シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私くらいの年齢(もうすぐ53)にもなると、とにかく疲れが取れにくい
そこだけが若いときとの違い・・・と言ってもいいくらいです

疲れが取れていない状態で翌日の練習をしてもほとんど効果が上がらないし
疲れが取れるのを4日5日も待っていたんでは、練習効果が積みあがらない

ですから練習後のすばやい回復のために色々な努力をしています
ある意味で練習それ自体より大事だと思っています
筋肉や血管が作られているのは練習中ではなく休養中ですものね

サプリメントもかなり勉強して飲むようにしています
これなどは私の現役時代には無かった物ですから
今のおやじライダーは恵まれています
hhgvv 045


セルフマッサージもしっかりやっています
これは、しておくのとそうでないのとで翌日のパフォーマンスに大きな差がでてきます
(明日からツールド熊野に行ってきますが、ステージレースでは特に重要ですね)
hhgvv 044
今の季節以降は、温感系では脚が火照って寝れなくなってしまうので
比較的安価で清涼感もある、このスポーツバルムを使うことが多いのですが
安価と言っても日常的にはやはり使いづらく、翌日に重要な練習会や試合が無いときは
浴室での石鹸マッサージになることも少なくありません(笑)

このマッサージゲルはべとつかずふき取りが要らないので便利なのですが、
マッサージの途中でも乾燥してきますので、
霧吹き等で時々水分を補給しながらマッサージを続けるのがコツです

・・・・で、やっと本題
表題にある私の「ころころマッサージ」がこれです
hhgvv.jpg
野球の軟式球をこんな袋に入れているだけのものなのですが
これで、大臀筋の周りをマッサージしています
これはある有名な選手に教えてもらったのですが・・・

私の場合、大臀筋とその周りはたくさんの筋肉量で
他人にマッサージしてもらうと両手でできるのですが、セルフだと片手になるので
掌の大きさでは中々マッサージしきれません

そこで、「ころころマッサージ」の登場なのですが
ころころする部位は限定しています

座った状態で
「大臀筋とハムストリングの境目あたり」、要するに足の付け根の裏側辺り

仰向け寝になって
「大臀筋の上部」です
気持ち良いからとあまりきつく押し付けずに、軽く長くころころ転がしてやります

ここで注意!があります
「腰」には使っていい場合と、
稀に(痛みの種類によっては)危険な場合があります

ですから、これはあくまでも
大臀筋など大きな筋肉用と思って、腰や背中には使わないほうが無難です
臀筋群のすぐ上は腰なので気をつけてください


例によって、
片足だけをマッサージして効果を確かめたこともあるのですが、
確かに効果は絶大です(当社比―笑)





・・・・・・ああ、また、内緒を書いてしまった(笑)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/438-9bbfc8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。