シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も「安全に・・・」のシリーズです


集団で練習をするときは、危険などを後方に伝えるのに手信号を使うのが一般的ですね
右折や左折
減速、止まれ
路面の不整
右寄れ、左寄れ
等は手信号でしていることが多いですね

でも、
手信号をするには、片手を離さなければなりません
それでなくても危険なタイミングに (危険が迫っているから合図を出しているくらいだから)
ブレーキが遅れる
しかも
穴ぼこなどの不整地にはまったら手がハンドルから外れるかもしれない
そんな、片手走行を要求するのはなんとも矛盾を感じます

そこでこの↓写真
hh1gmvvLLf 009
このようにハンドルから手を離さず
パカパカと指を2回ほど広げ、ハザードを出すのです
前の信号は瞬時に順送りします

これで、不整地の注意や減速の注意はできますよね

以前
シマノレーシングやマトリックスの前身キナンCCDの皆さんと、
和歌山の練習に度々ご一緒させてもらっていたのですが
プロの皆さんは
こうしたハザード信号、良く使っておられるんですよ

一度試してみませんか?



大人数になると
すばやく、最後尾まで伝達するために
手信号だけでなく、
声による合図も是非併用したいものです
後ろから来る車のことなど、後方からの合図は声でしかできませんし
クラクションの代わりになるのも大声です

8月30,31日は住之江店のみ臨時休業します。
梅田店、豊中店は通常通り営業いたします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/480-36ad1d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。