シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
末尾に追記があります(8/12)

今年の乗鞍用バイク作成日記その①
乗鞍1 001   乗鞍1 002
今年は手持ちのパーツ類を使ってあまりお金をかけずに作成します。
乗鞍1 003   乗鞍1 004
といってもゼロでは無理な話でたらないところは実費がかかります。
乗鞍1 005
このフレームで乗鞍には参加したことがないのでどんな乗り心地に仕上がるか楽しみにしています。
まず、フレームの重さを出してみましょう。
シートクランプは軽いのにしようと思っているのでここまでの合計が1328gになりました。
みなさんは完成したら、何gになるか予想してください。
ちょこちょこ更新していきます。
ここで紹介したモノも軽いのを見つければ交換していきます。

練習せずに自転車だけに頼ってどこまでのタイムを出せるか挑戦してみます。

クラブ住之江-乗鞍隊でした。

八ケ岳でM山君から十三峠を速く走れるホイールが欲しいと相談されましたが
君なら、もっと練習すれば速くなると思うのでパーツに頼るな!ということです。
若いうちはダメ!おぢちゃんみたいに年をとってから話を聞いてあげるよ。
でも、本当に速くなるならホイール欲しいよねぇ~!どうする?

栂池のヒルククライム、やっとエントリーしました。前回8位くらいだったので
練習なしでどこまでせまれるか!?という今日この頃です。

5月9日追記
のり
アジャスターですが変更です。7.2gから4.7gへ2.5gの軽量化です。
結果ここまでで1325.5gになりました。

5月13日追記
FRM.jpg
フロントシングルでいこうと思い、最近のホローテックⅡとかだとダブルの
チェンラインしかとれないのでスクエアーテーパーのBB(軸長103mm)
を使用。FRM製でわずか136.9g、これに軽いアルミクランクをつける予定。
上りに特化するということなのでフロントの歯数をいくらにするか考え所である。
ここまでで1462.4gになりました。

5月16日追記
BTPカーボン 001
カーボン製のブレーキシューホルダーとコリマのブレーキシューです。
通常の半分くらいの重量ですが、ちゃんと角度調整もできる優れものです。
ここまでで1495.6gです。

5月18日追記
AX.jpg
サドル見つけました。AXライトネスのフルカーボンサドルです。
こんなのでお尻痛くないな?って訊かれますが上りは結構踏んでいるので
お尻はどっかりとサドルに座っていません。腰の位置がずれない程度の
使用なのでヒルクライム1本でお尻は痛くならないという話です。
1568.7gになりました。このへんで普通のフレームくらいの重量かな!?

5月19日追記
クランク 001   クランク 002
以前書いた軽いアルミクランクです。
フロントシングルにする為チェンリングカバーをつけました。脱落防止です。
左右で439.9gは軽いと思います!
これで2008.6g。やっと2kg越えです。

kom 001   kom 002
カーボンホイールを譲り受けました。前後で実測1207gは軽いでしょ!?コレを改造して
もっと軽くしてみようかと思っています。
ちなみにコレをすんなり足すと3215.6gになります。

5月22日追記
スプロケ 001   スプロケ 002
105のスプロケット248.2g           KCNCのスプロケット105.1g
その差143.1gは凄いでしょ!?軽量化でリヤの段数を減らすケースがありますが
さすがにフロントシングルにしてるのでこれ以上のイレギュラーはおぢちゃんにも
自転車美学があるのでやりません。それにこのスプロケットは・・・
スプロケ 003   スプロケ 004
歯数が多いパートは75S硬質アルミ   ミディアムパートはスカンディウム合金を使用。
スプロケ 005
更に力のかかる、トップとセカンドはチタン合金と使い分けている優れものなのであります。
ここまでで3320.7gになりました。

5月26日追記  番外編です。
やまぐち 005   やまぐち 004
XEROのカーボンホイールです。
シマノ10Sカセット用なのですが、お客様の要望が9Sだったのでモディファイしました。
ついでなので真鍮ニップルをアルミニップルへ変更しました。
フリー本体がアルミからチタンへなったので重量増なのですがアルミニップルのおかげで
全体の重量は同じ、でも外周部の重量はずいぶん軽くなったので走りは向上しました。
急ぎでなければ、完組みのホイールでもモデファイしています。


5月27日追記
ピラー 001   ピラー 002
シートピラーなのですがこのフレームのピラー径はΦ32.4と少々やっかいな寸法。
専用のシートピラーを測定すると198.4gもあり軽量バイクにはふさわしくない。
手持ちのΦ27.2のものだと139.5gだったのでシムを使えばと測定すると単体で
ピラー 003   ピラー 004
49.4gもある。合計すると188.9gになってあまりかわりない。
カーボンパイプがあったので自作すると14.7gにおさまった、これで合計154.2g。
なんとかなる重量である。合計3474.9gになりました。
残りのパーツはあと少し、なんだか軽そうな自転車に仕上がる気がしませんか!?
シートピラーは最近Φ31.6が多く、みなさんからこれが軽いと教えてもらいますが
なにぶん、このフレームはΦ32.4なのでこのサイズのダウンサイザーはBTPの
カーボンしかなく、入手も困難です。

