シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

☆   皆さん明けましておめでとうございます    ☆
   
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆



新春第一弾のお題は  「  96% 」

何が96%なのか?というと
この↓寸法、フーデットラバーの手のひらが当たる部分からサドル先端までの距離が
20070918122516_20090101164509.jpg

サドル高さの 「  96% 」 なのです

私は常日頃から・・・・というか、もうかれこれ25年間も
ハンドル位置に関して何らかの
それを規定する算出式のようなものがないかと、
模索しデータを集めてきました

以前は
身長に対してフレーム寸法(特にTOP長さ)が大まかに決められ
ステム長さで微調節というのが一般的でした
(今も多くのショップがそうでしょう)
でも今は
ハンドル自体のリーチの個体差が
この↓ように大きく、これが機能しなくなってきました
hh1gm.vvv 088
もっと大事な寸法は、
普段の走行でほとんどの時間、そこに手を置いている
フーデットラバー部分ではないか・・・と着目したのです

それから実に5年
内外の色々な選手のこの寸法の相関を測らせてもらいました(サドル/ハンドル落差も)

お客様にもこの比率が(このお客様には)ベストと思う寸法でポジション設定をさせていただいて
そこからも
数百件ものフィードバックをいただきました

毎年おこなっているのですが
サイクルショーでも測らせてもらっています
写真は↓今年のツールドフランス覇者「サストレ」のサーベロです(お断りして計測させてもらっています)
hh1gm.vvv 097
そうするとやっぱり強い選手、ベテラン選手は印で押したように
 ほぼ「 96% 」 だったのです

今年は(少なくとも展示車では)
上の「サストレ」も長身の「カンチェラ ーラ」も「ボーネン」も「バッソ」も日本の重鎮「Mふね」さんや「I じま」さんも
見事に96%台±1%以内でした

私はサドル高さ670mmに対して645mmの96%です
クラブシルベストのチームの多くの選手も95~97%の間に入っています


これに
前出の「ハンドル落差」(これにも法則に近いものが見えてきました・・・これは後日)や
「サドルの前後位置」を規定すると
かなり高精度な「基準になる寸法」が各自に対して算出できるようになります

これにさらに、
年齢や、経験、使用目的のTPOなどを勘案してアジャストすると
信頼性はさらにアップすると思っています

これらの寸法の「基準の設定」と初心者への「推奨」は
●安全な走行
●膝などの故障の減少
●競技力の向上の期間短縮
に寄与できると確信しています



☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

  今年も一年よろしくお願いいたします
   
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/11/14(土) 14:24 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/05/01(金) 17:50 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/05(月) 13:37 | | #[ 編集]
経験によるアジャストは
初めまして。いつもこのサイトで勉強させていただいております。

 今回の記事もとても勉強になりました。店長がショートリーチハンドルをご推奨されて以来、ショートリーチハンドルが増えましたね。私もすぐにJフィットに替えた口です。それだけに、各種フィッティングが旧態依然で、ステムの中央やステム先端までを計測しているのが歯がゆくてなりませんでした。
 さて、店長の発見された「黄金比」ですが、これは書かれている通りベテランやプロの数値です。私のように経験2-3年、月に300-400kmがやっとのサイクリスト初心者の場合、どの程度まで比率を下げればよろしいものでしょうか。
 そのうちにお書きになられるのかもしれませんが、早く知りたくて書き込みしてしまいました。よろしければ是非、早く教えてください。宜しくお願いいたします。
2009/01/04(日) 18:33 | URL | XLR8R #S7EX.M8o[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/04(日) 16:48 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/04(日) 13:19 | | #[ 編集]
ご回答ありがとうございます。
なるほど、サドルセンターから先端までの距離は
ほとんど一緒なのですね。だとしたら先端を基準点とした方が測りやすいですね、納得です。
ハンドル落差の法則公開も楽しみにしております。
2009/01/03(土) 18:25 | URL | tanaka #-[ 編集]
「SMPの場合」
一番窪んだ部分で計測してください
窪んだ部分よりさらに下に坐骨が接する部分があるくらいですから
問題ありません

「アリオネの場合」
サドルのセンターから鼻先への距離は
UCIのサドルの前後位置の規定に使われる数値ですから
各社ともほとんど変わりません
(女性用、Jr用は除く)

アリオネは一般的なサドルに対して約25mm長いですが後ろが長いだけです
逆に
コンコールライトは一般的なサドルに対して約10mm短いですが、これも後ろの長さなのです



2009/01/03(土) 14:49 | URL | てnち山崎 #JalddpaA[ 編集]
SMPの場合って?
あけましておめでとうございます。
「これはエエよォ」は今や私のバイブルとなっております。
本題ですが、私も店長の影響を受けSMPのとりこになったひとりですが、このサドルのサドル高はどこで見るものなのかが未だに分かりません。
一番凹んだ場所なのか、上2点を結ぶ場所なのか?お時間ありましたらご教授お願いします。
2009/01/02(金) 19:49 | URL | モルダー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/02(金) 16:04 | | #[ 編集]
初めまして。非常に興味深く読ませていただきました。
疑問なのですが、サドルの前後長さは様々ですよね。写真のアリオネは全長の長いサドルとして有名です。となると、サドル側の基準点は先端ではなくサドル中心(サドル高を測る時であるシートチューブ延長線上)がベストだと思うのですがいかがでしょうか。
サドル全長が長ければブラケットを遠くして前乗りすることを勧めているのならこれで構いませんが…。
2009/01/01(木) 20:39 | URL | tanaka #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/01(木) 18:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/547-2510f73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
大阪の有名ショップ「シルベストサイクル」のブログで年明けに紹介されたこの記事がけっこうあちこちで話題になっていたが、今更ながら自分の設定を確認してみた。 ローラーしか乗れない日はどうしても手持無沙汰感があってセッティングなぞをいじってしまう。まぁ今だか...
2009/01/22(木) 23:59:31 | Akira\'s Blogs

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。