シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テスト用機材入荷しています。
20070930100114.jpg
実は一般販売を開始する前に購入希望者を対象に実際R-SYSを体感してもらう為にテスト用ホイールを用意する事になりました。早速フロントを実測!575gしかありません。他メーカーのカーボンホイールより軽いんでないの!?
20070930100058.jpg
リヤはシマノ用で821gカンパ用ならもっと軽い!リムテープいらないので実質ホイール重量は800g以下と考えても・・・?注意事項はチューブレスには対応しておりません。よく訊かれます。
本当なら今日水越峠で試乗会を行う予定でしたが雨で中止、次回計画中です。購入希望者でどうしても乗ってみたいという方はご相談ください。時間があれば乗れるかも!?試乗用バイクも計画中です。実物をみると189000円は高くないと思うかも!?という今日この頃です。ヒルクライムで試してみたいですね。
画像をよく見るとフリー側はアルミスポークでコンプレッションタイプにはなっていません。これだと右コーナーでは不利!?と思うかもしれませんが、フリー側はタンジェント組になっているところがミソなのです。(キシリウムはラジアル組)タンジェント組はラジアル組に対しスポークテンションが高くなります。その上、フリー側は反フリー側に対してもスポークテンションが高くなります。その原理は三角関数を理解していれば分かるはずです。詳しく書くと別の話になってしまうので詳しく知りたい方はご来店ください。2重にフリー側はスポークテンションが高くなるのでコンプレッションタイプにしなくても横加重に耐えうるはずです。
(実はコンプレッションが発生する反対側はテンションがかかるのですがその部分に引っ張りに強い単一方向性のカーボンスポークを使用することでコンプレッションに強い構造になるのです。つまり3重といっていいくらい)
それよりもロー側のチェーン落ちでスポークの破損を考えるとやはりフリー側がアルミであるべきですね。

テスト用ホイールは各店で体感してもらえるようにしていますがイベント等で持ち出している時があるのであらかじめ確認または相談してください。シマノコグのみなのでカンパファンの方は変速しなければギヤの合う所で楽しめます。店舗が忙しくない時間を見計らってご来店ください。すみませんが、予約が殺到し始めていますので購入希望者が優先されます。

昨年開催して好評だった、各メーカーの新型バイクを集めての試乗会を今年も予定しております。その時にあわせてR-SYSの試乗もやる予定なので楽しみにしておいてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/337-2362a60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。