5月30日追記
KMC.jpg
今日はさっくりとチェーンです。
長さを合わせて238gになりました。ところでチェーンの重さって普通どのくらい?
と思われるでしょうが、これは結構軽いです。ミッシングリンク使っています。
合計3712.9gです。

5月16日付のカーボンシューホルダーについてですがドイツのBTP製で日本未入荷品です。
個人で発注して1年くらいかかりました。これでも早いほうで手に入ったのがラッキーといった
ところです。こういうリスクの高そうな商品は日本市場では扱われないみたいですね。
1台分で経費込みで2万円くらいしたと思います。

5月31日追記
テープ 002   テープ 003
みんなが軽量パーツであまり気にしないのがバーテープ!
シルヴァのコルクテープは41.2g、右の軽いのが26.4g。
巻いたら余分な部分が出るので少し軽くなるでしょう!?
昔あったシャイニー(ビニールテープタイプ)が軽いと思っている人が多いのですが
それは間違いで通常のコルクテープとあまり変わらない。
タイヴェックバーテープが軽いのです。これは絶版品ですが・・・。
興味のある方は根気良く探してください。
ちなみにここまでで3739.3gです。

6月2日追記
TUFO160.jpg
タイヤはTUFOのエリートライト<160gを選びました。
実測で154.4gです。一応メーカーでは最軽量ロードタイヤになっています。
名前の通り160g以下なのは素晴らしいことです。
2本で308.8gなのでここまでの合計はやっと4kg越えの4048.1gです。

6月3日追記
3T 001   3T 002
ステムですがおぢちゃんは70mmを使います。
まず、マグナムサイズで70mm(短い)かつ軽量なのはなかなか無い。
そこで見つけたのが3TのARX。 プロ70mmで実測116.4gです。チーム用の
チタンボルトでモデファイすると108.7gまで軽量化に成功!
(チーム用のチタンボルトのみの販売はありません)
それなら元からチーム70mmを使えばよいのでないかと思われますがチームだと
ラインが赤になってしまうので、というのが理由です。
合計4156.8gです。

6月6日追記  番外編②です。
乗鞍の前に大台ケ原に出ます。MTBクラスにエントリー予定です。そこで・・・・
マキシス 005   マキシス 001
マキシスの最軽量タイヤマックスライトです。  そのチューブでフライウエイトです。
タイヤの重量は表示の310gより軽いものがあり、299~310gあたりのものが
平均ですが買う時に指定できませんのであしからず!
チューブも表示より軽いものが多いですね。

せっかくだからロード用も紹介します。     2本の実測値です。
マキシス 003   マキシス 004
おなじくマキシスのモンヴァントゥです。表示は130gなのですが、なかなか優秀な実測値ですね。
アップヒルオンリーと書いてありますが下りはゆっくり下っていただければよいと思います。
岐阜乗鞍では頂上でこのタイヤをわざわざ交換していた人もいます。不安な方はそうしたらよいかも!?
マキシス 002
フライウエイトのロード用チューブです。表示の53gよりわずかながら軽いですね。
ミシュランのプロ3レースが約200g、23Cのチューブが約95gで合計295g。
マキシスの合計が185gなので前後で220gの軽量化が可能。
どこかの本で、回転外周部の軽量化は他の部分の5倍の効果があるとありました。
ホイールの軽量化もありますが、外周部という限定があるのでハブが軽くなっても
効果は薄いのです。
タイヤ、チューブ1ペアでかなりの出費になりますが、まぁ、軽量ホイールを買うよりは
経済的ですね。

6月9日追記
大台ケ原の前にMTBで栂池ヒルクライムを走ってきました。
全然練習していないのに1時間18分台で走れました。
練習したら入賞できそうです。これも軽量MTBのおかげです。
MTBのスタート3分前が50歳以上の部で、途中で抜いた時に
「MTB速過ぎるよ!」といわれましたが、
「おっちゃんのロードよりこのMTBの方が軽いでぇ~」と
心の中で叫びながら走り去りましたという今日この頃です。
軽量化バンザ~イ!
今回使用したタイヤはコンチネンタルのスーパーソニックです。

