シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンダーウエアーって本当に大事だと思います
特に寒いシーズンは、
こうした新しい素材のアンダーシャツなくして練習なんてとてもできないと思っています
この分野も進歩が速く
以前は静電気でパチパチと痛い思い(痛いだけではなく体にも悪かった)をしたものですが
今はそんなものは無くなりつつあります

自転車競はアンダーウエアーにとって過酷な環境といえると思います
色々あるスポーツの中でこれほど変化のあるスポーツも少ないのではないかと思います
たとえば、
この時期の朝、六甲山に登るとして
約1時間の登坂の後半には、氷点下の気温にもかかわらず、
全ての衣類を脱いでしまいたいくらいに暑くなり、
大量に汗をかきます
そして、下り
薄着で濡れた体で、その気温の中を時速4,50kmで
風を切って下っていかなければなりません
これを繰り返すのが自転車競技なのです

登山でも汗はかくでしょうが下りも結構重労働なので
自転車ほどのオンオフの差はありませんよネ

だからなのですが、
私は(私だけかもしれませんが)暖かさ、保温性能よりも
ドライ性能を自転車用アンダーウエアーとしては重要だと考えています
そしてその工夫として、
寒い時期のハードな練習ではアンダーウエアーを重ね着しています
上に着るアンダーウエアーは、気温によって厚みや袖の長さを調整していますが
肌に触れる部分には下↓の写真のように乾燥感がある、べたつき感の除去を第一にしたメッシュ素材のアンダーシャツを着るようにしています
06KK1 078 06KK1 079

06KK1 080 06KK1 081

どれもなかなかいいですが今店で扱っているのは「DRY」です
「DRY」のHP←クリック
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/368-a164360d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。