シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が筋トレをたびたび取り上げるのは、
筋トレに効果を実感し「ありがたみ」を感じているからに他ならないのです

そんな一例
今年の春は久しぶりに気合を入れて筋肉トレーニングをしてみました
こんなに気合を入れたのは数十年ぶりです(笑)

特に体幹部、普通の人があまり強化しない腸腰筋や大臀筋を鍛えてみたんです
そうしたら
現役時代の加速の感じがモリモリ戻ってきて
筋トレ開始当初こそ筋肉痛でボロボロだったのですが
やがて
シッティングのまま「グワァーン」とスピードが上げれるようになってきたんです

腸腰筋による膝挙げ、引き脚
大臀筋による踏みおろし
四頭筋による前への送り・・・

これらのバランスが格段に良くなり、
直前の秋までの脚の「スカスカ感」が見事に払拭されてきました

結果
前年は途中でおろされた「リッツクリテリウム」の最上級のC1クラスで優勝できたり
(「メンバーが緩かった」と言う声もありますが―笑)

内灘のタイムトライアルで念願の1位を自己最高タイムで獲得できたり

・・・と非常にいい1年でした

(走り込みの距離は前年以下だったし、体重はむしろ増加気味だったので
長い登りはあまり進歩なかったですが・・・・涙)

夏以降も春の筋トレのおつりはしっかり残っていて、
練習量の割にはレースも楽しめました

これは、まさに筋トレ効果以外のなにものでもないという確信がもてます



「筋トレ」に効果を実感し「ありがたみ」を感じたのはもちろんこれが初めてではありません

もう一つはかなりの昔話です (申し訳ないです昔話は年寄りの悪い癖ですね)
これは雑誌の方のコラムには書いたことがあるのですが・・・・

私の現役時代24歳のときの話です
このとき、
そうボイコットされたモスクワオリンピックの年でした
ひと冬の密度の高い筋トレ等で
その年のサンツアーのチームメンバー5人中4人が日本記録を出したのです。
しろもとさん、山本、森の3人は1kmTTで1分6秒や7秒。
私が、4kmで4分51秒と共に現在でも通用するような記録でした。
(当時はもちろんエアロヘルメットやディスクホイールやTTハンドルもない時代でした)
hh1gm.vvv 193
(これはそのとき日本記録のパネル写真です。ヘルメットではなくカスクで走っているでしょ
ベースボールマガジン社から贈呈いただいたものです)


強化計画の根幹にすえたのは
「筋力レベルのアップ」
「回転力の強化」
「加速の追求とインターバル」でした。

11月からすでに “距離” を乗り込んで、
1月には筋トレにシフトしていました。

ジムの専門トレーナーに自転車選手向けの筋力トレーニングのプログラムを組んでもらい、
やはり体幹部と大腿部を中心に強化しました
腹筋、背筋はもとより、ハムストリング強化のレッグカールと、
2種類のスクワット(高負荷フルスクワットと低負荷のジャンピングスクワット)
は念入りにした記憶があります

そして、筋トレの後には必ず高回転練を入れていました。
お尻が跳ねる位の回転数を、
跳ねないように引き足の速度に神経を注ぎながら、
できるだけノンストップで1.5時間から2時間は走りました

これらは効きました
わずか3.4ヶ月のトレーニングで・・・5分20秒だったのが30秒も縮んだのですから
いまだに忘れることが出来ません
私だけなら他の要因もあるかも?なのですが、
みんなこぞっての大化けなので信用度は高いと今でも思っています


上の昔話はピスト選手の話で
ロード選手には筋トレの効果は万能ではありません
走り込みに勝る練習はありません

筋トレは間違うと、故障の原因になったり
筋肉痛で走り込みを阻害する時期もあるでしょう

ただ
最近の研究では
走りこみなど持久系の運動の直前に行う筋トレは
体脂肪を、より分解しやすい「脂肪酸」に変える働きがあり
減量に効果があるととも言われています


自転車に乗っての運動は総合運動です
限界まで追い込んで運動の継続が不能になったとき
それはどこかの一つの部位がオールアウトしたのであり
他の大半の部位は筋トレ強度に達していないと思われます
腸腰筋など体幹部の筋肉はたいがいそれに当たります
これらを鍛えるには
その部位をクローズアップして集中して「そこに」負荷をかけるしかないのです


ただし、
ジムなどで専門スタッフの指導の下でするのでなければ
自重などによる低負荷な「プチ筋トレ」にしておいた方が無難でしょう
いわば「腕立て伏せ」や「懸垂」の脚腰バージョンです

それでも強くなる選手は多いと思いますよ


私が実践している「プチ筋トレ」も後日順次紹介させていただきたいと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
腸腰筋の鍛え方
いつも楽しく拝見させていただいております。NHKの番組で100mスプリンターのアサファパウエルの特集を見たときから腸腰筋に興味を持っておりますが、いまだ、自転車にあったトレーニングがわかっておりません。 もしよろしければどのように腸腰筋を鍛えているのか教えていただけますか? よろしくお願いします。
2009/01/08(木) 10:50 | URL | Tomi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/31(水) 23:37 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/19(金) 09:56 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/19(金) 08:30 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/540-340ae90c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。