シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(文責-てnち山崎)
20060508131209.jpg

「ほんとにいいから!是非、乗ってみて」との勧めで預かって乗ってみることにした。
中途半端はイヤなので、写真のように今乗っているバイクと全く同じ仕様&サイズにして、クランク長さも合わせて、ホイールも取り替えながら、坂と平坦路で試乗してみた。


・・・・・・いや~。えらいものに乗ってしまった。
アルミに対する先入観が変わってしまった。

カタログによると・・・・。

フレーム重量わずか920g
コロンブス社から、世界でオルベアだけに供給されている新開発の特別なアルミチューブ製。
(なぜオルベアだけかというのにもわけがあって、溶接後に特殊な熱処理ができる高性能な釜があるのが、世界でオルベアだけということらしい)
性能は、同じコロンブス社の最高級軽量チューブの「スターシップ」と比較して・・・
剛性⇒14%UP
快適性⇒20%UP
軽量性⇒13%UP
耐久性⇒10倍!
という、にわかには信用しがたい夢のような数値が書いてある。

実際に乗ってみて、まず軽快さに驚かされる、乾いた軽やかさがとにかくすごい!
加速もぐいぐいと踏み込んだ分だけ進んでくれるし、特に登りではまるで車重を感じさせず乾燥した切れの良さを示してくれる。
乗り比べた「OPAL」もキビキビした高剛性な材質で定評があるが、それがなんとなく”しっとり”と感じてしまうほどだ。

今年、プロチームが「OPAL」をメインに山岳で「ARIN」を使うというのが分かったような気がする。

心配していた衝撃吸収性だが、これも良い、路面の感じは正確に伝えてくれるのだが、大きな衝撃はマイルドに鎮めてくれる感覚がある。
日本の綺麗な道路だったら200㎞走ってもなんら問題ないだろう。

運動性、取り回しのしやすさは前の記事でも絶賛していた「OPAL」とフォークが同じだということもあってか、良く似ている。
本当に気持ちが良い。

耐久性10倍というのが本当なら
(カタログに謳うぐらいだから自信があってのことでしょうが)
こんなバイク、1台持っていたいですね。

加速感も鋭いのでクリテリウムにも良さそう。

20060508131227.jpg

このホイールとの組み合わせが、軽快性、機動性共に最高!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/30-36af79f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。