6月15日追記
トップキャップ1   トップキャップ2
少しあきましたが・・・
今回はトップキャップです。雑誌の軽量ネタでは踏み込まないところです。
カタログ見ても載ってない。机上計算の記事では無理な聖域といったところでしょうか。
一般的なアルミトップキャップ+ボルトで17.3g、
カンパレコードのカーボントップキャップ+アルミボルトで8.2g(少しモデファイ)です。
プラグ2   プラグ1
ついでにアンカープラグ。
一般的なもので24.3g、今回用意したものが9gです。
スヘー゚サー1   スペーサー2
ついでのついででコラムスペーサー。
一般的なカーボンスペーサーで16.2g、軽いのが5.8g。どちらも高さが30mmです。
この3点を合計してもわずか23g、ここまでの合計4179.8gになりました。

あまり関係ない話ですが。
スカート
            ↑  これはカーボンスカートです。何に使うのかというと、
スカルパ   スカルパ+スカート
なで肩のフロントフォークをインテグラル肩にモデファイするものです。
トレックで同じようなものがありますがこれは2年前くらいからあります。

6月16日追記
btpr.jpg
この企画で一番の飛び道具です。フルカーボン製のRメカです。
106.8gは最軽量だと思います。
ここまでの合計4286.6gです。

6月20日追記
RED 001
スミマセン。急ですがRメカはスラムのレッドにします。プラス37.9gですが・・・
RED 002
シフターをレッドにする為です。291.2gは軽すぎる。でも・・・
RED 003   RED 004
取り付けバンドをスペック品からカーボン製に交換すると1個あたり10.5g軽くなり1台分で
21gということはモデファイ後の重量が270.2gになります。
ここまでで、4594.7gということになります。

となるとフロントシングルからダブルに変更しようか!?という今日この頃です。

6月23日追記
kcnc 001   kcnc 002
フロントブレーキ59.6g             リヤブレーキ57.5g
合計117.1gです。取り付けボルトは軽いアルミ製にしました。
KCNCの軽いブレーキです。ブレーキシューは以前紹介したカーボン製にします。
kcnc 003
フィキシングボルトは15.7g。Tiso製のアルミです。
ここまでの合計4727.5gになりました。
残り、ハンドル、ペダル、ワイヤー類といったところであろうか!?
このままでは、5kgを越えてしまいそうなので、なにか軽いのを探してみようと
考えています。なかなか組立にはいれませんなぁ~。

6月24日追記
ジェイカーボン
ワンバイエスのジェイカーボンを使う予定、ハンドル幅380mmが気に入りました。
そんなに驚くほど軽くないのですが握った感じがGOODです。
219.6gなので、足すと4947.1g・・・やばいなぁ~!!

7月5日追記
アジャスター
すみませんアジャスター変更します。わずかですが1gの軽量化です。
セルコフシートクランプ 001   セルコフシートクランプ 003
それとシートクランプ忘れてました。フルカーボンで15.7g、チタンボルトにするとあと数g軽くなります。
これで4961.8gになります。
アジャスターはジャグワイヤー製で思っていたより安いです。セルコフ製のカーボンクランプも
1万円くらいするかな~と思っていましたが半分以下、これなら無理なく買える。適合するサイズの
チタンボルトもTITANTECHから販売されています。

7月6日追記
BTPカーボン 001
アンダー5kgを狙う為にシートピラーを変更。
Φ27.2なのですが、Φ32.4用シムを含んでも92.3g、以前紹介したものより61.9g
軽くなります。これで合計が4899.9gになりました。
9gシムの情報を頂きましたがΦ31.6で83.3g(92.3g-9g)のシートピラーを探す方が
困難なのでこっちにしました。ありがとうございました。次回の参考にさせて頂きます。
NERO CORSA
フレームも検討しようとデダチャイのNERO CORSAを入手したのですが元より重かったので
却下しました。軽さだけでなく、走るんだったらこっちを選ぶんだけどなぁ~!
1050gは十分に軽いのですが今の世、800gを切るフレームが存在するのでどうなんでしょうか!?

余談:乗鞍の前に大台ケ原のヒルクライムにでます。
    いきなりはしんどいので十三峠に行きました。
    6月の1回目は21分03秒、2回目、3回目でやっと20分47秒まで
    タイムを縮めました。MTBで参加します。
    結果はどうなるでしょう!?

