高,傾斜,空気抵抗値,消費カロリーなどが走りながら見れますし
                    勿論、パソコンにダウンロードでき解析もできます

(パソコンに接続して有料ソフトをダウンロードして入れる事でアップグレードも可能です・・・とのことです)

h2h1gvvhh 056

価格は10万円を少しだけ越えますが、心拍計でも高性能なものなら6.7万円はするので
                               これは割安かもしれません
また
 自転車を複数所有している方なら、
   速度センサーなどを買い足すだけでたくさんの自転車で使い回しが可能です


これもパワーメーターを導入された皆さんがよく言われることなのですが
    「とにかく練習に励みが出てきました」
    「わずかな気の緩みも即座に表記されてしまいサボれません」
何より
     自分で設定した「xxxワットをxx分xxセット」というような
                            課題をこなすには負不可欠で、
     このxxxワットが伸びていくことが能力の向上とイコールなので、評価もしやすいのです
     これは(頑張るモチベーションのある人は)頑張ってしまいますね

現在、この新しくなった第3世代の分の日本語取扱説明書が未完成で
                      代理店から出てきていませんので
      簡単な基本操作の解説だけは作る準備をしています
       
      取り付け作業は経験の多い「豊中店」にお越しいただくことになると思います



もっと詳しい解説を・・・と思ったのですが

お奨めして購入いただいた
  ファンライド誌をはじめとする、各自転車雑誌などでご活躍の
                   「ライター&ライダー浅野」さんのブログに
流石のどんぴしゃ解説↓がありましたのでこちらに席を譲り お願いすることにしますネ(笑)
http://sonic555.jugem.jp/?eid=64
 
     浅野さんはメカの知識も抜群なのですが
     最近めきめきと強くなっている売出し中の実業団選手でもあるんですよ

  



シルベストサイクルは、
新年1月3日より、営業しています。

1月3日のみ、営業時間を12:00~18:00に、
変更させていただいております。


1月4日より、通常営業となります。

どうぞ宜しくお願い致します。
 






    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


      今年も色んな方面で頑張って参ります
                    どうぞよろしくお願いします
     
    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆



追伸
しばらくは、今年のお奨めロードバイクのインプレを続けて行います
                                     お楽しみに

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/682-90ce4f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。