シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合格です
使い続けています
少しですが、速くなれそうです・・・って言うか
選手生命を延命できそうです
登りもエエ感じですし、高速巡航も長く続きます

・・・だけど
このギア、
受け入れられないだろうなぁ、って思います
理解してもらえないだろうと

理由のその1は
過去の万人周知の「バイオペース」があるからです
実はバイオペースとは似て非なるもの、というか全く逆の発想のものなのですが
まぁ
「またか」と思われる向きが多いようです・・・

理由のその2は
仮にこれを買うであろう方を推察するに、
結構長く自転車のペダルを過去に回し続けてきたレベルの方が大半だと思うのですが
そういう皆さんの慣れきった足では
試用当初は逆に遅くなってしまいかねないからです

このギアはそれ自体でもいいのですが
ペダリングの無駄をなくする「矯正」ツールとして
優れた威力を発揮します



メカニズムはこうです
下の写真はもっとも真上からの踏力に最大のベクトルが発生できる3時の位置です
ここのチェーンの接線を見て欲しいのですがFメカの直近で重いギア比になっています(53T相当)
20070415231457.jpg

次の写真は上死点ですここでは、ギア比が軽くなる設定です(48T相当)
20070415231441.jpg

でも、それだけの理解では
多くの雑誌のインプレと同じ「いい人にはいいでしょう」レベルで終わってしまいます(笑)
重くなる3時をギーコギーコと踏みしめて
「やっぱり疲れた」で終わってしまうのです

鍵は「速度」にあるのです
真円ギアでは等速回転ですが
このギアでは上下死点付近では4%ほど速く、3時あたりでは逆に同程度遅くなります
そう
「オーシンメトリック、ギア」の実走レポート時に気が付いて書いたのですが
速くなる上死点付近で、その速さに負けないようにより速く、
この区間でペダルを前に速く送ってやり、
その惰性で2時3時をごく自然に踏んでやる
(意識的には踏まないようにする)ことによって
真上からの踏力が推進力に変換できにくい5時あたりで無駄な踏力
(著名な研究データでは、無意識のペダリングでは5時の踏力が最大になっている場合が多い)
を発生させずに、
効率的なペダリングが行えるようになってくる、
・・・というメカニズムなのです

この癖は、真円ギアでも活かせるので
最近矯正用としてプロの間に支持者が増えているのです



もうひとつのいい点が考えられます
踏み込み3時と同様に「9時も低速」になる点です

皆さん思い出してください、
回転が速くなって120回転以上になると、
よほど引き足を意識しない限り、
お尻が跳ねてスムーズな回転ができなくなってしまいますよね
これは、
踏み込みの速度能力と引き足の速度能力に差があるためで、
速く踏める「踏み」がそれに応えきれない
「引き」側の脚をクランクを媒介して
押し上げてしまうことに起こる現象なのです
ですから
このとき40kgの踏力があったとしても、そのうちの15kgは反対側の脚を持ち上げるのに使っている・・・という無駄を行っているのです

この楕円ギアでは、4%ほど引き上げ速度が遅くなります
ケイデンス120で尻跳ねがおこる人なら
125くらいまで大丈夫ということになります

強度面など、弱点は少し残っていますが、
このギア、試す価値はありますよ。
高くないし


私はこれまでからも
「オーシンメトリック」のギアを使っていて、
今は
ROTORを多く使っていますが、考え方は同じです
「オーシンメトリック」は、効果をより多大に発揮できるようにしているのですが、
それが、
私のように真円ギアと交互に使うようなユーザーでは
双方に違和感が顕著に出てしまうため使いづらくなっているようです




・・・こういう研究物、アイデア物の批判は容易です
したり顔で批判するほうが、かしこそうに映りますが
安易にそうしていいのでしょうか?

自転車発明から現在まで、生産技術の効率化は進んできましたが、
その一例が低コストで作りやすい真円ギアだと思えませんか
人間が機械である自転車に合わせるのではなく
機械が人間本来の動きやすい「バイオ」に合わせる
そんな取り組みを
鼻で笑っていてはいけないと思っています
「愛すべき失敗」も含めて

私も開発者のはしくれでしたからね・・・






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ギヤ比の選択について
便乗質問すいません。
先日梅田店に伺ったのですが、たまたまRotorの在庫がなかったようなので、こちらで質問をさせて下さい。
現在、フロント38Tリヤ12-25Tで全てこなしています。
Rotorだと、フロントコンパクトにしない場合だと40Tですが、これって、実際的に踏んだ感覚的なギヤ比ってどんなもんでしょうか。ヒルクライム目的なら、リヤを27Tにするか、フロントもコンパクト化した方がいいのでしょうか。シマノのフロントコンパクトを買おうと思っていたのに、付かないことが分かって現在悩んでいます。
どうぞ宜しくお願い致します。
2007/04/22(日) 12:00 | URL | くまろう #UBwy42I6[ 編集]
以前にも書いたのですが
原則、この組み合わせでは取り付けできません
私は自分用ですので自己責任で大幅にクランクを削って取り付けました
2007/04/18(水) 14:01 | URL | てnち #-[ 編集]
突然の質問ですが失礼します。
とある通販ショップのサイトに
「pcd110はシマノクランクとギアが干渉するためシマノコンパクトには使用できません」とありましたが、画像はfc-r700のようです。使用にあたって干渉などの問題はありませんか?
2007/04/16(月) 21:42 | URL | カッツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/265-e8ecada1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。