シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨今はカーボンフレーム全盛時代で、毎年各社からすごい新モデルが出てきて、
事実、軽く、剛性も高く、これ以上の素材は無いようにすら思えます

そんな折
多くのフレームを乗り継いでおられる、ベテランSWさんが、
チタン素材のライトスピード社「ヴォーテックス」が「いいよ~」と言われる・・・・訊いてみると
氏は今年もフレームを新調されていて、
それは、フランス某社の最高モデル、雑誌のインプレ記事のトップを独占しているバイクです
そんなカーボンバイクと、この「ヴォーテックス」をほぼ交互に練習会に乗ってこられているのですが
「こんな感じのコースや(掛け合うような)走り方では、ヴォーテックスの方がいいですね」とのこと

先日ちょうどライトスピード社の内覧プレゼン会に行って、
その魅力を叩き込まれてきた後だったこともあり
SWさんに「これはエエよ」レポートをお願いして書いていただきました


(以下、SWさんの寄稿です)

Vortex.jpg


チタンといえば、酸化しにくく、金属疲労を起こしにくい素材。

一生ものにできるフレームがほしい、
できればチタンの中でも剛性の高い6AL4Vチタン製のフレームを・・・
と思い探していたら、
このライトスピードのフレームにめぐり合いました。

チタンフレームと言えば
しなやかでロングライド向きだというのが一般的評価なので、
このフレームもしなやかなのかと思っていました。
ところが、
実際は(確かに硬いけど)実によく進むフレームでした。
踏んだら踏んだ分だけ進んでくれます
踏み負けそうになるくらいフレームの剛性(特にBB周り)が高いのです。
この剛性の高さのおかげで、
もがいてもきちんとロスすることなく応えてくれます
(踏み負けしないように脚は練習で作りまーす。笑)

振動減退性についても
カーボンフレームほどではないものの、
シートステーのベントとチタンの素材特性で
いやな振動はかき消してくれ、それほどストレスを感じることもありません。

また、
錆びにくいばかりでなく、汚れても布で軽くふき取るだけで
簡単に汚れも落ちますよ(笑)
美しさの保持という点でも一生モノですね


(以下、てnち山)
ホント、いいですね

クロモリは「へたる」
アルミは「時候硬化」
カーボンは「衝撃破断」
色々にトラブルに遭遇する中にあって
チタンは確かに高い買い物ですが、
何時までも乗り味が変わらずに愛用できるし、
落車などのアクシデントにも強いことを考えると・・・

このように性能も良いのなら、安い買い物かも知れませんね

この「ヴォーテックス」は別格らしいですけどね


ライトスピードの内覧プレゼン会の写真とレポートは
↓に紹介しています
http://clubsilbest3.blog77.fc2.com/blog-entry-97.html




(はみ出し情報)
この「これはエエよぉ」ブログは
先日、3316ものアクセスをいただきました
1日のヒット数では新記録でした
有難うございました
これからもお役に立つ情報をお届けできたらナァ・・・
って思っています





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/331-e9ca60e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。