7月13日追記
いきなりですが、大台ケ原ヒルクライム行ってきました。
MTBで参加?と思われますが、おぢちゃんのMTBヒルクライマー仲間がいて
毎年大台ケ原はMTBクラスに出ます。
チームはバラバラですが同じ宿に泊まって前日からレースの話をして気持ちを
高めます。
今回はその仲間から5人のチャンピオンが生まれました。

MTBクラスは結構激戦で、とにかく軽い車両じゃないと付いていけない。
10kg以上じゃ話にならない。8kg台、7kg台で参加しているのはザラ!
機材が大変です。
大台ケ原 001
高校生MTBで優勝した「たいがくん」です。

7月18日追記
MTBヒルクライムマニアの話を前回したのでどんなモノが紹介します。
スコット 004
大台ケ原で走った軽量MTBです。実測で6960gです。
貴方が乗っているロードより軽いでしょう!?
タイヤは軽いタイヤのブロックをカットして更に軽く!300gを切っています。
スコット 005
自慢のフロントブレーキです。
スコット 001
軽くするのに極限までやっています。ブレーキ台座も元のモノを外します。
スコット 002
ノーマルのVブレーキ(コレも軽いのですが)が台座込みで183.8g。
スコット 003
台座もアルミ製で100.7g。1台分だとかなりの軽量化です。
雑誌でスプリング調整ができないと書いてましたが、できます。
15mmのスパナと5mmのアーレンキーでやります。
スコット 006
ちなみに計測はライトとスピードメーター、サドルバッグの取り付け金具付で行ったので
外したらもっと軽いです。もちろん、ペダル付です。
ブレーキレバーが普通なので次回軽くしてみます。
これは乗鞍では走りません。

7月27日追記
TOKEN-NEW 002
スミマセン!クィック忘れてました。TOKENの新型でレバー部がチタンだったのが
アルミ製になって軽くなって価格も安くなりました。ペアで44.8gはかなり軽いです。
TOKEN-NEW 001
更に冒頭に書いていたシートクランプをやっと紹介できます。こちらもTOKEN製です。
合計4954.3g・・・もうそろそろ完成させないと!

体調が悪くて練習に行けません。

8月1日追記
エルゴノヴァ
ステムが3Tなのでハンドルも3Tに変更、緊急入荷したエルゴノヴァ・カーボンバーです。
浅曲がりショートリーチで小柄なおぢちゃんにはピッタリ!すぎる。
ハンドル上部がエアロ断面になっていて上りのアップバーをもって走る時にパワーアップが
期待できるデザインに気に入っています。
驚くことに重量がわずか187.9gしかありません。この手の形状をしているハンドルの多くは
200gオーバーのものばかり、使いたくても使えない(軽量事情)。
定価で3万円少しオーバーですがこの重量は魅力ですね。
ハンドルの交換で31.7gの軽量化は大きい!
合計4922.6gに、クィックを忘れていた分をこれで取り戻せたかも!?

世間様から早く組めよという声が聞こえてきました。

8月4日追記
タイヤ 001   タイヤ 002
MTBネタですが、タイヤのブロックを削ったら23.5g軽くなりました。
シュワルベのファストフレッドが314gになりました。
これで乗鞍のMTBクラスに出る方います。

おいおいこんなことしている時間があるなら自分のバイクを組めよと
言いたくなりますが、なかなか出来ないものです。

8月12日追記
トマシーニ 002   トマシーニ 001
軽量化骨休み。超珍しいトマシーニ社のシンテシーランドナーです。
店の片隅に置いていたのですがどうしても譲って欲しいというお客様がおられて
販売することになりました。8分くらいの組立だったので仕上げている最中です。
元々おぢちゃんが乗ろうと組み立てていたのですが、サイズが大きいことに気付き
中断していた自転車です。
あとべダル、ライト、バーテープ位になりましたのでどの位の重さか測定しました。
思っていたより軽いのでビックリ!新しいオーナーも喜んでいただけるでしょう。

13~15日は住之江店のみ盆休みです。他店は通常営業します。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/08/30(土) 23:41 | | #[ 編集]
シム
下記の商品ありますよ
USE 31.6mm/32.4mm シム $12.95
http://www.use1.com/products/seat_post_shims/shim_range.php
アルミ製の9グラムは魅力です。
2008/06/29(日) 19:41 | URL | 栗田 #-[ 編集]
いつもブログを拝見させていただいてます。
カーボン製のブレーキシューホルダーがすごく気になります。どこの製品か教えていただけますでしょうか?
2008/05/29(木) 16:55 | URL | Andy #zoVc38/k[ 編集]
いつも拝見させていただいております。
どうも、先日は梅田店でBMC SLC-01 ASTANA 買わさせていただきましてありがとうございます。
いつも楽しく拝見させていただいております。
というかお店によるきっかけはこのブログだったのです。
自転車始めたことから見続けている
LIVESTRONG MODERATELY.
http://9-26.way-nifty.com/livestrong/
とともに、非常に参考になるブログだと思っています。

今回はすべて手持ちで済まされるのですか??

出費にはなりますがKCNCのスカンジウムポストなら350mmで結構軽かったはず。
短く切ればさらに軽く・・・。
1万もしなかったはずですし・・・。
Φ32.4があればですが・・・。
2008/05/28(水) 09:25 | URL | 秦璃@機材ヲタクw #7ReaCZgs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/440-43b9ff8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。