シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007レコードがやっと入ってきました
(といっても各店1セットのみなのですが・・・それでも全国に行き渡っていないらしい)

それがかなりエエらしいです
早速使っていただいているクラブ☆シルベスト監督F氏に
レポートを懇願して書いていただきました
20061016121915.jpg


07 カンパ・レコードについて

フロントメカ
2006までのモデルは
変速が重く、インナーからアウターの変速時 2-3秒「ガラ・ガラ」と廻り、その後に「ゆっくり」入る感じで、
アウターからインナーは勢いよくすると、
チェーンが落ちそうな気がしました・・・・が
07モデルは
少しの振り巾で、まるでレールの上をチェーンが通っているかのようにきっちり変速できます。

リヤメカ
2006までのモデルは
シフトアップのたびに変速の振巾が大きくなり、シフトダウン時もある程度の力が必要でした・・(トップ側は結構良いんですが)
07モデルは、
同じ変速機の振り巾で「きっちり」変速していき、シフトダウンも軽いタッチです。

クランク(ウルトラトルクシステム)
「カッコ良く」なっていますね
性能面の違いはのはっきり言ってあまり感じません。
ただ、07レコードで約200グラム軽くなってますので、ダンシング時は
軽さを体感できます。


ブレーキ
これが何といっても一番変わったと感じます。
ガーボンリムでの晴天時のブレーキングで
2006までのモデルでは
初めに「スーット」伸びた感じになり、
後で「じわっと」効く感じでしたが、
07モデルは、
切れ味の鋭いナイフが「すっと」止まる感じがします

PS、
今回、一台はカンパのワイヤー
もう一台はノコンのワイヤーにしました
ノコンのワイヤー類の方が変速及びブレーキングの性能は数段良いように感じられます。

(以下・文責/てnち山崎)
本当にかなり大幅な改良のようですね、
しかも凄いのが
ミラージュやゼノンといった下のほうのクラスまで惜しみなく、もったいつけずにこの高性能を一気に下ろしてきていることですよね、
基本構造は同じなのでおそらくかなり下のクラスまで、ここで書いてある性能を味わうことができると思います
これまでのモデルでは、ベローチェとミラージュの間にははっきりと大きな性能差があって「ここが潮目かな」って思っていたのですが、それも無くなっています、チェーンやワイヤーといった消耗品にも安いものが出たし、本当に「1台目にカンパ」というロードビギナーが増えてくると思います
私も、カンパ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/124-e83fe7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。