シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/30&10/1も
   内覧会の集中日でした
          ただし東京の・・・

東京でしか見れないブランドもあるので
半期末で多忙なこの日なのですが、30日の日帰り駆け足で
                          「おのぼりさん」をしてきました

この日のメインでもあるダイナソアさんは
     東京タワーの真下のプリンスホテルにゲストを呼び
 多くのアトラクションを織り込みながら
         心のこもったプレゼンテーションをされていました
hh1gm.vvv 056 
hh1gm.vvv 051 「タイム」
これが新東京タワー
       ・・・ではなく「RXR UL-TEAM」です(笑)

hh1gm.vvv 038
ホワイトもあったのですネ
「RXR UL-TEAM」は思ったよりボリューム感がありました
               それでも十分ヒルクライムに使えるくらいに軽く
スケルトンなどは、
   一般のマスドのロードバイクと同じなので
      日本海往復のような快走コースでいい感じの走りが出来そうです
こういう
   「エアロロード」は明らかに今年のトレンドですね

hh1gm.vvv 047
今年のもう一つのトレンドが「衝撃吸収性の強化」
  LOOKの566もそうだったのですが
         この「VRS Vibraser」も さらに快適性が向上しているらしいです
             どんな「魔法のじゅうたん」なのか?
                  これも是非乗ってみたいものですね


「オルベア」
hh1gm.vvv 046
2009「オルカ」はマットブラックだけじゃなかったのです
                        5,6色選べるみたいです
中でもこのブルー、綺麗でしたね
   (ホイールやパーツの選択は難しいでしょうが)

hh1gm.vvv 041
「オニキス」は完全新型です
  来週、奈良で試乗してきますが、
       これが良かったら相当なお買い得バイクになるでしょう

hh1gm.vvv 042  hh1gm.vvv 044
とりわけ進境著しいのが「アクア」
欧州ブランドバイクとしては例のない
         10万円を切る価格のロードバイク完成車が登場します
しかも、
グラフィックなども相当にカッコよくなっています
    ストレートカーボンフォークもサドルもいい感じです
                           ハブまでシマノです
 (・・・ハンドルのドロップとリーチが大柄なのが改良の余地ありですが・・・)

欧州最大の自転車メーカーの底力でしょうか、
                 スペインという立地からでしょうか
            
             これは、「入門の1台」に最大のお奨めバイクでしょう


セラ・サンマルコ
hh1gm.vvv 033 hh1gm.vvv 035
意表をつく大胆さのある「マントラ」が発表になっています

本国の社長さんや開発担当の方とも立ち話をしたのですが
          私が「SMPを気に入って使っている」旨話すと
              「それなら是非これを試して」・・・と相当の自信作のようです


チネリ
hh1gm.vvv 049
是非すぐに使ってみたくなったのがこれ
         軽くて、グリップ感もこれまでにないものでした


デマルキ
hh1gm.vvv 036
今年の冬物はとにかく良くなっています

生地の高級感もあるし
         何よりも着易い

スイスの「アソス」、スペインの「エチュオンド」に負けない
                          イタリアの「デマルキ」として
   高機能サイクルウエアーの地位を明確に示しています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/10/03(金) 02:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/499-dc7158fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。