シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インプレ記事じゃないのですが
「これはエエよ」なので紹介します
先日、
商品引取りに「服部産業」さんに立ち寄ったときに
倉庫にあった2008のウイリエールを見せてもらいました

紹介しても良いか?たずねたら「ちょっとだけなら」と言うことでしたので
さわりだけ紹介します

2008ウィリエールは
カーボンモデルの「イゾアール」がフルモデルチェンジされ、
同クラスの女性モデルも新規ラインナップされています
・・・と言うことで
カーボンフレームは全4グレードの充実のラインナップです

イタリアモデルとしてコルナゴ、ピナレロと共に「3大モデル」の地位を確立したと言って良いと思います
20071002204845.jpg
新しくなった「イゾアール」
新しいだけあって、ハイグレードカーボンを使って、高剛性、軽量ながら
価格は手頃になっているとのことで、
フレームと写真のようなお得な完成車パッケージが
数通り設定されていました
実に美しいバイクで、このほかに赤基調のデザインもありました
20071002204823.jpg
廉価グレード(と言ってもここのは、他社より1クラス上の性能ですが)
の「モルティローロ」には、美しい白基調(サドルやワイヤーまで)のカラーが追加されていました
105やアルテグラSLなどが選べる完成車中心の展開です

20071002204925.jpg
トップモデルの「チェント」
すさまじい高剛性のロケットスタートマシンでびっくりしました
坂もクイクイ上るこのモデルはまだ2年目、色の追加と、細部の煮詰めだけだそうです
写真は「クネゴ」カラー
20071002205000.jpg
昨年の試乗会でも評価ナンバーワンだった「ルロワ」には、数種類の新色が追加されていました
同社のフレームとしてはセカンドグレードですが、
性能はぴか一で多くのファンがいます

20071002205038.jpg
名前は忘れましたが(すいません)イゾアールグレードの女性向けカラーのモデルです。

多くのモデルに完成車仕様がありますが、
他社では欧州や台湾などの海外完成車ラインで組み上げられたものなのに対して
ウイリエールの服部産業では、
選手経験もある職人達による自慢の組立工房を日本の自社内に持っています。
その強みを生かして
「メイドインジャパン」品質のハイレベルで確実なしっかりした完成車組み立てが可能ということで
事実
対応も柔軟で、高い評価を得ています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/340-900d3add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。