シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は当店スタッフでもあり実業団BR1選手でもある「所長」こと、I うえ君 の寄稿レポートです
彼は先日の第1回万博クリテで優勝しています。そのレポートでもあります
I うえ君は自ら「チャリンコ研究所」というブログを立ち上げているほどの自転車とトレーニングの研究家で
下の「0.96」の記事の取材の時にも貴重な助言も貰って、傍らに登場してもらっています
h2h1gvvhh 060




(以下、「所長」の寄稿です)

「実業団万博クリテリウム・スラムのおかげで勝てた。」

私は「スラムのロードコンポ」を発売からずっと使い続けています。
スラムの最大の特徴は
ブレーキ後ろのレバー一本でシフトアップダウンともに操作してしまう「ダブルタップシステム」です。

このダブルタップによるメリットなのですが
「下ハンドルでのシフトのしやすさ」
「指を置き換えなくていい」ということ。

レースに限らず自転車を効率よくは走らせるコツは頻繁に変速することです。
ホビーレーサーとプロ選手の変速頻度は倍くらい違うらしいですね。
で、
まずスラムはレバーが一本なので指を置き換えたり手をずらさなくていいですよね。
これで私比で10%程度変速回数が増えた気がします。
次に
下ハンドルポジションでの変速操作なのですが・・・

(「チャリンコ研究所」論文の一部より)
「左手でブレーキレバーに指を添えながら、右手はリアシフトレバーにおいてます。
ブレーキングしながらシフトダウンできます。
コーナー出口で加速しながらすばやくシフトアップできますし
コーナー直後の急なアタックにもスラムシフトだとダンシングで対応可能。」
(これはクリテリウム対策について書いたときのものです。)
hh1gm.vvv 071
さて
タイトルにもあります「万博クリテリウム」にスラムのダブルタップがどのように貢献してくれたか、
最終コーナーからの私の変速の履歴を解説します。

最終コーナーの立ち上がり。
私と同様下ハンドルを持ち軽いギヤ(アウター・23t)を選択した他の選手は鋭く加速できるものの
スピードが上がるとすぐにシッティングに移行してからシフトアップせねばならず、重いギヤを選択した選手は加速が鈍く一瞬前を開けられてしまっていました。

私はというと
下ハンを持った状態からダンシングで加速しつつ随時適正ギヤにシフトアップできるのでダメージを最小限に抑え下りへ移行できました。
ゴールスプリント直前は
猪又さんの牽引により下りで時速63.4キロまでスピードが上がっていました。
この速度への加速は52×11の107rpmです。
コーナー立ち上がりからこの間、23tから11tまでフルに変速していますから、
そのスムーズさの有無の脚への影響は小さくはなかったでしょう。

ここから
登り勾配に変わりつつスプリント体制に入るため、
腰を上げると同時に12tにシフトダウン。
ここから先行していた選手に並んだとき、その選手は一度座り恐らく1段シフトダウンしていたように見えました。
ゴール70mくらい前でしょうか。
試走したときの予想どおり12tのままではもちそうになかったので、私もさらに13tへシフトダウン。もちろんダンシングでスプリントするフォームや出力はかえずにです。
直後に再び横後方で座りなおしているのが見えました。
a09f.jpg
ゴールスプリントのような場面で同じフォームで走る私と、
シッティングダンシングを切り替えざる終えない場合では
一回に付き0.5秒程度の差はついてくるのではないでしょうか。

単純なスプリント力において
入賞された他の選手に対し、私が大きく優れていたとは思いません。
しかしチームの完璧なアシストと
「スラム、ダブルタップシステム」による
最適なタイミングのシフト操作で、私の足が最もフレッシュだったからこその勝利だと思っています。



(以下、てnち山崎による脚注)
本当にこのレバーは小気味良く、使いやすいですね
特に下ハンドルを握っている時のアドバンテージは凄いですね
hh1gm.vvv 075
このようにハンドルバーと一緒に握っていても変速できますし
なんといっても
ダンシングしながらの変速は実戦の強い武器になりますね

私が「エエなぁ」と思った点は他にもあり
私は3大コンポ装着バイクを乗り分けているんです
「カンパ」「シマノ」「スラム」と使い分けているのですが
スラムが一番ミスシフトが少ないのです
カンパとシマノはレバーの役目が全く逆なので共によく勘違いしてしまうのですが
スラムは1つのレバーの操作量ですので間違いようがありません

そうそう
スラムのクランクには165mmの設定があることと
52x36という絶妙のギア構成があるということもアドバンテージだといえますね
hh1gm.vvv 073 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/570-6f1cafca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。