シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てnち山崎です
いやな梅雨の時期に突入しましたね(その後の猛暑の時期がもっといやですけど―笑)

今日はウエット用のタイヤのオススメです
最近、
私は立て続けに(といっても去年と今年)
濡れた路面でスリップ転倒をしてしまいました

それが同じタイヤだったのです

もう
40年もロードバイクに乗り続けて、
路面もいっぱい知って
年齢からか、慎重さは増していたのですが・・・

あるタイヤ(ここまで書いて製品名はとても言えません・・・が店頭からは撤去しました)の時だけ
あぁぁ滑ってるぅ~と言う感触を記憶の底に残して前輪から滑っていったのです

ウエットではその差がはっきり出るのですが
明らかに滑りやすいタイヤと
その逆に滑りにくいタイヤがあります

下の2点はその滑りにくい代表格で、おすすめです
312268_661219760560417_835554139_n.jpg

滑りやすいタイヤは概して転がり抵抗は少なく
くだりやコーナーを慎重に走る心がけがあれば
それなりにメリットも享受できるのですが

集団走行のレースなどではそうはいきません

集団の中で一人だけペースを落とすとブーイングです
それを我慢して走って、
自分ひとりだけこけて周りからもっと大きなブーイング!!!

それが・・・
滑りにくいと自信がもてるタイヤを履いておくと状況は一変

前がこけなかったら「自分は絶対滑るはずが無い!!」と確信して
コーナーに突っ込んでいけるのです
その差は絶大です

ウエット性能を上げるとドライ時の転がり抵抗にわずかなマイナスが出てしまうのですが・・

自動車のレースがそうであるように
天候、路面によってタイヤをこまめに替える・・・
そのひと手間は
今後の常識にしていったほうがいいように思います

次の熊野も雨予報です(汗)



私の経験から・・・
パナレーサーはモデルを問わず概してウエット成績優秀でした
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/1231-259fe53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。