シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サドル売り場でお客さんがサドルを選定する様を見せていただいているのですが
自分のお尻にサドルを当ててみる方が結構多いのです
そんなのじゃ判らないだろうに・・・
でもそれほどに、悩み多く
最適の物を発見したいのだろうな・・・・って

そこで
及ばずながら
下のようなものを試作してみました
20070618170537.jpg
スティックです
20070618170605.jpg
で、上に座ります
20070618170457.jpg
サドルが付けられます
20070618170513.jpg
でもワンタッチで取替えひっかえできます

そうなのです
サドルお試し、スティックなのです
ワンタッチでサドルの交換ができて
もちろん完全じゃないですが
不安が付きまとう
サドルの感触にわずかでも近づくことができるという代物です

お試しに、梅田店に備えておきましたが
スタッフにお声をお掛けの上、使ってみてください

しっかりはめないと、転倒してしまう恐れもあります
”店の中で落車”もいただけませんので注意深くご試用ください

(自転車用のパンツをはいて試されないとわかりにくいと思います)



ところで
このお試しスティック「こんなの」をとお願いしたのは私(てnち)ですが
設計製作をしていただいたのは、かつての同僚「工房アカマツ」の赤松さんです

当店以外の皆様にも作成いただけると思います
多くのサイクルショップで
有効利用いただけたらありがたいです
直接問い合わせください



話しは一転するのですが
その「工房アカマツ」にお願いしていた
フレームがそろそろ陽の目を浴びそうです

クロモリによって(船で言ったら竜骨にあたる)ボトムラインのしなやかで溜めのある剛性を出して
シートからトップチューブをカーボンにすることによって
振動が伝わってき易いこの部分でカーボンの減衰特性最大限に生かすことができると思います

これぞ適材適所
日石の極細カーボンシートユニットが有って初めてできる細身のシルエットの
・・・どこまでも走っていける
究極の「ロングライドマシン」だと思っています・・・し
そう作ってもらっています


途中経過は
http://www.kobo-akamatsu.com/entrance.html
↑クリック
上のページの「工房便り」の6/16をご覧ください
(この「工房便り」興味深いですよね)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
フレームのことですよね?
まだ試作中なので決定できていませんが
ある程度も数は作って少し安くしていただくようにお願いするつもりです
2007/06/20(水) 06:21 | URL | てnち #JalddpaA[ 編集]
御幾ら位になるのでしょうか?
2007/06/19(火) 13:44 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/296-5c507f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。