シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北摂あたりは冬は総じて天候不順で路面はウエット基調なものです
それらは「時雨(しぐれ)」なのですが
今年は、この季節になっても低気圧による雨が多いですね
寒いときの雨はとにかく嫌なものです
そこらあたりの対策を「ジテツウの達人」Nまえさんに教えてもらいました


(以下、寄稿)
傘などささず、カッパ着て体ごと自然の中へ!そう全身で濡れちゃえば
なんてことはありません。 プール、シャワーは皆平気じゃないですか!

ただ不快さを感じないコツがあります。
①寒くないこと。②顔が濡れないこと。③荷物が濡れないこと。

プールでも寒いと嫌ですし、寒い時に冷たいシャワーは浴びません。
そして顔はプールから顔を出すとまず顔を拭う事からも
濡れると気になる部分だと思います。

①寒さ
夏は汗で濡れるより雨のほうが気持ち良いぐらいです。
少し肌寒い時は、百均レインコートを前だけ短めに切ったのと
同じく百均のズボンの雨具を膝上で切った
(漕いだ時にレーパンとツライチになる長さ)のを使ってます。
冬は最近の高機能アンダーや自転車ウェアにきちんとしたカッパで寒さ知らず。

足先は夏でもフルのシューズカバーにビニール袋を組み合わせて
濡れても汚れない・冷たくない状態に。
脚は自転車用タイツだけでも(濡れても)結構暖かいですし、
もっと寒くなればカッパのズボン。

お勧め手袋はホームセンターの厚手のゴム手袋 (裏起毛)で
袖が長いのでカッパと組合せればまず濡れません。
汗をかくほど走ると蒸れますが、通勤ですから~。
大きめ買えばアンダー手袋を重ねて雪だって怖くありません。

②顔
ヘルメットのツバやバイザー、キャップ で雨は防げますし
頭はウィザードの頭から耳まですっぽりかぶるアンダーキャップを
使ってますがとても具合良いです。
サングラスは水滴で見えにくくなることが多いです。

③荷物
背負ってから大きめのカッパを着ます。
格好は悪いけど濡れませんし空気の層ができてあったかい。

百均カッパの時はシマノイベントでもらうナイロンザック
(中身は一応ゴミ袋で)。ナイロンなので染みません。

学生時代からずっと安い雨具を着ていましたが10年ほど前
清水の舞台から飛び降りるつもりでゴアテックス製品を買い
「なんでこんなに快適なんだ!!」ととても感激しました。
蒸れ方が断然違います。
もう10年使ってますが高かったけど元とれたかなー?

あと雨はパンクしやすいので次の出発前は早めにエアチェック
しとかないと、パンク修理で遅刻しかけますので~!

(Nまえさん有難うございます)

CA331033.jpg

私(てnち)は↑このヘルメットカバーも重宝しています
頭が温かいと体全体が暖かく感じるものです
通気性も少しは確保されています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/210-fc080e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。