シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<文責-てnち山>
rb_ghisallo.jpg

今回は、豊中店のべてらん番頭、木村のレポートなんですが、
あまり筆まめじゃないので私が、代筆ならぬ、代打ち込みします。http://www.litespeed.jp/06bikes/main_ghisallo.htm
木村ほどインプレに好適な人材はいません・・・
というのもわずか2年余りの間に、なんと10台ものフレームを乗り継いでいるのです。(ホイールもです)
根から好きなのと、やはり、お客さんに自転車を奨める立場なので自分の発言に裏づけと責任を持ちたいからなんでしょう。
自分に合う大きなサイズがあまり無いもので見つけたらつい買ってしまうという面もありますが・・・。

10台は、
クロモリでは、ロッシン、ビアンキ、ピナレロ
アルミはスペシャの「SワークスE5」、
スカンジウムにカーボン巻きのウイリエール「イゾアール」
カーボンではデローサ「キング」とスコット「CR1チームイッシュ」、
チタンはコルナゴ「CT2」
そして、今回の・・・60万円もするLITESPEED「GHISALLO」。

全てを現在も所有しているわけではなくヤフオクもしながらですが、驚きでしょ。

これだけの「乗り比べ」。
それもどこかの雑誌のように体に合わない借り物にチョコット乗ってのインプレと違うのです。
これからも、上のそれぞれを聞いていきますが・・・。

★今回は、世界で一番軽いフレーム「GHISALLO」

XSサイズで公称740g(フェ~っ)でも木村の570サイズになると920gになるそうです。

カーボンでもないのにこれくらいの重量になるとふにゃふにゃか?
と言うと、意外にもシッカリしていて、
カーボンに比べると当然なのかもしれないのですが、はっきりした路面状況の伝達も感じられる(=突き上げも少しあるけどね)

フォークが極めてシッカリしていて、走行感は高速でも安定していて不安は無い。
・・・とのこと

60万円が高いか安いかは個人の価値観だが、現在の世界の最高のフレームであることは疑う余地は無い。

ちなみに
木村のこの10台の中では、スコット「CR1」と意外にもスペシャのE5がイチオシとのこと、
特にE5はアルミにもかかわらず、衝撃の伝わりは押さえられていて、しかも、キビキビ感は最高だった・・・・そうだ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/05/07(日) 15:27 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/29-e4d57757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。