シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この週末は寒かったですね
箕面のお山はマイナス3度位に冷え込んでいました

「寒さ」はサイクリストにとっては大敵で本当に走るのがおっくうになってしまいますね
でも、今回は別、寒くなるのを待っていました・・・なんです

「新しいバイクウエアーの威力を試してみたい」というモチベーションがあったからでしょう


実は
奮発して(今年のウエアー購入はこれだけ)
      フロントパネルが全面「透湿防風素材」になったタイツを購入したんです

これは、
  自身も自転車に乗っている なじみの整体医院の先生から伺ったのですが

    「あそこは冷やしたらあかんでェ~」 
  
     冬のトレーニングでは股関節周辺を冷やさないようにすることで、
          疲れを押さえて、回復も早くなり
              結果として質の高いトレーニングができるというものでした

自転車は、薄着、発汗大量、標高が高い,風を切って下る・・・
・・・・と、とりわけ体を冷やしながらトレーニングをすることになるので留意が肝心・・・ということでした
P2009_1220_135004.jpg
このタイツ、マイナス3度の中でもいたって快適
   のぼりでも発汗せず、下りでの放熱を抑えて体温を保ってくれて
           結果、次の登りのパフォーマンス向上につながりました

前面が全面「透湿防風素材」というタイツは
  今では各社から出ていますが
    たいていの製品は伸縮性が犠牲になっていて
        どこかゴワゴワした感触になっていたものが多かったのですが・・・

このデマルキの「コンツアープラス・ウルトラビブ」は今までにない伸びの良さで
                      ペダリングを妨げることなく極めて快適です

「透湿防風素材」の場合は裏面の起毛を省略されている物も多く
     無風時の保温性がむしろ悪い・・・というものも多かったのですがこれは起毛で保温性も高次元です

スイスの「アソス」、スペインの「エチュオンド」に並ぶ 
        世界3大高機能サイクルウエアーとして定評のあるイタリアの「デマルキ」
詳しくはホームページ↓に委ねます
http://www.dinosaur-gr.com/demarchi/172-173demarchi/index.html
ちょっと高いけど、何枚も買い換えるよりイイですよ
            3月くらいまでは使えますしね



オマケ・・・・なのですが

この日の上着はマイナス3度でもこの↓2枚だけでした (ウインドブレーカーは持って走りましたが)
P2009_1220_135120.jpg
しかも上着はこの気温でもあえて、一番暖かいモデルではなく
            通気性のいい背中が普通生地のものです
これらは
  昨シーズンに「これはエエよ」↓でお奨めしていますが
                       改めて「エエですよ~」

ディフェンステック下着の記事←クリック
デマルキジャージの記事←クリック
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/673-0f9bfd9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。