シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日書いた、サピム「CX-RAY」
読み返してみて、さすがに持ち上げすぎ(笑)なところもあるので
ちょっと
注意事項も含めて追記しておきます

それは
もちろんですが、「万能ではない」ということです
今まで長年にわたって踏み入れてこなかった領域に、敢えて踏み込むにあたって、
やはり、切り捨てなければならない部分は有ったということです

それは剛性感、細さ程度が同様のスポークの中では強度は高いのですが

昨今のアルミの太いスポークで組まれたホイール(フルクラムのR1やキシリウムSL等)が比較の対象として自動的に脳裏に浮かんでくるという方には、少々テンションを上げてもその剛性感は異質なものに感じられるでしょう
きれいに回せるスキルがあるなら体重70㎏もOKでしょうが
それらを越えての高い満足は保障できないといったところです
ハブやリム自身の剛性感がないときはなおさらです
(私には快適なのですが、クリテリウムには使わず山岳用にしています)

テンションも
上げて組むには技術と習熟が必要です。
最初はスポークをねじってしまったり、
限度を越えてしまって”板状のチューインガムが噛んだチューインガムになるように”際限なく伸びていってしまったりしてしまいます

まぁ、
趣味的分野における、あるレベル以上の軽量製品は、
「それらを理解した上で利用する消費者」を仮想ユーザーとして開発が進められている
・・・・と理解しなければならないのですが
この製品に限らず



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/227-2e211db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。