シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/13の日曜日
「ビギナー練習会」と銘打って
三田市の青野ダム周辺まで行ってきました
暑い日だったのですが標高200mの高原の湖ということで幾分ましでした

「本当に始めて」という方は7.8名だったのですが、比較的のんびりペースと言うことで
途中参加途中離脱を含めると30名弱の皆さんと走ることができました

868409549_184.jpg
湖畔の『青野ダム記念館』のロビーをお借りして、
集団走行や安全走行に関する講習会&ディスかションもさせてもらいました
ここでは、
集団内での互いの意思伝達、合図、下りやコーナーリングのコツ、
そして、スポーツ自転車のおかれている立場と交通ルール等
・・・がその内容だったのですが
..........
とりわけ強調したかったことは
「まっすぐ走る」こと
「後ろの人の安全と走り易さを第一に考えて まっすぐ走る」ことでした
普通は前の走者が10cm横に振れると、そのうしろの人は20cm、そのまた後ろは30cmと
増幅していってしまうものです

そうなると、
集団走行は、その域を超えて乱れてしまうし、まさに危険です

集団走行の練習では、
日本では
前後の間隔を詰めて走ることを重視し、まずその練習からしますが
ヨーロッパのように
前後間隔よりも まっすぐ走る技術 を先に習得し
次第に間隔も縮めていくようにしなければならないと思っています

これができていないから
日本のロードレースは、落車頻度が高く危険なのだと思います

一般公道ではなおさらです
集団落車の背後から自動車が突っ込んでくるという最悪の事態も想起しなければなりません

前の選手が横に振れても自分は振れないという 前方を注視した余裕のある走り をしたいものです

(写真はライディングフォーム講習で、たぶん「悪い腰の構え」の例を体感してもらっているところです)
(クーラーの効いてる所で、しっかり休憩できました。管理人様、三田市民の皆様有難うございました)

868409549_11.jpg
その後、車が少ない広くて長い平坦コースが近くにあるので、そこに移動して
実際に、ローテーションによる先頭交代を練習してみました
(ツールドフランスのチームロードみたいなやつです)

片道7kmの往きはばらばらだったようですが、
帰りはずいぶん綺麗に安全に走れるようになってきました

hh1gvvLL 033
綺麗な高原の湖の周りに広くて車も少ない道路が整備されています
無料駐車場も多いので、ここまで車で来られることもいいでしょう
お洒落なカフェやお蕎麦の美味しいところもいくつかあります

hh1gvvLL 039
お昼は急激に気温上昇で水浴びもしちゃいました

hh1gvvLL 045
実に綺麗なところでしょ
でも   (写真をよく見ると)
ほとんど車に遭わない道ということと
帰路と言うことも手伝って、
少し気が緩んでいますねぇ
左右に広がって走ってしまっています
それに、
10人パック程度で 意図的な中切れ も作りたいですね

自動車と共存するための必須事項です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そ、そうですね(汗)
おっしゃるとおりです

どこにいても心がけないといけません
2008/07/24(木) 11:30 | URL | てnち山崎 #-[ 編集]
「ここではいい」なんていわないでください。車や人が見てなければ良いと勘違いする人が出てきます。影響力の強い人なんですから・・・。
2008/07/17(木) 03:13 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/467-4fde335f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。