シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
末尾に追記をしました
(3/1・13:15)

雑誌広告の中のコラム「やっぱ速くなりたい」
この↓写真を載せて
DGDHGFJH.jpg
冬場のトレーニング限定で「台形ペダリング」をしてみよう
と、呼びかけています
(クラブシルベストのHPにも掲載中)←クリック

これは
(矢印A) 腸腰筋や腹筋など体幹部の筋肉を使って
       9時10時あたりを力強く上げます
       (かかとを引き上げる感じじゃなく、膝を上げるつもりで)
       (脚の筋肉は使わないように)

(矢印B) 気持ちはさらに上げるくらいの勢いです

(矢印C) 限界まで膝を上げたらその反動で、今度は 
       膝を支点に上死点あたりは前にすばやく送ってやります。
       強くではなく、「速く」です

(矢印D) シーズンになったら重要な1時2時あたりの早めの踏み込みですが
       このトレーニングペダリングでは、惰性で脚の重さを乗せるのみです

       そしてそのあと、ペダリングの下半球は、できるだけ力を抜いてやって
       反対側の脚の「台形ペダリング」に意識を集中してやります

これは、何のためのトレーニングかというと
Pho001_saisyokyoukaku.jpg
上の写真で比較していただけるように、脚の短い選手は、
ペダルが上にきたときに、膝が高く上がってしまうのです
(脚長とクランク長の比率が原因です)

だから、
上体の前傾も難しく、
ペダリングは
上死点が窮屈なのです


写真の小柄な選手くらいになると、
ペダルにパワーを伝える以前に、時間の経過と共に
上死点を通過させるだけで、大変な身体的な負担になってしまうのが
ご理解いただけると思います

疲れてきたり、回転が速くなると
上死点まで上げきらずに、ペダルの回転方向と反対に踏んでしまうことも容易に起こるのです

そう!
「台形ペダリング」は

股関節の柔軟性を高くし、
上死点のペダルの乗りこえをスムーズにする
そして、
さらに一歩踏み込んで
このように上死点付近の苦しい窮屈な姿勢からでも、パワーが出せるようにするのが狙いなのです

回転方向と逆方向に踏んでしまっていたのを、同一回転方向にパワーを出す・・・
マイナスだったのをプラスにするわけですからその差は絶大です

「自分は短足じゃないから関係無いなぁ」と思っているあなた!
脚長80㎝以下だったら、ロードバイク発祥の欧州を基準とするなら
残念ながら十分に短足と言えますよ
(ちなみに身長169cmの私は脚長78㎝です)



「上死点の克服」を助ける代用筋トレも紹介します
jhjhj 039
このように、椅子に座って
上体をできるだけ前傾してやります
おへその下5㎝ぐらいを凹め、ここを支点に上体をかがめてやる感じです
そして
膝をじわーっと胸に引き付けていきます

これだけでもかなり苦しいのですが
ここで、左右の膝を交代にさらに上げるのです
いわば「空(から)ペダル」ですね

1分も続けられないかもしれませんが、オールアウトまで我慢して続けてみましょう


これは、車の中でもできます
信号停車時に、上体をハンドルにできるだけ近づけて
膝をハンドル直下まで上げていくのです
左右交互でなく、左右同時に上げ下げしても構いません


これはかなりの効果が期待できますよ
これなら、合間を見つけて継続しやすいでしょ

何でも継続は力です



3月1日、追記1

上の「空ペダル」筋トレをすると
おなかの下のほう、や足の付け根に痛くなるところがあるでしょ
これが大事で
実走行で
「台形ペダリング」トレーニングをする時にも、
同じこの部分に力が入っていることを時々確認しながらペダリングしてください

↑の「この部分」がどこなのか?を実感するためにもぜひ「空ペダル」を体験してみてください


追記2
それと

「台形ペダリング」は冬場のトレーニングとしての紹介なのですが
じゃあ、夏はどうするのか?

・・・・今は、
とにかく膝上げを強く意識してペダリングしてください、
それがシーズンになる頃には、意識せずに出来るようになってくる・・・ハズ
ということでしょうか
そして
しだいに
2時のあたりの踏み込みもちゃんと意識するようにしていってください




追記3
「筋トレは体の表裏をセットで行う」という原則のようなものがあります・・・ので
「空ペダル」筋トレの後には、ランジや開脚スクワットで裏側に当たる大臀筋等にも刺激を与えるようにしています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/401-48158de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/12/29(水) 22:26:30 |

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。