シルベストサイクルのスタッフ&ベテランチームメンバーによる「どうしてもおすすめしたい」サイクルグッズのインプレッション集です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペシャライズドのBG(ボディージオメトリー)シューズ

久々にほんとにいいですよ、失礼ですが「意外」でした

膝などにも優しいし、
ダンシングでもがいたときなどにも膝がぶれなくて安定します。

まぁ試してみてください
20060802094042.jpg
まず、上の解説図を見てください
この図は6.7年前?からスペシャライズドのカタログに掲載されていて皆さんのなかにも目にされている方は多いのではないでしょうか

私は、これを初めて見た時に「いやぁ~これは違うやろ」「特に自分はどちらかというとガニマタ気味なので、こんなシューズを履いたら逆効果なんじゃないか」と思ったものでした
だからシューズを試したこともなかったのです
でも、本当に良くないものなら2.3年もすれば消えてしまうはずなのに、しつこく謳っている・・・・と気にはなっていました
20061012115747.jpg
ところがある時、床に投げ出した自分の足を見ていて「あれ」っと思ったのです
上の写真のように、足の裏が少し”ハ”の字にになっているのです
20061012115821.jpg
そして、次に上の写真のように右足だけ拇指球の下に折りたたんだハンカチを敷いて、ともに拇指球にしっかり加重しながら膝を曲げていきました
そしたら、右足はまっすぐ膝が前に出るのに左足は黄色い矢印のように内側に入っていくのです
なるほど、こういうことか!ガニマタの私でも(ガニマタだから余計なのか)(もちろん個人差はあるでしょうが・・・・)

そんなことに気づいてから、改めてペダリング時に自分の足裏に神経を研ぎ澄ませてやると、やっぱり拇指球が少し浮き気味なのでした
・・・・で、結果として、脚を引き上げるときは膝はやや外を通って上がってきて、拇指球に加重しようとすると踏み下ろすときには膝は内側を通ることとなっていました
連続的に見るとわずかですが膝が左右に揺れるのです
これによって、高速回転の妨げになっていたり、ダンシング時のガクガク感になっていたようなのです
最初は実験として、すでに履いているシューズのインナーソールに加工をして傾斜をつけてみました、それも良かったので、下のシューズを思い切って買ってみました
(上位グレードは無くって中級モデルです)
20061007182756.jpg
見ていただけるように靴底が少し傾いていますし、土踏まずの部分の切れ上がりがしっかりしています
インナーのソールもしっかりしたものが入っていました
かなりワイドなつくりで長距離でも非常に楽です
(他社より半サイズ下を検討してもいいかもしれません)

拇指球や親指でしっかりシューズのソールを押せているのがわかります
膝の調子も極めていいです
ストラップを思いっきり締め上げても足がしびれにくいのも、これまでには無かったことです

履き始めて2.3日目に大腿筋にほんの少し違和感があったのですがすぐに消えました、わずかに使う筋肉が違うのでしょうね

(こんなに良いのに何故他のメーカーは追随しないのだろう?とも思ったのですが・・・いくつも履き比べると、やっぱり黙って少し傾斜させてきている・・・みたいな感じのブランドはありますね)

20061008195751.jpg
20061008195806.jpg

上は「Qファクター」に関してのおまけの写真です
BGシューズではペダルのシャフトは見えません
他のほとんどのブランドは下のように5~8mmもシャフトが見えてます
BGシューズはより内寄りにペダル回転弧を寄せれて良いペダリングができそうですネ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど
初めてコメントをさせていただきます。

私がスキーにこっていたときに、同じことを書いていた本を読みました。ガニマタ気味の日本人は、スキー靴の中で拇指丘が浮くので、この真下にあるエッジを踏むことが難しい。よってインソールのこの部分を少し上げて補正する、とありました。つまり、この靴と同じようにインソールにカントをつけます。拇指丘での加重がシビアに滑りやカービングに影響するスキーからすると、自転車はそうでもないなと思っていましたが、膝を痛めたときに、ちょっとインソールを疑ってみました。だから、この靴は正解だと思いますよ。
2006/10/14(土) 15:33 | URL | ならしま #-[ 編集]
膝の内転、目から鱗です。
はじめまして。

いつもタメになるコラムを
ありがとうございます。

今回の膝の内転に関するお話は、
大変参考になりました。

蟹股でペダリングしていた時は、
ペダリングの力が外に逃げてしまうので、

両足を並行にして、
内転させてペダリングするように
修整していました。

内転時の負担を減らす対策として、
筋トレでスクワットするときも、
両足を並行にするフォームで実施したり。

今回のコラムで、膝の内転が発生せずに
ペダリングの力が外に逃げない事実に
目から鱗が落ちました。

ただ、気になる点がありまして、
拇指球を少し浮かせた状態でペダリングを
続けることで、外反母趾のように
小指に負担はかかるものでしょうか?

あと、大変興味があるんですが、
追随した他のメーカーとは、
どこのメーカーでしょうか?(笑)

ボーナスが出たら、是非、購入しようと思います!(笑)
あと、大阪に行く際は必ずお店に伺います!

2006/10/13(金) 22:29 | URL | pomz #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiama.blog32.fc2.com/tb.php/122-f1b39dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。