シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070806224541.jpg

以前から多くの皆さんから「これはいいよ」って薦められてもいたのですが
まぁ、ちょろっと試してみて
「こんなものね、フムフム」って思って放っていました
でも
ここ2ヶ月ほど、
きっかけは何だったのか忘れましたが
真剣に取り組んでみて・・・
これは凄い!
とマジに思っています

チームメンバーなど周りの人には真似して欲しいし、
ライバル達には知られたくない(笑) 気もする・・・
優れた練習になります


この片足ペダリングには
いくつものメリットがありました

筋トレ、回転、技術
どれも高められます
しかも短時間、高効率です

★登りなどでケイデンス4.50で行うと筋トレになります
主に引き上げ系が鍛えられます

内転筋、ハムストリング、腰腸筋などです

特に
腰腸筋に対してはこれ以上効果的な鍛錬方法は無いと思えるほどです
しかも、
筋を持久的に鍛えられるので自転車競技に好適です

右がいっぱいになったら左というように左右でインターバルが可能で、
アップ後なら30分程の短時間でも十分な効果が上げられます
時間が無いときの練習に好適だと思います

この筋トレは
踏み側をオールアウトすることは不可能ですので、
帰宅後などに空気椅子やダンベルランジ
http://nikutaikaizou.web.fc2.com/tore/ashi/tore-07.html
で大腿四等筋や大臀筋をセットでオールアウトしておいたほうが
「前後バランス良く行う」という筋トレの原則に照らしても理想的だと思います

★回転力もアップできます
回転を上げていくとお尻が跳ねる、というのは
踏み速度に引き上げ速度が追いつかなくて
踏み足が反対側のペダルに乗っている引き側の脚を押し上げているために起こる現象です
お互いの脚のパワーが打ち消しあっている
最悪の無駄ペダリングです

特に
慣れないと引き脚が上死点を乗り越える寸前あたりが
引き上げきれない状態に陥っています

片足でまわしてみると
ここがネックになって
少し疲れてくると
上がりきらずに逆戻り方向に押してしまい
「カッタンカッタン」と音を立てて上手く回ってくれません

しばらく片足ペダル錬をすると
ケイデンス170くらいまで片足で回せるようになってきます
そうなると、200以上の最大回転も、1時間連続120ケイデンスも無理なくできるようになってきます


★技術面とは
要は上2つで言っている事ができるようになるということなのですが

片足で4時5時の位置であまり踏み込まず
1時2時3時のみの踏み込みで
1周が回せることができて
しかも継続できるようになれば
力が上手く抜けた全周回転ができているということで
乳酸がたまりにくい・・・
すなわち
同じ心拍数だのに、2km/hも速く登ることができる!ということに繋がると思います

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/312-428dff20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。