シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
要するに
上死点あたり(11時、12時、1時あたり)を前に「速く」足を送ってやる (決して踏み込まない)
という”意識”でペダリングをすると
高速で巡航する時には
あれまぁ不思議
グイーンと速度も上がっていき、その速度の維持もし易かった

そんなことに、この歳になって改めて驚いた・・・・というお話です


ところで
この写真は先日、丹後半島サイクリングに行った時に
お客様に撮っていただいた写真です

この中には日本のトップクラスの選手も
2ヶ月前にバイクを買ったばかりという方も含まれていて
脚力差はとてつもないのに

互いの思いやり走行と
巧みなタイムテーブル設定をしていただいたお陰で
皆さんに「充実した」と喜んでいただけるイベントになりました
楽しかったですよ

有難うございました

p52411721.jpg

さて、本題ですが
京都店もおかげさまで順調で、やっと休暇もいただけるようになり
6月末の内灘のタイムトライアルに向けて練習にも本腰を入れています

5月になって
琵琶湖2周、
丹後半島180㎞が2回
日本海往復が2回
・・・・と長距離を走り込んでいます

そして
全てをTTバイクのTTポジションで走りました(内灘対策―笑)
1163331259_25.jpg
上記全ての長距離ランでは
独走での高速巡航をどこかにはさんむようにしました

次第に速度を上げていき、40~45㎞/hで1~2時間継続して走る

高心拍域での速度維持は、苦しい乗車姿勢の効果もあいまって
かなりの手ごたえを感じています (なんか速くなっているような気が・・・・錯覚でしょうけど)

そして、今回は上記のような新たな収穫が・・・

こんな長距離の我慢の高速巡航を続けるうちに

上死点付近をスッスッスッとすばやく足を前に出す

・・・というペダリングの「意識付け」に思い至ったのです

40km/hをかなり越えるスピードを30分も続けるには
「ガシガシ」踏み込むのでは、長続きせず、
引き脚重視の感覚でも適当でありませんでした
下↓の写真で言うと
DGDHGFJH_20090526234006.jpg
Cのあたり、11時から1時までのあたりを
スッと前に早く出してやるのです。
「力強く」ではなく「力を抜きつつ速く」です
2時3時の位置まで踏み込んではダメでした
(実際には惰性で2時3時の位置まで踏んでいますが、意識の上ではわざと踏みやめる感じ・・・です)

腹筋、腸腰筋を動員して、上体を固めて、
足はスムーズに回しているのですがそんな中で
上死点あたりだけ前に速く送る意識を加えてやるのです

是非一度試してみてください
体力を温存時ながら ”逃げ” ができそうですよ

(注意、スプリントではこのペダリングではだめですよ)



参考記事です↓(過去の「これはエエよ)
http://kiama.blog32.fc2.com/?q=%C2%E6%B7%C1
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/593-c38d2a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。